二〇一八年に神奈川県の久里浜医療センターでゲーム障害と診断された男性(29)は、
生活保護を受給しながら通院している。男性にとってゲームは「自分という存在を認めてくれる場」。
高校一年から夢中になったのは、ファンタジーの世界で仲間をつくり、他のグループと戦いながら旅を楽しむオンラインゲーム。
五日間眠らず続け、三百万人中二位にランクインすると、仲間から称賛された。やればやるほど評価される。勉強よりゲームにやりがいを感じた。

卒業後、塗装工や清掃など職を転々としたが、ゲームに没頭すると遅刻しがちに。親族から機器を取り上げられると怒りを制御できず、職場でもトラブルを起こした。

ゲーム障害抜け出せず苦悩 生活破綻、治療10年以上も

そこまで極端なことができるなら、実況でもプロでも収入減につなげらっれる筈なんだがな

>>
ゲーム実況は芸人並に面白いトークができないと無理でしょ

>>
配信者って、求められるスキル的にぶっちゃけホストとかキャバ嬢に近いからな

今の時代ゲームで飯を食うことも選択肢にあるだろうに

>>
結局金を出すのはスポンサーであり、人だから協調性のないコミュ症は稼げない

親が居るのに生活保護
・・・なるほどね(察し

>>
ゲームYouTuber「そんなに上手いなら配信すればいいし大会とか出ればいいのに」

ファンタジーMMO
FF14?

>>
29歳が高1って13年前だから違うな
FF11はあったけど高1は月額課金ゲーしないんじゃねーかなー
あの頃流行ってた無料ゲーだとTW RO MSあたりじゃね

ネトゲのランキングっていくら時間と金を費やしたかだからな…

>>
オンラインRPGでトップクラスになるやつはもれなくクズ

オンラインFPSとかSLGでトップクラスになれば仕事にできるのに・・・

29で生活保護の資格取れるなんて最強じゃん
この先安泰や

>>
親が見捨てたんやろな