0iiAuQVE0
名作“猫SF”が日本で実写映画化『夏への扉―キミのいる未来へ―』2021年2月公開へ

ロバート・A・ハインライン『夏への扉』を原作にした日本での実写映画の公開が、2021年2月19日(金)に決定。

あわせて副題も発表され、『夏への扉―キミのいる未来へ―』というタイトルに。

科学者・高倉宗一郎を演じる主演の山崎賢人さんらに加えて、ほかキャストも解禁された。

◆「最高の猫SF」が日本で実写化
1956年に、アメリカの作家であるロバート・A・ハインラインよって発表されたSF小説『夏への扉』。

装丁からもわかる通り、本作では重要な登場キャラとして主人公の相棒として猫のピートが登場し、一部読者からは「最高の猫SF」として親しまれている。

数多くの代表作を持つハインラインだが、日本では特に『夏への扉』人気が根強く、初の実写作品が日本で製作されたのも頷ける。

監督は、『ソラニン』でデビューし、『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などの映画作品を手がけてきた三木孝浩さん。

これまで発表されているキャストは、実写映画『キングダム』『ヲタクに恋は難しい』など
漫画原作の実写作品の主演を数多くつとめてきた山崎賢人さん、その恩人の娘を演じる清原果耶さん、ヒューマノイドロボット役の藤木直人さんの3人。

そして新たに、夏菜さん、眞島秀和さん、ネプチューンの原田泰造さん、高梨臨さん、
浜野謙太さん、田口トモロヲさんといった多彩な顔ぶれが発表された。

◆「30年の時を超え未来を変えろ」特報映像
解禁された初の特報映像は、将来を期待されている科学者・高倉宗一郎が罠にはめられ、璃子や研究、すべてを失った上に冷凍睡眠させられる怒涛の展開から始まる。

ヒューマノイドロボットと未来を変えようと奮闘する宗一郎の姿が描かれ、「30年の時を超え未来を変えろ」のコピーが躍る。

日本映画ナイズドされた夏への扉、果たしてどのように受け止められるのか。

なお、公開の2月と言えば冬真っ盛り(暦の上では春だが)。

誤解されがちだが、原作の『夏への扉』もその舞台は夏ではなく主に冬なので、公開時期としてはぴったりだろう。

動画

邦画なのかよ
マイナスゼロやれよ
>>
広瀬正最高だよな

つか「最高の猫sf」とか聞いた風なこと言うやつ、他に何個上がるんだよ言ってみろやカスコラァ。

跳躍者の時空?敵は海賊?ペローザキャット?そんなにあるかよ

>>
宇宙船ビーグル号の冒険

>>
ドラえもん

六十年以上前にこれがヒットしたってことは
国も時代も関係なくロリコンのオタクはたくさん居たってことだよなあ
>>
日本のSFオタに受けたのは確かだがアメリカでヒットしたとか評価されてるって話は聞いたことないな