【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
だめだった
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
お兄ちゃんだからなんなんだよお前!
>>
なんだと!?
俺はお兄ちゃんだぞ!!!!
>>
万能の返しになるからダメ
京都組からしたら急に表れて黒幕の真名看破した自称虎杖の兄なんだよな…
>>
多分お兄ちゃんだぞ!!としか言ってないからかな裏梅のお兄ちゃんだと思ってそう
>>
虎杖を!弟を!殺させようとしたな!とは言ってるから…
でも弟を苗字で呼ぶのか
(複雑な家庭なんやな…)
>>
しんだしんは気遣いのできる男だな…
>>
おまけに赤血操術を使う
>>
虎杖が加茂家の関係者だと勘違いされそう…
生まれたばかりのお兄ちゃんだからな
>>
兄堕ちした年下の実の兄って属性盛りすぎだろ
もしソシャゲになったら絶対このシーンでユニット化される
>>
SSR[俺はお兄ちゃん]脹相
お兄ちゃんだからなんだというのか
>>
だお俺
ぞ兄は
‼︎‼︎ち

この面白くて悲しい台詞めっちゃアニメで聞きたいけどテレビで聞けるのはいつになるやら
>>
渋谷編だけで何話食うやら
(弟が大勢の友に囲まれている…思い残すことはない…!)
>>
これされて死んだらナナミンの時と同じくらいショックかもしれない
予想出来た展開だけど実際に見ると予想以上に面白い
>>
目付きが完全にいってる
兄堕ちしてるお兄ちゃん面白いけど死ぬときぐらい尊厳を取り戻してほしい
>>
もうすぐ死ぬけどよく考えたら俺虎杖の兄じゃないな…むしろ仇だな…
>>
元から呪霊にも人間にもあんまり興味ないというか兄弟で穏やかに暮らしたいだけだよ…
>>
そう言う意味では現状おそろしく可哀相なお兄ちゃん……
すみません私は最近一気読みした正当な読者なのですがこのシーンはどういうことなのでしょうか?
>>
うるさい
もう一度対抗戦とお兄ちゃん戦を読み直せ
>>
敵に洗脳された兄が弟のピンチに駆けつける糞熱い展開ですが?
>>
弟と友達の窮地にお兄ちゃんが立ち向かうシーン
>>
とりあえず八十八橋と脹相戦の辺りをもう一度読み返そうぜ
お兄ちゃん生きてて欲しい派の半分ぐらいが今後虎杖曇らせ要因になって欲しい派なの笑う
>>
失礼な
お兄ちゃん本人にもっといっぱい曇って欲しい層もいるぞ
曇らせよりも単純に面白いキャラに成長したから生きて欲しい
>>
まさかお兄ちゃんがここまで重要キャラになるとは
早めに表紙貰ったのも意味あったんだな
虎杖…お前は一体…から俺はお兄ちゃんだぞ!に代わるまで早過ぎない?
>>
やっぱのりとしが悪いよなあ……
>>
今まで兄弟が死ぬ作戦出してたのがのりとしだったってのが判ったせいで変に歯車が嵌ったんだろう
>>
必死に抵抗してたのに加茂のりとし!!!!で隙を見せた瞬間脳がぶっ壊されたんだと思う
>>
この間までそこそこ理性的だったから今週の展開にはかなりびっくりした…
もしかしたらこの直前のドクンドクンいってるシーンで大量の記憶が入ってきて洗脳完了したかもしれんが
お兄ちゃんは生き残ったら高専側につくのかな
受肉してない兄弟保管されてるし
>>
殺処分されるからバックレるでしょう流石に
>>
悟ですら受肉体…?って感じで判別出来てなかったからおとなしくしてたら殺処分する理由が無い
無いけど大人しくしなさそうだ
>>
民間人殺したの知ってるのは悟だけだし外見からは判別不可だから可能性はある
でも裏梅にさっくり処理されそう
>>
仮にここで生き残ったら虎杖と一緒に逃避行行うんじゃないかな
このままだと多分どっちも死刑だし
>>
現場が更に混乱してくるな
お兄ちゃんここで死ぬのかなぁ…
>>
呪霊側がお兄ちゃん以外全滅してるからまぁ
やべえ能力過ぎる
違和感に抗ってた筈なのにナチュラルに洗脳完了されてる・・・
>>
のりとしがいる…そうか全部のりとしのせいか!うおお弟を守るぞ!
