ラノベ編集みたいになっとるんやなSF界

>>
SFとラノベに大した違いなんてないだろ
あるとしたら萌え絵がついてるかどうか

>>
最近のSF小説萌え絵の表紙増えてきてるで

>>
なら尚更やな

この手の説明する系タイトルって誰が得するんや
ほんまにその方が売れるんけ

>>
わかりにくい商品が売れるのは、系列物だけってのは小売的になんとなくわかる
小説でも実績ない奴が売るためにはわかりやすくする必要があるんやろな
立ち読み文化がなくなってもうたから、多分この流れは加速するで

ワイならタイトルはシンプルに「盗人泥舟」にするンゴねぇw

>>
さらにシンプルに「泥」やな

>>
ワイは「The dirt」やな

広告戦略とか詳しくないけどこれ何を狙って変えたんや
10億ゲットでみんなの興味を引くんか



>>
ンボボボボオオオはいらんやろ

>>


編集ってよく偉そうに口出せるな
漫画や小説でもそうだけど自分では作品書けないのに

別に編集貶してるんじゃなくてさ
ワイだったらプロのサッカー選手にダメ出しできないよ気が引けちゃって

>>
スポーツトレーナーは別に1流選手ではないぞ
そういう事や

>>
むしろ編集が口ださんとろくな事にならんやろ
鳥山明とかNARUTOとか編集が変わったりしたら一気にストーリー面白くなくなるやん
1人の天才が全部コントロールするより1人の天才を複数人の秀才がコントロールする方が遥かにええんや

まあこれは読み手側の問題でもあるやろ
こういうタイトルの方が売れるんやろ

>>
言うてハヤカワSFやぞ?
好きなやつ以外は棚も見ないやろ

>>
近所の本屋がハヤカワSFと創元推理を並べててマニア向け棚になっとるわ
近付く客層が一発でバレる

そらね、文字だけで売るには10億ゲットでしょ






>>


>>
グゴッは草

>>
絶対に擬音で笑わせるマン

これで売れるんならええんちゃう

まあタイトルでどういう内容か分かるかってのは大事だからな
よくあることよ


>>
こういうの編集がやらせてたんか

>>
これイカニモななろう系だったから前者のタイトルで読んでたらブチギレしてたかもしれん
良くも悪くもハードルを下げるのは大事

>>
固いの想像してラノベだったときよりラノベかと思ってたら本格派だったときのほうが読書好きもうれしそう

>>
なろう系っぽいタイトルでガチガチの作風を読んだ時の得した感じ
ガチガチのタイトルで典型的ななろう系だったときの投げ飛ばしたくなる感じ
どっちも読書あるあるやな

本当に面白い作品はあらすじだけで人を惹きつけるんだけどな


>>
読みたい

>>
コロコロ読者かよ

>>
天才やろ

>>
完全にギャグやろ