蛇柱の水柱・冨岡義勇の印象 嫌い。拙者不幸でござるみたいな顔しててムカつく。
拙者不幸でござるみたいな顔してるヤツムカつく!
>>
鏡を見ながら言え
>>
>>
でも蛇さん鬼殺隊生活何だかんだエンジョイしてるよな
>>
輪に溶け込もうと頑張ってるコミュ症が
頑張らないコミュ症を嫌ってる形だからなあ
>>
>輪に溶け込もうと頑張ってるコミュ症
この馴染み度合いを見てるともはやコミュ症ではないのでは?
>>
>>
蛇と水の共通点は開き直れないまま過去引きずってて生きてることか
それはそれとして頑張ってコミュニケーション取る蛇
個人的には冨岡さんのがよっぽど好意的なんだが
>>
冨岡さんが嫌いってのも伊黒の個人的な意見だ
蛇はこんなコミュ障みたいなナリで友達もいるからな…
>>
両想いの彼女みたいな子もいるからな
蛇が冨岡さん嫌いなのって同族嫌悪みたいな部分もあるんじゃねーかアレ
質は全く違うけど生まれの不幸にガッツリ足を掴まれて一歩も前に進めてない点とか
>>
だから心閉ざしてる冨岡が一番腹立つんだろう
蛇は社交性は頑張って身につけたようだし
>>
多分冨岡さんで言うとこの錆兎の場所に位置する煉獄さんのおかげなんだろうな
蛇も自分のせいで煉獄さんを亡くしていたら自責の沼に堕ちたんだろうか
>>
それもあるけど鬼殺隊にいるやつは大体不幸なのに柱で一人うじうじしてるのが嫌なんだろ
前向きな派手は尊敬してるようだし
拙者不幸でござる顔で今日1日笑える
>>
不幸柱達からすると冨岡さんってこう思われてるんじゃねって言われてたのが端的に出てきた感じだった
伊黒さんは陽キャのことは自分にはできない考え方で尊敬してるし陰キャでもそれはそれでシンパシー感じるし頑張ってるなら認めてくれる
ただしそこの水柱は拙者可哀想でござるって顔が嫌い!!ムカつく!!!
>>
悲しいでござる
自分だって内心うじうじしながらツンケンしてるんだから蛇の冨岡嫌いは同族嫌悪みたいなもんだよね
>>
まぁそれでも柱としての責任持てよ自分が不幸だからってそんな態度でいいわけ?みたいな
正直同族嫌悪だよねあれ
自分は汚れた血筋だから惚れた女に告白も出来ないとか考えてるし
>>
見たくないものを見せられるってのがあるんだろうな
ござる口調に揶揄されてるの面白すぎる
>>
あんまりにも無口で剣術は経つから蛇的にこいつ武士気取りかっていうイメージもあるのかもしれない
拙者は嫌われてないでござる…
>>
か弱いオタクみたいなってきたな…
ねえ冨岡さんござるって言いそうなんですってよ冨岡さん
いっその事ござるって語尾に付けてみたらどうですか冨岡さん
>>
(ツンツンツンツンツンツンツン)
富岡さん皆のこと好きすぎて好感度上がったわ
>>
冨岡さんは柱はみんなすごいな…って内心思ってるからな
>>
なお打ち解け度
鏑丸をカナヲに託した風めっちゃ重い…
>>
そもそもあれから鏑丸回収したというか手元に置いてたの辛い…
>>
本編読んだ時ふーんくらいにしか思ってなかったけど
蛇と仲良かったこととカナエ好きだったことを加味して改めて見るとこれは…
重い…
ちゃっかり女と飯通うくらいのコミュ力はあるし…
>>
彼女が飯食ってるの見た後はいつもよりちょっとだけ多くご飯食える…
俺はござる口調じゃない
>>
冨岡さんはこういうところだけ突っ込む
「置物」はもう好き嫌い関係ないよ無だよ無
>>
柱未満の俺が話しかけるとか恐れ多いし…
長男の執拗な粘着対話攻撃を受けた末にようやく自分の内面を人にしゃべった冨岡さん
普通に派手柱とお互いの過去を話したりしてる蛇
やっぱり自己開示できるかどうかが大事だな人間関係
>>
それでも派手にしか喋ってなさそうよな
>>
コンプレックスの塊だろう蛇に口を割らせた(ダブルミーニング)派手柱のコミュ忍術すげえよ
>>
何を考えてるのかはっきり言わないと分かんないからね
顔に出ないヤツならなおさらきちんと話さないと伝わらない
致命的にコミュ症なだけでかなり優しいし話もわかる方だからな!
ねずこも冨岡さん以外なら1話で死んでる
>>
あんまり気にしてなかったけどもしかして冨岡さんって長男にとっての大恩人?
>>
腹を切ってお詫びしてくれたほどの恩人だよ!
蛇は同族嫌悪とはいえ人の事よく見てて理解はしてんのよね
冨岡さんはマジで自分でいっぱいいっぱいで話しかけられると嬉しくて嫌われると悲しいだけ
>>
蛇は来歴的に人の顔を伺う癖が人間観察に繋がってて柱同士でもそれがうまくいってるんだと思う
冨岡さん自分のこと一切話さないから蛇と風に嫌われてるけど
ちゃんと話たらひとしきり怒った後にめっちゃ話しかけてくるようになると思う
>>
たぶん本編後は風や派手に身の内話して打ち解けたんだろうなあ