集英社関係者「ジャンプ史上最も稼いだマンガは『遊戯王』」
集英社関係者「ジャンプ史上最も稼いだマンガは『遊戯王』」
『鬼滅の刃』は『ジャンプ』史上最も稼いだマンガではない! 売り上げ1兆円作品とは
たしかに振り返ってみれば、『ジャンプ』は社会現象を生むほどの“天文学的”ヒットマンガを次々と世に送り出してきた。古くは『キン肉マン』に、世界の超大物プロサッカー選手にも影響を与えた『キャプテン翼』、『ジャンプ』の代名詞『ドラゴンボール』、バスケ&NBAブームをけん引した『SLAM DUNK(スラムダンク)』に、累計コミック発行部数が『鬼滅』の4倍以上(!)、4億7000万部という世界記録を持つ『ONE PIECE(ワンピース)』……と挙げたらキリがない。 『鬼滅』じゃないとなると……やっぱり『ワンピース』か!? いや、いまだに愛され続けている『ドラゴンボール』もあり得る……いったいどれが“『ジャンプ』史上最も稼いだマンガ”なの?
「最も稼いだマンガは『遊☆戯☆王』なんです。それも、ぶっちぎりダントツで」(前出・集英社関係者)
でもその流れからカードの売り上げの話はちょっとズルじゃない?
>>
鬼滅も映画の印象が大きいし…
>>
こういうレスたまに見るけど鬼滅のグッズ展開とかを考えると
よっぽど作品内容に即したグッズ展開だよね遊戯王カードって
>>
鬼滅下着がオッケーでTCGがだめな理由は確かにない
>>
出すか!ブルーアイズ下着とブラックマジシャン下着!
>>
プレバンでありそうなラインだ
>>
子供の頃既にあった気がするな
でももう単純に物語作品としての評価では無いよね…みたいには思う
起点ではあるんだけど
>>
でも今でも原作モチーフのカードとかテーマパック売られてるしやっぱり人気あるよ
>>
でも原作をイメージしたカードは売れるっていうのはKONAMIも今もかなり意識して商品出してるしやっぱ原作の面白さありきだと思うよ
>>
とはいえカードゲーム題材でジャンプで大人気になったかつ開拓者って考えると物語としてもやばいと思う
>>
開拓はしたけど後続が居ない…
カードでしょ?でも大分落ち着いたんじゃないの
>>
「11年の時点でカードの累計発行枚数がおよそ252億枚。ギネスに“世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム”として認定されてもいます。20〜30代の男性なら必ず一度は買ったり遊んだりしたことがあるはず。連載が終わった今も年間5〜7億枚は売れているといいますから、現在の総発行枚数は公表されていませんが、350億枚くらいはいっているんじゃないですかね」(前出・玩具メーカー関係者)
そんなに売れるならもっとカードゲーム漫画描かせたらいいじゃん!!
何で他の人はやらないの?
>>
カードゲームブームの時はどこも後追いで色々やらせてたよ…
結果は…
>>
デュエマくらいか成功例
>>
漫画が面白くてもカードゲームやるとなると人口の問題とかカードプールの問題にも繋がるし遊戯王でよくね?になる
高橋和希をウンコ製造器呼ばわりして漫画家になる決意をさせた担任の先生元気かな…
集英社関係者「ジャンプ史上最も稼いだマンガは『遊戯王』」
>>
未来は暗黒次元とかやり出すのはうんこ製造機感あったがな
前はカード以外のグッズ少なかった印象だけど映画以降は増えたね
>>
コラボサ店まで出来たからな
店内のデュエリスト全員で万丈目サンダーやったの楽し過ぎた
>>
まずアニメスタッフに提出した一枚絵がこれだからな
集英社関係者「ジャンプ史上最も稼いだマンガは『遊戯王』」
>>
なんでバイク…?とかより最初に出てくる感想がカッケー!ってなっちゃうのは流石と言わざるを得ない
カード要素抜きにしても遊戯王めっちゃ面白いだろ!?
