家が燃えて失くなるし、妻の墓も間違えるしね!
全部アニオリじゃねえか
>>
アメストリスのくだりって原作になかったのか…
そっちかい!
名前も違うし原作&FAとは別人感ある
>>
1期アニメは顔と基本事項が同じなだけでほぼ別人と言ってもいい
制作時点でキャラがまだ未開示だったしね
アニオリの話なのに画像FAなのは風評被害すぎて草
>>
地デジとそれ以前で画質が全然違うからなぁ
でも原作ももうちょい息子たちに何か言うとかはした方が……
>>
本人も反省してたしセーフ
江原正士さんの演技がまたダメ親父っぷりを加速させるんだわ…
>>
新旧それぞれに良い声優が選ばれたんだね
認知するのん・・・
こうして見るとホーエンハイム・エルリックはヴァン・ホーエンハイムを軸にあらゆる点で逆算したキャラなんだな
>>
トリシャさんだけを愛した原作とダンテとも関係を持ってた無印
子供たちと不器用にしか関われなくて最後の最後にようやく親父呼びされた原作と少しは楽しそうに関わってたぽくて動揺した息子から父さん呼びがでてきた無印
自分の命を使って息子を助けようとしたけど泣かれてやめた原作と自分の命を使って息子を門の向こうに送り返すのをとめるのも聞かず実行した無印
やることやって子供たちの見てないところで死ぬことができた原作と良かれと思って怪しい団体に接触して結果的に息子の目の前で死んだ無印etc.

こじつけもあるけどこうやって対比して見ていくの楽しくてやめられない
逆に共通点を見出すのも楽しいんだ
原作と無印の交互摂取はいいぞ
ヴァン・ホーエンハイムは大好きだけどホーエンハイム・エルリックはド腐れ外道屑過ぎて嫌いな身としてはいっしょくたにされるとヴァン・ホーエンハイムに失礼にも程があるだろと思う
それくらいキャラが違うし外見も微妙に違う
前者はわりとガッシリひげ親父だけど後者はどことなく細身で優男感ある外見のスケコマシ野郎だ
>>
ダンテの言葉が本当なら、男慣れしない若い女性にラブレター書いて口説いて子供もできた関係にまでなっておいて「愛したのはトリシャだけ」と曰う屑の極みだよな
そこは愛してたけどダンテの無茶についていけなくなったとか言っとけよ!
>>
紛うことなきクズ
旧アニ鋼エンヴィーにしたこと考えてもギルティ
こんなクズ野郎と混同されるヴァン・ホーエンハイム可哀想
旧鋼もあれはあれで良いところも沢山あったけど全体的にみんな別人だからなあ…
ホーエンハイムと大総統だけじゃなくてバスク・グランとかキンブリーとかもどう考えても原作のがかっこいい
個人的にエドは外見は旧鋼のが好みだったけど性格はやっぱ原作のが好きだったしなあ
旧鋼のラストは中々にえっちなおねえさんで良きですな
>>
性格はみんな原作のほうが筋を通すからねぇ
>>
原作はみんな芯が強いけど旧鋼はみんなメンタル弱々やけんね
エンヴィーがあのクソ野郎一発殴らせろって言ったらエドとアルもそれは別に構わないかな…ってなる方
>>
実際に殴られて当然(寧ろそれじゃ足りない)な事やられた奴だし…
FAのほうはアニオリで少佐に礼言われて号泣しちゃうのが切ないんだ
>>
名シーン
旧作も女性関係の生々しさや息子達への愛情など、清濁併せ持った人間臭いキャラ好き。でもやっぱり原作のが好きだけど
>>
私も
>>
ダンテを口説き落としたはいいがホーエンハイムを助けたいあまりに依り代を犠牲にしたりと倫理観のぶっ壊れ具合や情熱が強すぎて逃げ出すのが生々しいリアリティ
原作&新鋼ホーエンハイムは裏主人公といって過言ではないし不器用だけどメッチャいい男でかっこいいんだよ…
旧鋼ホーエンハイムは息子達にボッコボコにされて当然のことしているのでボコボコに殴られるべきでねえかな…特にエンヴィーに関してはあの末路でも精算しきれてないっしょ…自分で手出して子供作っておいて女に全部押しつけ逃亡し愛した女はトリシャだけといいつつ他の女も口説きにかかるのはどう考えてもギルティ
ハガレンの裏主人公でありアニメ制作陣からも愛された男
ホーエンハイムの話し、した?
>>
アニオリのせいか、なんかダメ親父のイメージだった
>>
間違いなくそうだよ一期パパ
>>
まるで二期のホーエンハイムがダメ親父じゃないかの様な言いっぷり
ああ、ヤツはクソ親父だったな!
FULLMETALALCHEMISTの最終話の一つ前だったか?ホーエンハイム仕様のEDがほんとに好き、泣きそうになる
>>
この曲しょこたんがホーエンハイムのために作曲したんだっけか?
いい曲だよなこれ
事情があったとはいえ旧版も原作(FA)版も父親としては糞なのは変わらないんだ
>>
まぁ父親としてはな……、でも本人はほんとに家族を思っての行動だったから
>>
一期のホーエンハイムはマジで独りよがりだったよな
家族のこと思ってたけどズレてんだよね
>>
子供二人と顔合わせると泣きそうになるからって険しい(涙を堪えてる)顔で家出るのはちょっとね…
>>
ハガレンに限らずこの手の意見を見るたびにいつも思う
「じゃあどうすれば良かったの?」
>>
実際ホーエンハイムは最善の行動をしたしそれ以外に道もなかったし責められるようなことはしてない
でもそれはそれとしてもエドアルにとっては一番いてほしかった時にいなかった父親なわけで
最終的にそれも乗り越えてクソ親父って呼ばれて墓の前で幸せそうな顔で眠るのがいいんだよな…
>>
連絡をちゃんと取る&定期的に帰ってくる。ホムンクルスの野望阻止のための計算と賢者の石を埋める場所に行くのに手間暇非常にかかってるのは分かるんだが、作中見るとあそこまで音信不通になるほど余裕なかったか?って感じなのでな。
>> 7人(時期も考えると6人)の人造人間たちがいるしあんまり派手に動けなかったんじゃない?ホーエンハイムがそいつらに負けることは無いだろうけどお父様に伝わって対策取られるともっと面倒だから慎重に動いてた説
>>
ああ成程
万が一のリスクではあるけど
お父様に息子や妻の存在バレたら間違いなく人質に取られるもんな…
実際対面するまで息子の存在知らんかったわけだし
>>
・賢者の石をピンポイントに埋める一箇所でもズレたら詰みな超繊細作業。(GPSとか電子機器は特にない)
・場所は山谷選ばない国土全体
・お父様陣営にバレたら詰み
・血の門の関係上定期的に国内が荒れて治安が悪くなる
・時間制限あり

