鬼滅の刃の上弦のモデル、大正時代に流行った疫病説浮上する
黒死牟→ペスト(黒死病)
童磨→結核(肺胞破壊、かつての特効薬の副作用に視力低下があり問題となった)
猗窩座→麻疹(俗名:あかもがさ(赤斑瘡))
半天狗→ハンセン病(身体に瘤ができる)
玉壺→アメーバ赤痢(壺型の瘢痕ができる、水辺にて感染)
堕姫→梅毒(人間時代の名前が梅、妓夫太郎の歯がガタガタ(梅毒の症状))

吾峠先生すげええええええええええw
それイッチが考えたのなら凄いな(適当)
>>
ワイの考察やで
カナヲが失明したのってそういうことなのか

鬼滅の刃の上弦のモデル、大正時代に流行った疫病説浮上する
>>
いやあれは目を酷使するカナヲの能力やけど
最初からドウマと戦わせる逆算で生み出したキャラなんやろ
>>
感情を失ったけど感情を取り戻して幸せに生きる子供と
感情を失ったままそれを取り繕って生きた子供の対比になってるもんな
まんまそんなセリフ出てくるし
鬼滅の刃って基本全部結末決めてからキャラ構築とかプロット作ってるからジャンプのいつもの話の作り方とはちょっと違う
だから引き延ばし断固拒否するしかなかったんやろな
そいつらを倒す最終兵器が薬という暗喩

鬼滅の刃の上弦のモデル、大正時代に流行った疫病説浮上する
>>
しゅごい
>>
みなかたせんしぇえ。。。
>>
珠代さま最高やな
>>
じゃあ刃は…
>>
ミスリードや
>>
そりゃメスやろ
切除はできるけどそれだけで治せるわけではない
これは割と前から言われてたやん
童磨だけなんなのか分からなかったけど

鬼滅の刃の上弦のモデル、大正時代に流行った疫病説浮上する
>>
童磨は「結核」や
大正時代までは不死の病として恐れられていたんやで
その後抗菌薬で治療できるようになったんやけど視力低下という重大な副作用が発見され社会問題になったんや
>>
死なないならええやん
>>はただ書き間違えたんやと思うけどお前はヤバいやろ
>>
ストレプトマイシンの副作用は聴覚障害や
ペストって時代違くないか?
>>
有名なのは13~14世紀の大流行やけど20世紀にもあるで
>>
日本では黒死病として恐れられた病気やな
全身の皮膚が黒くなって死んでいくんや
まるで黒死牟の黒いアザのようやな
そして黒死牟が倒された大正時代後期に特効薬が生まれ人類はこの病を乗り越えるんや
よりいちはなんなんやったんやろ

なんか大正時代に全てに効く特効薬みたいなのあったんか?
何かで使えなかった的な

鬼滅の刃の上弦のモデル、大正時代に流行った疫病説浮上する
>>
ヨリイチなら戦国時代ちゃうの?
>>
よ!立直の隠喩
つまり上がり(打倒無惨)の前段階・一歩手前を意味している
実は登場人物は全部麻雀用語に関連づけられてるしちゃんと意味があるんやで
>>
それは病気とは関係ない方向から来てるキャラやろ
全体的に兄弟間や家族間のいい面と悪い面を共通のテーマとして描いてるのと
どんな小さな力でもいいから全員で協力して少しでも前に進まなきゃいけないってのを最終的な結論に持ってきてるから
じゃあ最強が一人いたら解決するんじゃないの?っていう反論に対するカウンターとしてのキャラや
梅毒が流行った時のヨーロッパさんwwwwww

鬼滅の刃の上弦のモデル、大正時代に流行った疫病説浮上する
>>
人間って全く成長していない
>>
フランス軍があっちこっちでレ○プしまくって流行らせたらから
今でも当時のことでフランスは叩かれてるぞ
>>
いやコレはその国の事を嫌ってるからとは限らん
旨い料理や食材に関しても似たような現象はある