CqfX1Uof0
主要人物
ココア/保登心愛(ほとここあ)
声-佐倉綾音
血液型:B型、誕生日:4月10日、身長:154cm[9]、15歳の高校1年→16歳の高校2年→17歳[注2]。

4人兄妹の末っ子で、姉(モカ)と2人の兄がいる。

本作の主人公で、高校生。

桜の花を半分に切ったような形の髪飾りがトレードマークで、「会って3秒で友達」をモットーとしている[10]。

高校入学を機に木組みの家と石畳の街に引っ越し[11]、喫茶店ラビットハウスに下宿している[12]。

銘柄程度は知っていても味や香りでの判別はつかないなど、コーヒーには疎かったが[13]、ラビットハウスの店員として働くうちに喫茶店に相応の技能を身に付けつつある。

明るく朗らかな性格。

とても前向きではあるが、少々ドジなところがあり、周りからフォローされることが多い。

可愛い物やモフモフしたものが大好きである。

自身が末っ子であるために妹という存在に憧れており[14]、チノのことを実の妹のように可愛がっている[15]。

チノが他の誰かに妹扱いされたり、他の誰かを姉扱いして接したりしていると動揺して泣いてしまう[16]。

一方で、マヤやメグに対しても姉のように振る舞っており[17]、チノから「年下なら誰でもいい」と不満を言われていた[18]。

また、学校ではクラスメート達からみんなの妹扱いされており、そのことに抗議している[19]。

実家はパン屋で[20]、パン作りに懸ける情熱は誰よりも強い[21]。

相応の知識や技術も持ち合わせており、ラビットハウスの看板メニューとしてティッピーパンを焼き上げたり[22]、「ココア特製厚切りトースト」がメニューに追加されたりしている[23]。

しかし姉であるモカの腕前には敵わない模様。

パン作り以外でも、勝負ごとでモカに勝てたことが一度もなく、悔しさのあまりに家出を考えるなど負けず嫌いな一面もある[24]。

天然な雰囲気とは対照的に数学や物理といった理系科目が得意である(本人は自覚していないが暗算も得意で、430×29程度の計算なら瞬時に答えられる[25])が[26]、文系科目の成績が壊滅的で、理系科目の足を引っ張っているために学年順位は平均[26]。

それと関連するかどうかは不明だが、チノから教え方が良くないと評されている[26]。

将来の夢について、最初はパン屋や街の国際弁護士に憧れていたが[27]、バリスタになりたいというチノ[28]や小説家である青山ブルーマウンテン[29]の影響により街の国際バリスタ弁護士としてパンを焼きながら小説家の道を生きる[30]ことを考え始めるなど気が多い。

アコーディオンを買った際は路上ミュージシャンも夢見ていた[31]。

長らく自転車に乗ることができなかったが、リゼの指導の下で練習したことで一応乗れるようになった[32]。

また、アクシデントがあった際には見事なドリフト走行を見せている[33]。

どんだけ注釈あんねん
>>
要出典付けられちゃうから仕方ないね

CqfX1Uof0
チノ/香風智乃(かふうちの)
声-水瀬いのり
血液型:AB型、誕生日:12月4日、身長:144cm[34]、13歳[35]の中学2年→14歳の中学3年→15歳。

ラビットハウスのオーナーの孫で、看板娘の少女。

薄水色のストレートロングヘアで、髪の左右に×印状のヘアピンを付けている。

学校へ行く時以外はいつもティッピーというアンゴラうさぎを頭に乗せている。

香りだけで産地や銘柄を当てられる程にコーヒーに精通しているが、砂糖とミルクがないと飲めないなど、歳相応な面もある[25]。

クールでおとなしい性格で、誰に対しても敬語で話す。

それ故に、当初はハイテンションで勝手に妹扱いしてくるココアに困惑していたが[36]、最近ではココアが新しく妹にしたマヤやメグに嫉妬するなど[37]、次第に信頼関係を築いていっている。

同時に、ココアがいずれ自分の元から離れるような発言には動揺を見せている[38]。

ココアが帰省して店にいなくなった時はココアシックに掛かるなど甘えん坊な面があったり[39][40]、リゼにより提案された計画表を律儀に守るなどの素直さも持ち合わせているが[41]、同時に夏休みの宿題を終えていなかったココア達を指導するため最適なインセンティブを与えて手玉に取る様子も見せており、リゼからは教師の才能を感じられていた[42]。

