多分この漫画で一番幸せに生きて死んだジジイ
この人を見るとエレンのいう自由って口だけだなと思う
>>
まぁこの人の場合は上の口も下の口も全部だからな
>>
自由よりも芸術のほうが上なのだ
チラッ
>>
あれは何ですか?
>>
今主人公を椅子にしようとしませんでした?
性分で身を滅ぼす事もなくしっかり牙を研いで満を持して勝ち戦に乗って最高の形で欲望を叶えるのすごいと思う
>>
まぁ最終的に性分で身を滅ぼすつもりではあったけども
>>
まぁ滅んでも別に良いとは思ってたし
勝ちである
自分のやりたい事をやりきったって点ではまさに進撃
>>
この漫画のメインテーマだからな
ガチで趣味に人生かけてるからな
あの地位にいるうちにあの趣味になったのかそれともあの趣味のためにあの地位まで上り詰めたのか
名シーン
>>
「なんか真面目そうな爺さんだなぁ」くらいの印象しか無かったモブが面白キャラの一角に上り詰めるまでの始まりのシーン
>>
エルヴィンが「…は?」なんて反応したのここぐらいじゃなかろうか
>>
そりゃ今まで「真面目で上に忠実な上司」してた人の本性がこれとかそれくらいしか言えんでしょ
>もうむしろ好きだな
この台詞すき
>>
この歳までひたすら「貴族をどう芸術にするか」を考えて生きてきたんだ
もはや育ててきた感情は愛だよ
>>
むしろザックレーはフリッツ王を生涯かけて芸術にしてやるわ!ってする方でしょ
美しい…
ねえ爆死したときの口元…
この時エルヴィンどんな感想抱いてたんだろう…尊敬とか全部吹き飛んだのかな
>>
多分結果には大して興味はない
ただ夢を叶えた凄い人だって事までしか興味が無いと思う
この人の芸術は実は完成しなかったから…
>>
まぁ真の名作は未完成品って相場が決まってるし…
初登場時誰がこんなキャラだと予想しただろうか
最後まで純粋に理想に生きた男だからな…
もうちょっと長生きしてたら堕落してたかもしれないが
>>
人間晩節が大事だなと言う教訓を含んでるよね
一番異常だと思う
>>
むしろユミルとか世界とか関係なく自分のためだけにがんばって夢叶えただけだからあの世界で1番まっとうまであるぞ
なんなら最後はかつての芸術作品の立場になった自分が若者達に芸術させられるぞ!って感情があったかもしれない
>>
それはそれで喜びそうだな
芸術にされた人って末路の描写あった?
いつの間にか居なくなってた気がするけどやっぱり死んじゃった?
>>
美の巨人が芸術になった後に処分されたんじゃねえかな
美の巨人が死ぬまでは普通に生きてて完成の日を待ちわびてた
>>
いや普通に生きてていつ公開させてくれんねんって言ってたよ