なろう「工学部陰キャがぁ~、異世界でぇ~、技術革新を目指してぇ~」←これさぁ…
実際無理だよな

マヨネーズくらいが限界

>>
異世界で何ができるかスレで話したことあるが
清潔な卵が手に入らないから難しいと言う結論に

作者がガチのマニアだと面白い
内燃機関の構造も碌に知らんようなのが書いてるのはつまらん

>>
なろう読んでると水燃やして水蒸気にすればタービン回ると思ってる馬鹿ばかりだからな
エンタルピーも知らんやろあいつら

>>
流れ系ならエンタルピー必要では?
それにエントロピーなんてだいたい無視するし…

>>
蒸気サイクル評価するならエンタルピーの知識がないと無理だろ

>>
別に評価する必要ないだろ効率化するならともかく実用するだけならある程度な試行錯誤で十分じゃないか

無理ではない
そもそも現代人が文明崩壊にあった時、自分一人からでも現代文明を再建できるhowtoってジャンルは普通に趣味的に存在する
何も考えてないバカ無能のお前ら基準で無理なだけ

>>
じゃ一生を80年と仮定して、80年の間で現代文明完成させてみろよ
なろうの文明レベルじゃ冶金すらまともにできんからな

>>
そんな作品が山ほど出来てるだろアホなの?
鉱山さえあれば粗銅や銀は手に入り、炭素混じりでも電線として機能すればモータージェネレーターは作れる
まるで人類が何も無いところから文明を築いたりしてないみたいなちしょうろじっくはNG

>>
確かに人間は原始時代の何も無いところから文明を発達させてきた
それは認めよう
でも、その文明の発達はあくまで二千年以上という長い年月と何億人という大勢の力があってこそのものだからな
たった80年で一人で文明を一から築くのは不可能だよ

詳しく書いた所で誰も読まないし理解する必要も無いんだから省略しても良くね
それをわざわざ指摘してるお前の方がニチャってそうだけど

>>
必ずしも現実に即すべきとはいわんが、いくらファンタジー小説でも筋が通ってないと気になるんだわ
たとえば遠距離魔法が発達してる世界なのに、魔法の使えない剣士がたくさんいるって明らかに矛盾してるじゃん
曲がりなりにも小説を書く以上、そういう矛盾はなくしていかないといけないだろ?

>>
科学と機械と効率化が進歩しまくってる現代でもその辺ほとんど理解出来てない肉体労働者はそれなりの数いるじゃん
大陸間弾道ミサイルあるけど歩兵も格闘術も廃れてないじゃん

>>
ごめん意味がわからない
もしかして現代の戦争で歩兵が剣や格闘術で戦ってると思ってるの?

>>
銃や兵器は誰でも使えるじゃん
その遠距離魔法がどうなのか知らんが全ての人類がその遠距離魔法使える分けじゃないだろ?少なくともオレはそんな作品は見たことない
全人類が使える訳じゃないんだから使えないやつは剣なり槍なりを習得するしかないわけだ

>>
お前、俺の話聞いてたか?
俺は遠距離魔法が存在する世界の場合、剣術の存在価値はないはずなので、剣士が登場する小説は筋の通ってないつまらないものであると主張しました
その主張に対して、「剣や槍は誰でも使えるじゃん。遠距離魔法が使えないなら剣や槍を覚えるしかない」って反論になってないって気づいてる?

>>
どういうことよ?
魔法があるせいで剣術が発達しないから存在しないってこと?

>>
そういうこと
ヨーロッパの歴史を見てもわかるように銃が開発されてから、戦争での剣士の価値って明らかに下がっただろ
銃より強い遠距離魔法が普通に存在する世界じゃ、剣士なんていても意味ないよ
儀礼的な意味合いや警察程度の活用方法ならあるかもしれんが

>>
銃と剣士(と言うか冷兵器全般)は長らく共存してたんだが
むしろ銃が完全に冷兵器を食ったのは銃剣の発明を待たなければならなかった

>>
うーんと、ここでいう銃っていうのはあくまで比喩であって、異世界に出てくるような遠距離魔法と初期の銃を一緒に考えられても困るかな
俺の主張は遠距離広範囲を攻撃できる魔法がある設定で剣士は存在しえないだろうというものだから、16世紀から18世紀の銃を思い浮かべるよりか世界大戦で使われたような機銃を思い浮かべてもらうとわかりやすいと思う

>>
遠距離魔法の燃費と射程と攻撃範囲と習得難易度と習得率を定義してくれよ
それによって話が全然違うわ

>>
まともそうなの来たな
好きな漫画挙げてくれ(一般コミックはしっかりしてるもの多いから、できればなろうがいい)
俺がその漫画を知ってるかどうかわからないから、燃費から習得率まで教えてくれ

>>
漫画家してるなろうはあんまり知らねえわ
朱き弓のエトランジェとか最果ての聖騎士でいいか?
弓の方は触媒と魔力が必要で魔法技術が門閥によってガチガチに守られてる
聖騎士の方は神々が世界の創造に使った言葉を正確に発音する必要があってミスると自爆する

文系俺「魔法で材料集めて魔法で部品生成して魔法の仕組みで魔法の機械作りました!」

>>
こういうの一番嫌い
具体的な計算式は知らんくてもいいけど最低限の仕組みくらいは勉強しとけよって思う

プログラマーが無双できる異世界はないのか?
コードを書いて魔法を唱える都合の良い世界感とか

>>
見たことあるぞ
主人公には異世界の魔法がプログラムに見えて無駄が多すぎるから簡略化効率化して無双するみたいなの

知識チートで活躍させるのなんて簡単だぞ
マヨネーズや鐙なんかのお手軽チートが都合良く発明されてない世界にすればいい

>>
発明に関しては普通に通用する可能性高いだろ
思いつかなきゃ出来上がらない

要は最初期の金稼ぎレベルは転生で普通に可能

そもそもマジカルでフワッとした空想なファンタジーなんだから全部が全部にリアルの物理持ち込むのがnonsense!なんだわ

>>
全部が全部現実である必要はないけどある程度は現実じゃないと話が薄っぺらくなって説得力無くなるよ

>>
その不思議な世界の不思議っぷりに主人公が翻弄されるようならええよ?
でも、なぜだかその不思議っぷりが主人公の無知無謀無慮さをちょうどよくカバーする形で発動するのはそりゃ突っ込まれるわw