逃げ上手の若君の影響で『北条時行』が注目されウィキペディアで編集合戦が始まる
逃げ上手の若君の影響で『北条時行』が注目されウィキペディアで編集合戦が始まる
北条時行のウィキペディアがすごい編集合戦が始まってる…
まだ1話なのに何が起きてるの
というか何で合戦になるの
>>
これ違うだろこれ正しいだろ
これ著作権的にダメだろ
とかそういうので
>>
やってたら自然と良い感じの記事になっていきそうなものなのに…
>>
フカシを書き込むよりもそれをチェックするほうが手間がかかるから…
歴史系は大体合戦やってる印象がある
>>
戦国時代以外はそうでもないイメージある
なんでアンサイクロペディアからコピペするの…
>>
誰も見てないしええやろ!
>>
嘘みたいだろ?でもこれホントなんだぜ!系の言葉を真に受けてる
ルーデルみたいに
>>
今久々にアンサイクロペディアって言葉を聞いた気がする
どんな狙いでやってるにせよあれをどうこうしようって考える人まだいるんだね…
>>
尊氏や師直や正成みたいなスター選手はともかく時行ってこの時代のなかでも端役だし…
逃げ上手の若君の影響で『北条時行』が注目されウィキペディアで編集合戦が始まる
でも自称子孫が多いあたり確実に虚偽とはいえないのではないか?????
>>
そもそも謎が多いから好きにできる
>>
偉人というか有名どころはみんな自称子孫多いだろうし…
>>
死生定かじゃないから源氏の子孫って名乗りたい奴らが勝手に使ってる
秀吉も関白になる頃には源氏の血筋捏造させてた
アンサイクロに限らないけれど
情報の出所が不明だったりネット上の書き込みだったりするのがネット上で転載が繰り返すことでなぜか周知の事実のようになってしまうことは多い
>>
>情報の出所が不明だったりネット上の書き込みだったりするのが
>ネット上で転載が繰り返すことでなぜか周知の事実のようになってしまうことは多い
有職読みが実質ウィキペディアによる捏造だったのにはビビる
>>
そんなもんネットが普及する以前からの問題だろ
松永久秀の爆死だって最初は小説のフィクションだったのがいろんな本や小説で繰り返されていくうちに史実ってことになっちゃったし
>>
神話関係を調べるとちょくちょく立ち塞がるTruth In Fantasy
功罪が大きすぎる
自称子孫の数を鵜呑みにするなら源頼朝がヤバいことになると思う
>>
ゼウスみたいな経緯だな
南北朝あたりだと出典元になる本とかもだいぶ素性が怪しいのが多そうだな…
>>
だいぶ思想に歴史を合わせたがる人が出やすい時代だからね…
Wikipedia発のデマだとこれが有名だな
逃げ上手の若君の影響で『北条時行』が注目されウィキペディアで編集合戦が始まる
>>
へー
昔見た記憶があるな
別に信じてもなかったけどデマだったのか
少なくとも北条時行に関してはウィキペディアよりもよっぽど信頼おけるサイトがあるから…
北条時行専門に研究してる大学教授が20年近く運営してる北条時行ファンサイト
>>
プロの仕業過ぎる…
>>
松井先生なら見てそうだ
>>
ツイッターで歴オタがオススメしてた『南朝研究の最前線』の北条氏の項書いてた研究者じゃん!