ここのははすき
ニヤニヤしたわ
しけこんでる!
>>
ベッキーの教育が光る!
ベッタベタのラブコメやなあ
懐かしさすら感じる
久しぶりのモジャモジャの出番
>>
こいつシッターが天職だろ
>>
不満言いつつも
心読めるアーニャが一切嫌がらない
さすがスパイ
>>
そこなんかゲスかったな
まあスパイだししょうがないか
>>
1話のターゲットの娘とそういう関係だったし
>>
黄昏は「スパイは私情を持ってはいけない」という認識だから
それもアーニャとヨルさんの存在で徐々に変化しつつあるんだが
黄昏チームの事前調査で殺し屋ばれてないのすごい気がする
>>
書類関係ガバガバすぎるから情報手に入りすぎて現場の調査がおろそかになってると見た
純粋に戦闘力でいったら黄昏とヨルさんどっちが上なんだろう
>>
ヨルさんは人間やめてるから…
>>
黄昏10でいばら姫100だったかな
アーニャの認識だと
>>
さすがのチチも走ってくる車を蹴飛ばすことは出来ない
>>
相変わらずの顔芸人
「この威力は照れじゃなく真の拒絶」って言ってたけどさ
たぶんこの威力がははの照れなんじゃないですかね?
真の威力だとちちの顔が吹き飛ぶ
>>
酔ってて力セーブ出来てないかもしれない
無自覚両片想い
>>
もうこの二人結婚したほうがいいんじゃないかな
名実共に夫婦になったら朝とかアーニャに聞かせられないモノローグが始まってしまうのでだめだ
>>
アーニャが詳しい意味わかる前に色々済ませておくべき
ちちとはは急げ
私と代われさんは今後何度も嫉妬役として出てくるんだろうか…
>>
ユーリと利害関係一致するからそういう話あるかも
ヨルさん回でヨルさんかわいいけどここのアーニャもすごくよかった
>>
ポンドも可愛い
このあとの歌詞は
覚えてない〜
>>
黄昏ママとヨルさんの歌が同じ?なのは
東西ドイツがモデルなら別に自然なことだっけ
恋愛感情は本当だと思うのに残念だ
>>
あると思った途端ビジネス落としにかかる黄昏怖い!
今更だけどちちが本気になったらははを篭絡するの瞬殺なのでは
>>
ほい照れ隠し