今週の「ゴールデンカムイ」感想、いろいろあったのに最後の門倉に全部持ってかれたw【260話】
門倉草
そうはならんやろ
>>
なっとるやろがい!!
まぁ門倉はピタゴラ的な展開で助かるだろうとは予想はついていたが

なぜ布団を敷く
なぜ掛け布団まで出てくる
なぜビールが出てくる
>>
土方さんに遊んでたと勘違いされる不幸発動
門倉は杉元とサシで対決することになってももはや死ななそう
おすすめ記事
おはし役に立つ日が来るとは
今週の「ゴールデンカムイ」感想、いろいろあったのに最後の門倉に全部持ってかれたw【260話】
出典元:野田サトル『ゴールデンカムイ』(集英社)

>>
羊羮なら負けてた
>>
「おはし役に立った」でサムズアップしてる有坂中将可愛いなw
(・?・)b
箸サイズの凶器仕込んであるかと思いきやほんとに箸しまってて草
>>
しかもちゃんと役に立っててさらに草
このままアシリパさんも師団に確保されてしまうのかな? 樺太の展開と似てくるから出来れば工場の外出たところで取り返して欲しいけど
海賊重傷だろうがこれまた杉元達と手を組む展開か?だといいな
今週の「ゴールデンカムイ」感想、いろいろあったのに最後の門倉に全部持ってかれたw【260話】
出典元:野田サトル『ゴールデンカムイ』(集英社)

>>
杉元が一度裏切った奴信用するか?
>>
それに関しちゃ土方一味とまた組んでるし
海賊はせっかく夢とか身の上話もやったからもうちょっと活躍を見たいよな
白石が監獄の中では笑顔で世間話してたのに現在では冷めた対応なのに意味はあるのかな
アシリパ逃がしてボウタロウも仕留められなかった月島が
お前なに失敗しとんねんみたいな目で鯉登睨んでて草
今週の「ゴールデンカムイ」感想、いろいろあったのに最後の門倉に全部持ってかれたw【260話】
出典元:野田サトル『ゴールデンカムイ』(集英社)

月島は肝心な所でドジリやがって…やっぱコイツ青いわって表情だな
>>
冷や汗ダラダラではなく
樺太の任務で私も成長しましたキリッか猿叫なら
鶴見に知られてもその場は持ったかもしれんのに
>>
月島もアシリパより鯉登優先したし今回はどっちもやらかしたな
鯉登は洗脳解けたのバレバレだな
これ以上兵減らすつもりはないって今鯉登を処分する気はないって感じかね
>>
自分が普通に話してるのに気づいて驚いたのが表情に出ちゃってるからな
これで月島共々鶴見との関係が不穏になって行くんだろうか
あそこは鯉登の呪縛が解けた事に気付いた鶴見を睨んでいるんだと思った
樺太で負傷した鯉登を一瞥しただけの時みたいに
>>
鶴見に報告しようとして鯉登に遮られたコマは正面向いてるからあの目線の先は鯉登だろ
鯉登と同じく焦った顔ならわかるがなんであんな睨みつけてるんだか
>>
鶴見中尉の前でなに本心ダダ漏れさせてんだよ腹芸ぐらい使いなさいよ鯉登少尉殿!
って睨みかと
月島がアシリパより鯉登を優先して助けたのは、忠誠の対象が鯉登>鶴見になりつつあるからに加えて
単行本加筆でいご草ちゃんと江渡貝くんのフラッシュバック来るんじゃなかろうかと予想
19巻の流氷でスヴェトラーナに遭遇したとき、任務優先と自分に言い聞かせながら結局話しかけちゃったときと被るんだよな
>>
月島は結局情の人なんだろうと思うわ
そろそろストーリーが進んでほしいからアシリパさんと鶴見に話し合ってほしいんだよな
でもそうなるとあの殺伐とした地下室に監禁されるのか…
>>
さすがに会話はすると思うが
その後監禁される前に土方達と結託して救出だと思う