少しでもミスがあったら世界が滅びる作業とか何重にも計算確認しなきゃならんだろうしめちゃくちゃタイトスケジュールだったと思うぞ。多分全部終わったのはエドたちとの合流直前だと思うし。(終わったから自由時間で復興手伝いしてた)
>>
アメストリス国土に落ちる月の影を円周とし、要点に埋めた賢者の石(対話済みの魂達)をエネルギー源とした錬成陣で
アメストリス国民の魂を解き放ち、それらは紐の役目を果たす精神を辿るので自然と各々の肉体へ戻り、復活する

ここまで見込んだカウンター錬成陣も十分凄いけど
錬丹術も取り入れてたとはいえ、人間の範疇で錬金術のおかしさ(全力を出せてない)に気づき
同時に逆転の錬成陣を組んでいたので、それを弟(スカー)とその仲間が発動してリミッター解除
お父様のすごい屁(仮)を完全に無力化する事に成功したスカー兄も中々にヤバいよな
>>
良いだろ?作品を読み込めば読み込むほどヤバさが増していく男だぜ

ぶっちゃけ才能は作中の誰よりもぶっちぎりで一位だよ。エド達は一応ホーエンハイム厳選の書物という有用な参考研究がかなりあったみたいだし非錬金術国家で限られた書物から錬金術のシステムをすべて暴いて謎に対するカウンターも独学で作るとかぶっちゃけやりすぎレベルでチートキャラ
普通に家族の集合写真だと思ってたのにホーエンハイムが泣いてる写真なのずるいよね
>>
不老不死になったきっかけと、それにケリを付ける長い旅路で
ようやく出来た家族だもんな。成仏さえもできず自分の身体で今も駆け巡る
クセルクセス国民(半数)の魂たちに申し訳ない気持ちもあるだろうけど
対話を済ませて正気になってる魂に励まして貰ったりしてるといいんだが……
!!!!!

ホームレスッ!!
>>
そういえば何でこの時戻ってきたんだっけ?
>>
謎。以後の感じ的にあらかた終わって残る活動場所が東部になったからよったんだと思うけどね。
>>
石埋め込み作業がほぼ終わりかけたor近くに埋め込み地があったからトリシャやピナコを国外に逃しに来たんじゃねーかな

やっと妻に会いにこれたら亡くなってるし子供は家出してるしホームレスになってたしで内心どんな気持ちだったんだろうなこの時のホーエンハイム…写真貰う時とか…
>>
そもそも賢者の石埋め込み作業自体が
人生の大半を連れ添ったクセルクセスの仲間たちとの別れだから
その時点でかなりメンタルきてそうなんだよね、明らかにテンション低いし
十年ぶりに会ったピナコのばっちゃんがいつも通り接してくれたのは本当に救いだったんだろうな
事情を知らない人から見たらホーエンハイム&トリシャ夫妻って
かなりの年齢差結婚だよね
>>
事情知ってる方が年齢差ヒドイだろ!
バカタレが そこは他人の墓だよ
>>
原作者直々に描いたオマケでこれ。人魂無
>>
あの牝牛おまけのギャグが容赦ないの多いよな
墓違いも好きだけどこれも好き
ホーエンハイムから生まれた子は遺伝子上本当に人間なのかは気になるところ
お父様の体が本物のホーエンハイムの体で現ホーエンハイムは錬金術で作った肉体にホーエンハイムの魂を移したものだと当時考えたの懐かしいな
>>
父親であるホーエンハイムから出るのは遺伝情報(精○)だけだしな
肉体の組成はすっかり変わってしまったけど根っこのDNAが一致するなら案外問題ないのかも
>>
まぁ精○の規格は合ってるから妊娠できた訳だもんな
たしかに問題なさそう
ホーエンハイムは父親として不器用過ぎんのよ
ホーエンハイムの物語みたいなもんだもんね
それをエドとアルの視点で描いてるに過ぎない
>>
まぁ物語の始まりも終わりも
彼とフラスコの中の小人だしな
エドにはもっとホーエンハイムのこと親父って読んであげて欲しかった
>>
言うにはあまりにも時間が足りなかったからな…
あのタイミングでホーエンハイムが出ていかないとカウンター錬成陣とか間に合わなくなるしその事情があったとしてもあの時のエドにとっては急に出て行って母親が病で苦しんで死んでも帰ってこないクソ野郎だから…
>>
エド視点だと物心ついた頃から身体を直すための研究にかかりきりで
家にいた頃でも親らしい事してもらった記憶が無いって事も大きいだろうな
実際はそれなりに父親やってたけどそれがエド自身が覚えてないくらい幼い頃だったって話だったんだが