外伝良かった
戦闘シーンには震えた
やっぱこの作者上手いわ
ワニ絵の良さを引き継いで二段ぐらい上手い絵に仕上げた
今後もこのコンビで鬼滅がみたい
外伝はワニのではなく、求められてるジャンプ少年漫画としての鬼滅に徹した気がする。
そういう意味でプロとして頑張ったのではないかな。
余計なファンブックや初対面場所の設定が無ければ蛇ももう少し出せたのだろうけど。
>>
一番ジャンプっぽい風柱がジャンプぽいキレキャラに徹してたからな
むしろ新境地を開拓したんではw
外伝面白かったな 
下弐のバックが 
・煉獄父に恨みがあること 
・幕府側の剣士であったこと 
位しか描かれてないけどちゃんとキャラ立ってる 
剣に生きた人生のなのに銃火器扱う戦闘法になってしまったのも鬼の悲哀がしっかりある

出典:鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝 吾峠呼世晴・平野稜二 集英社

下弐って新選組だからあの模様で狼だったのか
>> 
ゴールデンカムイにも元新撰組の敵いたな
>> 
元新選組どころか土方歳三&長倉新八その人だよ!
外伝の煉獄は銃弾全部避けて防ぐのかと思ってたら結構食らってて驚く 
煉獄と隊服頑丈だな
>> 
隊服実は特殊な布で作ってて強度が高いとかそんな設定あったりするんだろうか
>> 
雑魚鬼の攻撃くらいは防ぐって単行本のコソコソ話に入ってたと思う
槇寿郎さんカッケエ

出典:鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝 吾峠呼世晴・平野稜二 集英社

外伝の親父さんは必要以上にタチ悪く描きすぎな気がしたなあ 
それから恋柱の脚のムチムチ度が足りないぞ! 
もっとぱつんぱつんに描かんかい!
>> 
煉獄さんかっけーをする為に悪いところを強調された感はある 
煉獄さんが亡くなった後の時系列でフォロー入れるかと思ったらそれもナシ
>> 
逆に言うと吾峠先生の表現力が高すぎる 
上っ面は同じようなダメ親父描いてるのにほんのちょっと含みを持たせるだけで 
評価逆転するような人物像表現できるとか、さすが1億作家としか
外伝観てると、甘露寺と煉獄兄がなぜにカプにならなかったのは不思議でならない 

外伝作者も甘露寺と煉獄兄弟を家族のように描いてる
>> 
外伝読むとそうだけど 
零巻と原作読むと違うなと思う 
原作は陽キャであろうとしてる人だと思う 
蟲より上手くやれてるけどね 
悲しくても涙流せない人だからやっぱりどこか壊れてる
炎外伝なのに恋の出番多かったなぁ 
恋の初恋は煉獄だったんじゃないかってくらいには恋のヒロインっぷりが凄かった 
水蟲外伝よりよっぽど炎恋外伝のほうが恋愛フラグっぽい描写が多かったように感じた 
表紙なんてほぼ夫婦だったし

出典:鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝 吾峠呼世晴・平野稜二 集英社

>> 
> 表紙なんてほぼ夫婦だったし 

千寿郎との再会シーンも親子だよね 

こういうシーンなどをあるオッサンオバサンは、批判しがちなんだよな 

メインターゲットのお子様達はこういうのが大好きなんだよな
>> 
蛇恋派の自分は微妙だよ 
まあ恋は蛇と会った後段々蛇に気持ちが傾いていったんだろうけどね 
炎は人類愛に生きすぎてて恋愛の優先順位ひくかったろうし
蛇出すと微妙な空気になるから出てこなかったんじゃね
>> 
そもそも恋は煉獄だけにときめいていたわけじゃないからね 
さすがに千寿郎は子供だからときめかないけど 
炭治郎にもときめいてたし
次の外伝出すときは音だろうけどヒロイン役は柱じゃなくて嫁3人になるのかな 
水や炎外伝を見る限り主人公とヒロイン役はセットって感じみたいだからもし風外伝があったらたしかにカナエと組みそう
>> 
音と嫁三人のもっと若い頃とかじゃないの 
弟出すかもね
派手の外伝やるなら忍び時代も弟のことも気になるっちゃ気になるけど音の呼吸全部知りたいし見たい 
あれだけ戦闘してて三つしか出てないなんて…譜面の詳細もなんやよう判らんままだったし

705:2020/10/17(土) 10:24:22.84
>>
岩は盲目が白目ではなく
目を瞑っててもっと体小さければ人気あったと思う
最強だし基本親切な人だしね
>>
坊さんって確か女犯禁止じゃなかったか
だから寺の坊さん同士でアー!!になる可能性が高いとも聞いた記憶があるw
どこまで本当かわからんが
>>
27でなぜ嫁がいないのか謎だったけど岩は坊主なので取らなかったのかもな
まあ後付けで可愛い嫁さんがいたとか突然設定が出てきそうだけど
>>
浄土真宗なら開祖の親鸞から妻帯してる
他の宗派って大正時代はどうだったんだろう?