>>
実際歴代遊戯王で無印が一番物語に起伏があって楽しめた
ペガサス編でかなり掴んでバトルシティ編でさらに跳ねたって感じ
というか自分の周りがその影響でブームだった
>>
当時ブームになってなかった地域なんて存在しないだろ…
まあ小学校中学校あたりで確実に一回は流行るもんな
>>
地域差でデュエルマスターズが強い所あるけど基本的に遊戯王流行ってる地域の方が多いよね
>>
うちはその二刀流だったな
当時遊戯王なんであんなにハマったんかなって思ったけどやっぱ原作の絵がめちゃくちゃカッコ良かったからだと思う
>>
素直にクリーチャーがかっこいいのは強いと思う
>>
ブラックマジシャンみたいな正統派からドラゴンやゾンビとかデザインの引き出しが多過ぎる…
>>
神のカードとか神だわって思わせる格好良さと迫力がちゃんとあるから皆憧れたし説得力のある画力とセンスがカードを支えたのは間違いなくあると思う
最初の大会で創造主をボスで出る時点ですげえ
で次は神のカードというそれを上回る凄そうなの出せるのもすごい
>>
バトルシティやる予定なんてなくて島で終わらせるつもりだったんだろうな…
そこから神出せるんだからカズキングはすげぇよ…
シリーズ1作目しか読んでないって人が多い作品でもある
>>
以降アニメなわけだしまあ当然ではないかな
>>
漫画の方はともかくアニメは人気だろ!?
>>
2作目以降は読むものじゃなくて見るものだしな
しかも長いから労力がすごい
ぶっちゃけGXやらなかったらここまで続いてなかったとは思う
>>
初代の後だからプレッシャー半端なかったろうな
実際最初は比べられて苦しそうだった
>>
GXが上手く引き継いでいたよね
カードは変な調整されること多かったけど
あの棒読みだった風間くんが
今や何本もレギュラー番組かかえる超売れっ子ジャニーズに
>>
声優じゃないから仕方ないと思うんだけど、もう遊戯の声を出せなくなってるというか記憶の中にあるイメージとぜんぜん違う感じになってるのがちょっと悲しい
>>
去年の12月に遊戯を演じてたの見た?
>>
風間俊介とツダケンがVRでモンスター召喚したりしてた動画見てそう思ったんだけど、あれはまた違う感じだったのかな?
>>
DSODは良い感じだったしちゃんと大きな企画で音響とかが指導してくれれば大丈夫だと思ってる
>>
映画で完璧に取り戻してたし中の人はやるならちゃんと出せるようにしてくるだろ
表の声は流石にちょっと低くなってたが
実際原作だけでアニメの方ほとんど履修してないから
他の主人公とかの事全然知らないぜ
その後のやつも世界観全部つながってるの?
>>
2作目のGXは明確につながってるけどその後は平行世界とかみたいな感じで基本的には別世界
>>
一応
よく考えなくてもあの作画を週刊連載で維持するのは頭おかしいのでは!?
>>
頭おかしいし無理してたんだよなあ
カードの売上の取り分が毎月1億作者に入ってくると聞いた
>>
頭おかしくなるわこんなん
>>
しかも半分は税金で持ってかれる
>>
金持ちが国に文句言うようになる理由ってだいたいこれなんだろうな…
>>
それでも不労所得で5千万か…
集英社関係者「ジャンプ史上最も稼いだマンガは『遊戯王』」
>>
デュエルオペラの時津田の魂が海馬に取り込まれること本気で心配してたからな…
何気に立ったままカードで戦うというのも斬新な発想だったんだよね
>>
デュエルディスクが革命的発想すぎる…
それに代わりうる案として出されたライディングデュエルも…
>>
最初はなんか投げてたり試行錯誤してたのが見える
原作のデュエル面白いんだよな…
今よりルールは地味なのに掛け合いと心理戦にカッコいいモンスターが合わさってどんどん引き込まれていく
>>
演出力凄いよね
>>
よくコマ割りとか話題になるけど漫画力が本当にすごいんだよな特にバトルシティ編
>>
まあアニメの話だけどデッキやら墓地やら手札やらをぐるぐる回してソリティアより初代やGXくらいの方が見やすかったのはある
原作はデュエルの決着の仕方がワンパターンにならないようにしてるらしいから楽しいんだろう
>>
バトルシティのバクラも対遊戯と対マリクで戦術違ってたけど特殊勝利デッキで特化しないのはどうなんだろうと思った
漫画的には面白かったけど
>>
ウィジャ盤はタネ割れたら簡単に対策されるし記憶編でも別の戦術使ってたしでバクラは毎回デッキ変えてそう
なんならデュエルディスクの代わりって今でもないよね
他のTCGアニメ大抵テーブル使ってるし
>>
バトスピはスマホみたいなの腕につける
>>
今そんなことになってんの…
少なくとも俺が見てたゼロまでは机だったのに
不正はわかりやすく悪役ってわかるのがいいんだよね
>>
リストバンドからカードを
の無茶加減よ
>>
ファイヤー・ボール!
もしかして原作のデュエルって不正一切ないデュエルの方が少ない…?
>>
厳密に言やそもそも原作のルールが曖昧だから何が不正か分からん