【ゲゲゲの鬼太郎】6期97話感想 2年間の放送に幕、ありがとう鬼太郎

【ゲゲゲの鬼太郎】6期第97話最終話感想



ゲゲゲの鬼太郎(第6作) Blu-ray BOX1 :Amazon商品ページへ飛びます
原作:水木しげる 制作:東映アニメーション

236:3月29日(日)
終わってしまった( ;∀;)
262:3月29日(日)
良い最終回だった





















引用:アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第97話 原作:水木しげる 制作:東映アニメーション

246:3月29日(日)
次アニメ化すんの2030年なん?
277:3月29日(日)
落としどころとしては妥当だった
元気玉展開とか結構予想してる人いたよね

ぬらりは正直消化不良だなぁ
大物感はあったけど結局何をしたかったのか純粋にあの目的だけで動いてたのかよくわからんまま自害という
335:3月29日(日)
個人的には良い最終回だっただいたいのことは解決したし
まなも記憶を取り戻したし
ハッピーエンドだったな
壊滅的惨劇はあったけど10年で復興してたようだし
386:3月29日(日)

330:3月29日(日)
ベアードと3バカはちゃんと魂出てたのにぬらりひょんは出てないのか
「きれいに消えすぎだろw」って違和感の正体はこれか
359:3月29日(日)
まさに大団円、感動のフィナーレだったな。
上手いことまとまってよかった。
まなの優しさに触れた鬼太郎が人間の温もりや大事なことを思い出すくだりと言いみんなの心が一つになる展開と言い実に王道だったよ。
ねずみ男がウーチューブを通して世界中に呼び掛けるシーンは如何にも水木イズムらしい反戦へのメッセージが籠められていたな。
285:3月29日(日)
ちゃんと最後のLINEもどきは10年後の内容だったんだな
今度はアニエスたちも映ってる



引用:アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第97話 原作:水木しげる 制作:東映アニメーション

294:3月29日(日)
アニメ見て久々に泣いてしまったわ
やっぱ2年間の積み重ねは重い