【呪術廻戦】137話ネタバレ考察 天下一呪術会、始まるかもしれないw
メロンパンさん千年前からコツコツ呪霊を集めて真人みたいなのが出てくるの待ってたのか
地道すぎるし、それで作りたかったのが呪霊だらけの混沌とした世界止まりなのかな?
>>
1000年かけてマーキングしつつ真人が出るのを待ちます
真人が進化するように舞台を整えます
真人を取り込みます
悟クラスが誕生したりすると詰みです

割とクソゲーを楽しんでるなメロンパン…
場合によっては(このままだとメカ丸に真人祓われちゃうからその前に)真人をここでとか言ってるし本当ギリギリじゃん…
>>
最初から真人を想定してたわけじゃなくてあらゆる手段を模索する過程で
手札を強化してたって感じじゃない?呪物いっぱい揃えればできること広がるし
そこにうってつけの術式持ち呪霊が現れたから天啓を得たとばかりにそこ中心の
プランを組み立てたってことだろう

メカ丸以前にもガラガラで潰された後もスッと出てくるし真人が祓われるかもしれん
場面ではきっちりストーキングしてたんだろうな
でもメロンパンって摩虎羅に勝てなさそうじゃね?
伏黒が自タヒと引き合えに調伏儀式したら終わりそう
>>
マコラ出して、もう一人の術師が真っ先に逃げ出したらどうなるのかな
ずっと追いかけてくるんだろうか
>>
宿儺が許しません
>>
初見の技で適応前に屠るが唯一の攻略法だから
むしろ手数の多さで圧倒する呪霊操術って魔虚羅の天敵だと思うが
宿儺が痴れ者がって夏油にキレてくんないかな
>>
やってることは宿儺のが痴れ者なのが現実なのがなぁw
もうここまで来たら五条をどうやって出すのがベストなのかわかんない
>>
3つ目の山の前に出てきそう
GTGの超パワーで閉じ込められながら箱の中から話しかけてくるキモいキャラになって帰ってくる
>>
世界一うるさいルービックキューブだっけ?
結局存在しない記憶については持ち越しか
>>
あれこそ九十九の言う人の理性をどうにかするためのメロンパンの秘策かもね
夏油の最適化ってバトロワして止揚してくって事?
>>
蠱毒だからそうだと思うよ
結果、夏油の掲げた弱者生存が在るべき姿を全否定した世界になる
>>
弱者生存を否定したのが本音だろ?
無力さは愚かさの免罪符にはならない猿は皆ゴロし!って
呪術師の犠牲の上に成り立つ現体制よりはメロンパンの理想の方が本物夏油にとってはマシだと思う
こっからなんやかんやあって

新旧日本呪術師界最強トーナメントに繋げるウルトラCでどうだ
>>
打ちきり漫画で唐突に始まるやつじゃねーか
>>
富樫好きだろうし暗黒武術会的なのはさもありなん
表紙にまで登場してるくらいだから高田ちゃんも千人に含まれててめちゃくちゃ強キャラで登場しそう
>>
高田ちゃんvs東堂とか普通に面白い戦いになりそう