>>
本当にこんなノリだったからダメだった
お兄ちゃんという言葉がまだ精神的には幼いんだなっていうのがわかる
>>
母を弄んだのりとし滅茶苦茶憎んでて家族愛に溢れてるのいいよね
家族以外何もないもんね
>>
うn
どうしてそんな酷いこというの…
メロンパン化したのりとしが開いてた寺にたまたま呪霊と妊娠できる女が駆け込んだ呪霊に強制種付けさせて自分の血混ぜて堕胎9回繰り返して九相図できた!
>>
最低だよのりとし…
>>
私!?
正しい意味での種付けどじさんだからなのりとしメロンパン…
>>
本物の種付けどじさんは種馬がちゃんと種付けできるか監督するおじさんのことだから…
あってるな…
まあ九相図兄弟は真人たちが受肉させた時点で詰んでた感じある
呪霊につくのを拒否したら殺されそうだしもし逃げて高専側に行っても殺されそうだし
>>
人殺ししてない状態で目隠しに頼れば全てチャラだけどそんな神の視点は無理だし下手したら目隠しに殺されそうだからな…
>>
人殺してない時点でも特級呪物の受肉体だから処刑か封印だよ!
>>
虎杖君どう思う…?
>>
このままじゃ俺はただの人殺しだ
お母さんへの想いはあったのか呪霊のくせに…
>>
家族というか血の繋がったものへの想いは人一倍だねお兄ちゃん
大好きなお母さんを虐待して大切な兄弟たちが争うように仕向けたのりとしに憎しみが向くのも当然と言える
父 真のりとし
子 お兄ちゃん、東堂、虎杖、新のりとし
複雑な家庭だ
>>
(東堂さんち兄弟多いんや…)
俺は長男だから(洗脳に)我慢出来たけど
次男だったら我慢出来なかった
>>
我慢できてますか…?
>>
加茂憲倫に騙されてた事に気付いたじゃん!
お兄ちゃんだぞ!
ここでお兄ちゃんのことがめちゃくちゃ好きになったから可哀想だけどこれでいいや
頼むから生き延びてくれよ
>>
記憶がぐっちゃぐちゃになってこれから生き延びるほうが可哀そうじゃない?
>>
洗脳完了すれば幸せになれるよ
この紋所が目に入らぬかくらいの勢いでお兄ちゃんだぞって言ってる
>>
俺はお兄ちゃんだぞ!!!!!!!
尊厳破壊の密度で言うと虎杖を超えると思う
>>
受肉してから碌な目に合ってない上クソみてえな出生だから普通に生きるのも難しいという
>>
そもそも産まれ方が尊厳破壊しかないからな…
>>
虎杖も近い生まれ方だとすると虎虐シコ勢が生まれたのは当然の結果というわけか
お兄ちゃんがどうして先に生まれるのか知ってるか?
>>
弟守れてないじゃん
>>
今から守るんだよ!!!
>>
どけ!!!
俺はお兄ちゃんだぞ!!!
虎杖は東堂のブラザーだけどお兄ちゃんは東堂のブラザーじゃない
>>
(複雑な家庭なんやな…)
実の弟の仇を射とうとして
当の仇に洗脳されて必死の形相でそいつを守る!
呪いなんてそれでいいんだよ…
>>
無意識でやってそうとはいえ真人にどうしてそんなに弄べるんだとか言ってたの凄いな虎杖
>>
あのシーン虎杖の方向に矢印があったの酷い…
>>
単眼猫の事だから意図した演出だと思う
これまでも虎杖や伏黒の強い言葉はブーメランで帰ってきたし
読んでて「え、裏梅のお兄ちゃんなの!?」って思ったのはどうやら俺だけらしい
>>
何故そうなる
脹相の弟は壊相血塗虎杖だ
>>
会う人間会う人間片っ端から自分がお兄ちゃん判定するようになってたら
もう完全におしまいだな…
>>
誰彼構わず兄弟認定するヤベー奴ではないだろ!?
