【悲報】鬼滅映画の原作料、1000万以下だった。ちょっと安すぎないか?
吾峠呼世晴さんへ支払われる劇場版の原作料は驚くほど安い。上限は1000万円と日本文藝家協会の著作物使用料規定に定められているためだ。

例えば佐藤秀峰さん(47)の人気漫画を基にした映画『LIMIT OF LOVE 海猿―UMIZARU―』(2006年)の場合、原作料は250万円だったと佐藤さん本人が明かしている。オプション契約が交わされていたら別だが、それでも高額にはならないようだ。

>>
あなたの漫画ブックオフとかで見てます

映画は誰が儲かってるんや?

>>
ソニー