YouTubeがクリエイターに広告収益を1円たりとも渡さないプログラムを開始

YouTubeはクリエイターに広告収益を分配するYouTubeパートナープログラム(YPP)を実施しており、要件を満たしてYPPに参加するクリエイターはムービーの再生数などに応じて収益を受け取ることが可能です。
これまで要件を満たさない小規模クリエイターはYPPに参加できず、ムービーに広告を表示させたり、そこから収益を受け取ったりすることはできなかったのですが、新たなポリシー変更によって「YPPに参加できないクリエイターのムービーにも広告が表示され、しかし収益はクリエイターに分配されない」ようになると判明しました。

ええんか…

YouTubeって利益はどうなん?収益しか公表してないし実はまだ赤字だったりして

>>
グーグルがYou Tubeに数百億円で支出して
広告収入以上の報酬を与えてる

配信者の囲い込みが終わった時に生き残れるのは何%かってのは昔から言われてる

なんで最近こんなに金に執着してるんや?昔と比べて広告の量やばいのにそこら辺の無名のチャンネルですら広告見させられるんかよ

>>
囲い込み終わったから締め上げにかかってるだけや

>>
YouTubeプレミアムに入って欲しいんじゃね?

お前らの大好きなニコニコが返り咲くチャンスやぞ

>>
はいいきなり動画紹介

配信者に金が行かなくなるってことか?逃げられるよなそれ

>>
むしろ逃げて欲しいんじゃ?
ユーチューバーに憧れた馬鹿がくだらん動画上げまくってサーバーに負担掛けてる

>>
なるほどな
まともなクリエイターやファン付いとるようなゲーム実況とかならともかく
クソ雑魚オタクの配信ごっこや炎上狙いの謝罪動画はいらないと

むしろ今までなんでやってこなかったんや

>>
ライバルの動画サービス潰してしもうたからやりたい放題なんや