>>
と言うより謎キャラの裏梅が実は9人の中の1人でそれをちょーそーが思い出したのかな、と
>>
東堂級の危険人物がこれ以上増えてたまるか
>>
安心しろ術式壊れたから東堂は一回休みだ
次はお兄ちゃんに担当してもらおう
>>
ブラザーが消えると新たなブラザーが補充されるシステムかな?
お兄ちゃんと夏油って面識なかったっけ?何で今さら気付いたんだろう
>>
洗脳されてたんだよ
虎杖を襲った時点で分かれよ
>>
たぶん普段のお兄ちゃんはのりとしの事なんて忘れてた
存在しない記憶挟まれて自分がわからなくなって自分探ししてようやくメロンパン=のりとし=夏油に気がついたんじゃない?
虎杖って弟分としてかわいいよなコイツって感想がアニメを経てかなり表面化してるけど
メタ的にこれこそが或いはこの延長線上にある術式なのでは感ある
>>
初期から学校私服でうろついてて誰もなにも言わない辺りなんかもう見た目すら何らかの術式で人間に見えてるだけでグロ肉がこんにちはしたりしないかな
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
←洗脳前 洗脳後→
>>
キャラデザから変わってない…?
>>
長男だから耐えられた
次男だったら耐えられなかった
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
>>
俺達は三人で一つだ!
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
これが実現する日が来るとは…
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
>>
もう最終回はこれでいいよ
>>
二期か三期の頃にはじゅじゅさんぽの内容が眼に見えるようだぜ!
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
ちょっと前はアホみたいに混乱してたのに気づけば完全なお兄ちゃんだよ…
>>
のりとしのおかげで全部繋がっちゃったからな…
繋がった情報が正しいかどうかは知らない
>>
地味にめちゃくちゃ怖い
月島さんみたいに無理やり差し込むんじゃなくて段々侵食されて上書きされてってる感が…
3番でいきなり姿形が人間離れして6〜9はどんなだ
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
>>
人間の形保ってないんじゃない?
元ネタも進めば進むほど死体が悪化する?とかそんなんだったし
>>
死体が腐って骨になって行く過程を九段階で描いたものだな
何でそんなぐろ画像描いたのかってーと諸行無常を悟るためだとか
>>
「美人だって死んだら腐って結局骨!その骨も土に還る!つまり無!無に執着するな!」ってことだね
>>
呪霊と人間の境界線弄繰り回した玩具みたいなものだし
九相図の元ネタの残りからして膿塗れの腐肉と腐り落ちたゾンビ、骨、燃えてる(燃えた後の)残り滓なんだろうな
>>
そっから脂肪が溶けたり虫が湧いたり体がバラバラになったりしていくのでもう人間らしい姿したやついないんじゃないかな
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
元ネタ見たら4番から骨見えてるっぽいしやっぱり3が限界かな
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
ウィキペディアより
>>
最後そのまま土に帰るんじゃなくちゃんと人の手で焼くのか
>>
呪術の焼相はこっちを焼いてくる方になるんだろうな
今んとこ弟たちのが弱いってだけで別に九相図は兄の方が強いって確定してはないからその辺はどうなんだろ
>>
後ろの方になればなるほど人間の造形しなくなるのは確定だと思う
>>
真人みたいなのがチート過ぎただけで九相図は別に弱くないんですよ…
壊相血塗は相性良くなかっただけで普通ならあのまま殺されてる
>>
兄弟二人も目隠しが「特級相当」って言ってるしあの時点の野薔薇ちゃんじゃ普通どうにかなる相手じゃなかったね
相性があまりにマッチしすぎた
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
【呪術廻戦】脹相って可哀想だけど滅茶苦茶面白いキャラになったよね
>>
お!!!11!!
>>
お兄ちゃんだぞ‼︎!
新年の初笑い担当してくれたお兄ちゃん
>>
笑えるけど笑えないよ…