普段はココアに冷たい態度をとることが多く、妹とされることに乗り気ではないが、酔った際はお姉ちゃん子になっていた[43]。

また、子供扱いされることを嫌っており、幼い容姿に若干のコンプレックスを持っているために背を伸ばす効果があるとされる食材[44]や事物[45]には強い関心を示すが、食べ物の好き嫌いはかなり多い[46]。

おじいちゃん子で、将来は家業を継いで立派なバリスタになるのが夢である[28]。

また、家族以外にティッピーの正体(後述)を隠すために普段はティッピーが声を発する時は自分の腹話術であると主張しており[13]、また基本は人見知りで、昔は祖父や父親以外とは話そうとしなかった[47]ために趣味は祖父と嗜んだチェスを除けばボトルシップやパズルなどの一人で遊べる物が多く[48]、祖父が喫茶店を営んでいなければチェス棋士を目指していた可能性があると語っていた[49]。

可愛い動物、特にうさぎが好きで見つけるといつもより興奮気味になるが、実際は動物が懐かない体質で、ティッピー以外ではあんこしかまともに触れず、他の登場人物が動物と接しているのを見ては羨ましがっている。

また、可愛い動物の童話や本を気に入っており、またリゼにもらったうさぎのぬいぐるみは非常に大切にしているが、うさぎやもふもふという言葉に反応するなどのこの点においてはココアとの共通点が多い。

そのことを指摘されるとココアは大喜びするが逆に本人は動揺し、否定する[50]。

時間が進むにつれてやんちゃな一面を見せるようになり、リゼやシャロからはココアに似てきたと言われている[51]。

クラスメイトにマヤやメグがおり、3人の頭文字を取って「チマメ(隊)」と呼ばれている[注3][54]。

二人とは中学入学時に出会ってシスト(宝探し)に誘われたことから仲良くなったが、最初は将来の夢であるバリスタの意味を勘違いされていた[55]。

数少ない友人であることから中学でクラス替えがないことに安心している一方、高校進学に関してはマヤやメグと別れることになってもココアと同じ学校に通うと決めている[56]。

ココア達が通う高校の受験に合格し、中学校を卒業[57]。

主人公の父親なんと一行

>ココアの父
>ココアの父親。

都会で大学教授をしている[139]。

ノリが良い性格。

>>
大学教授なんか

ごちうさの名字誰も知らない説
>>
和井さんだけ知ってる

だれが描いてるんだろ
アニメの記事普通にあるのビビるよな
結構マイナーな漫画でもあるし
>>
ほんまや
読んでるきらら漫画の作者女なの初めて知った

拙者の解説がない
>>
二次創作だから…

外国人「政治や歴史、社会問題についての最新情報を載せるぞ!」

日本人「アニメ!!アニメ!!アニメ!!」

>>
ええな

>>
ヒトラーとか今さらなにを編集しまくるんや

>>
これお堅い情報をウィキペディアで得ようとするアメップさんサイドの方がヤバいんだよなあ

実在の人物の記事に本人が書いたんかな?と思うくらいやたら長いのあるよな
>>
たまに指摘されてるのあるよな

もしかしてホットココアのアナグラムなん?
>>
並び替えてないやん

プリキュアの登場人物紹介充実しまくってて吹く

>>
ヒエッ……

>>
アニメが元やと出店探すのも大変そうやな

>>
これ書いてるやつ逮捕したほうがいいだろ

>>
こういうの全部消せば寄付求めなくてもよくなるんちゃうか

日本のWikipedia編集者の一番強いやつが「冗長な情報はいらない。

必要最低限にしろ」って考えだから新しい記事とか記載を削除しまくる奴なんやけど、
(唐澤貴洋や飯塚幸三を消しまくって作成禁止にしたのもそいつ)
そいつ撮り鉄でアニ豚でロリコンでネトウヨやから、それ関係の記事だけは自由に書きまくっても許されてるんや

>>
そんな分かりやすいヤベー奴おる訳ないやろ

>>
雑誌の編集者みたいやな

>>

昔けいおんのウィキもこんな感じになってたわ
>>
😥

>>

>>
デビルマンの最後

アウトレイジのあらすじただのネタバレやから草

>>