悲しいけどカッコよすぎる…
たはむれに 扉をめくりて そのあまり 尊きに泣きて 三頁すすめず
おすすめ記事
さあどういう繋がりなのか

出典元:戸塚慶文『アンデッドアンラック』(集英社)

>>
ロンギング近くって言ってたから後でこの母子がロンギングに移住して保育園作るのかも
店の女性に怒りは感じないな
どう考えても子供人質に取ったあの賞金稼ぎ?の連中が悪いんだし
>>
藁にもすがる思いだったかもしれんがあんな連中の口約束になんの価値も無さそうだしなぁ・・・
これでこいつらが掌返してまた襲ってきたら今後こそアンディ達みたいな救ってくれる存在もいないしどうしようもなくなってたわけで
まあアンディが不死を自覚したおかげで結果的には悪党殲滅してくれそうだけど
>>
かといって他に取れる選択肢なんて無いよ
それにあの女性の店員さんは遠回しに酒は飲むなって言ってくれていた
本当は優しい人なんやろな
今週これでしょ
出典元:澤井啓夫『ボボボーボ・ボーボボ』(集英社)

>>
絶対これ浮かぶよな
>>
正直ちょっとよぎって風子かっこいいはずなのに畜生ってなったわ
ロシアンルーレットで躊躇なく六回引き金引く風子ちゃんイカれてるけどアンディだと信頼してて良き
ボイドさんもロンギングもサンフラワーナーセリーのエプロンも出てきて感慨深い
陰惨な最終ページからどうやってあの陽気なスパダリ海苔出し兄貴になってくのかがすげー気になる
次回は9日間か…
昔のアンディの寡黙さが
余裕が無いって未熟な感じが出てるな
出典元:戸塚慶文『アンデッドアンラック』(集英社)

ほうほうこの人達の仲間になって旅を…と思ったらみんなあっさり死んじゃった
正直最初ポカーンとしたけど風子のモノローグ通りアンディは何度もこうやって親しい人との死別を経験したんだと思うとくるものがあるな
風子の言葉がきっかけで不死を自覚したとなると、この記憶への介入が現実にどう作用するのかますます分からんな

あと魂だけのはずの風子さんはまた口いっぱいにご飯食べてるけどお腹空くんか
出典元:戸塚慶文『アンデッドアンラック』(集英社)

>>
能力の自覚が早まる→その先の時間を能力成長に使える
って感じでアンノウン先生がやったみたいに新技を覚えてた事になるんだろうか
裏切られての襲撃で全滅、生き残って不死を自覚という展開は元からあったんじゃないか
確かにいくら治りが早くても一度死ななきゃ不死なのか自分でもわからんよな…
>>
そこ盲点だったな
言われてみれば、そりゃあ自分が不死だなんて普通は気付かんわな
アンディを売ったロンギングの人達が、後にアンディのために戦う
良いですね、ちゃんとしてますね
やっぱり能力自覚すると強まったりするんだな
そんなわけないだろワロタ
出典元:戸塚慶文『アンデッドアンラック』(集英社)

未来でいっつも上裸だったから→そんな訳ないだろ
で笑ったのにおいおい…
本編のちょっとイカれた所あるアンディは一緒の悟りきって頭のネジが外れた感じなのかな…
まさかたまに見る紳士的というか落ち着いてる大人っぽい感じが本当のアンディに近いなんて…
また本編見返したら色々違った見方気持ちで楽しめそうだ
>>
上裸どころかしょっちゅう股間海苔状態だと言わなかったのは風子の優しさだったよね
ここからどうやって今のアンディになったんだろうな
もう次週が楽しみだわ…9日はなげえ
最後のアンディよく見ると泣いてるのが切ない
未来ではおば様の死にも泣かないしクールだったけど色々乗り越えた故のと思うと涙出る
出典元:戸塚慶文『アンデッドアンラック』(集英社)

>>
ああ…ほんとだ。きづかなかった。
今後多くの別れを経て嫌でも涙が枯れてしまうことを想像すると切ないなぁ…
アンディが日本語話せる謎
近いうちに来そう
>>
過去に日本にも行ったことあったんじゃない?
>>
ヴィクトールの知識を無意識に使ってるのかと思った

不死どころか不老にも気付いてなさそうだし南北戦争終わった頃ならアンディになってからあんまり時間たってなさそうだ