【呪術廻戦】伏黒恵が土壇場で成長して領域展開するシーン盛り上がったよね
>>
これを個人的に最初に意識したのはマンキンの無理と思わないから無理じゃないだったような気がする
>>
マンキンなら大人になると限界に気付いてしまうって話も好きだ
普段クールでスカした奴がかますのいいよね
【呪術廻戦】伏黒恵が土壇場で成長して領域展開するシーン盛り上がったよね
この時でもう一級クラスだよね伏黒
>>
ぶっちゃけ一級超えてると思う
アニメの領域展開かっこいいからいっぱい見たい
気軽にみんな覚醒して使ってほしい
【呪術廻戦】伏黒恵が土壇場で成長して領域展開するシーン盛り上がったよね
伏黒のせいで結構領域って簡単に会得できるもんなんだなと思ってた
そんなことなかった
>>
まず自身の術式を外に出すって言う解釈が難しいからな
伏黒の術式的にそれを創造しやすいのは強い
ナナミンがこれ出来ないのは「やめだ」出来ないからなのかな…
【呪術廻戦】伏黒恵が土壇場で成長して領域展開するシーン盛り上がったよね
>>
純粋に才能だろう
領域展開はできない術士のほうが大多数派だし
>>
単純に才能じゃねえかな…
土壇場で領域展開を習得したのに領域の名前が付いてるのはどういう理由なんだろう
>>
子供が生まれた後に名前を考える親はいないだろ?
>>
領域を未完成だけど作った瞬間頭に流れ込んできた…ってのもありそう
領域展開できる術師て今んとこ両手で数えられるくらいしか存在しなさそうなイメージある
描かれてないだけでたくさんいるとかじゃなくマジで使える奴ほとんどいない感じの
>>
ゴリラ側のスキルツリーが黒閃で術式タイプが領域展開感はある
呪術で好きなのは「人によって術式(世界)が違うからお前がそうでも俺は違うだろ」って真人の考え方
>>
真人ってちょくちょくいいセリフ吐くから嫌いになれないわ
>>
悪役としては好きだよ
真人の舌での領域展開は合理的かつ悍ましくて好き
>>
ダゴンの腹に絵を描いて領域展開はちょっと待てよ!ってなるなった
努力じゃどうにもならないんだろうなこの辺りは
>>
まず呪術師自体才能が8割だからな
結局呪術師は才能なのか成長なのか
>>
才能だよ
画像も確かな土壌って大前提がある
>>
呪術師に限らず才能と成長は両輪でどちらも必要でしょ
呪術キャラの新しい技術習得した時のテンション上がりまくる現象好き
反転術式使えるようになった時の悟とか
>>
割とこの漫画女性キャラすら戦闘中はみんなヒャッハー系になるけど
虎杖だけ研ぎ澄まされた冷ややかな顔になっていくのは意図的に差異つけてるのかなって
解釈次第でいくらでも伸びるって
影ずるくね?
>>
宿儺さんがいいねする術式だからな
作戦に夢と希望を詰め込むなよって言われたでしょ
いやここは作戦とかではないけど
>>
これ言ったやつが0.2秒に夢と希望を詰め込んで最後ボコボコにされるの好き
>>
夢と希望どころか一か八かの賭けでしかないからな…
平安時代治安悪すぎ
>>
そりゃ京中が死体で溢れてて武士という名の蛮族スレスレの暴力装置が跋扈するようになった時代だからな
自信ないけど高速行きます!みたいなノリを感じた
手探りで色々やってみる感覚がいい
【呪術廻戦】伏黒恵が土壇場で成長して領域展開するシーン盛り上がったよね