近年は「ちゃお」からも、漫画家の移籍が起こっているのである。移籍先は萌え系4コマで知られる「きらら」系の雑誌である。その筆頭といえるのが、アニメが今期最大級の注目作となっている『ぼっち・ざ・ろっく』の作者、はまじあきであろう。もともとはまじは「ちゃお」でデビューし、何本か読切を発表したことがある作家であったが、「まんがタイムきららMAX」に移籍して記録的なヒットを飛ばす形になった。

少女漫画家がいわゆる萌え系に移行しやすいのは、そもそも萌え系が少女漫画をルーツとしているためである。目が大きく華やかな絵柄は、手塚治虫の頃から脈々と受け継がれる少女漫画の表現様式そのものだ。さらにいえば、少女漫画と萌え系は日常系や学園モノが多い点も共通しているため、少女漫画家はすんなりと移籍しやすいのかもしれない。

また、アニメ化の可能性が大きいのは「きらら」が選ばれる大きなポイントだろう。「きらら」は『ひだまりスケッチ』の大ヒット以来、アニメに力を入れるようになり、最近はアニメ化作品が相次ぎ、ヒットを連発している。アニメがヒットすればコミックスも売れる。グッズもたくさん出る。企業とのタイアップも増える。漫画家にとってかなりおいしい媒体であることは間違いない。

対して、現在の少女漫画雑誌はアニメ化に積極的とは言い難い。これは部数にも直結するのであろう。書店に行くと、「きらら」系が平積みになっている一方で、少女漫画は元気がない。こうした実情が、少女漫画家に「きらら」が選ばれる要因になっているのではないか。

女性漫画家で才能ある人は多いけど少女漫画ってジャンルがつまらんからな
最近女性漫画家が躍進しとるのは少女漫画っていう楔から解き放たれたのもデカいやろ

>>
少女漫画って延々と壁ドンとか顎クイしてるイメージで読んだことないわ

さばげぶは奇跡やったんか

>>
さばげぶっ!の松本ひで吉は先に少年漫画でヒットしてたから
実績のある助っ人みたいな感じだと思う

今の女子小学生って何読んでるんや?ジャンプ?

>>
漫画じゃなくファッション雑誌みたいなの買ってそう

なんだかんだ売れるきらら男作者が多い

>>
けいおんゆるきゃんごちうさニューゲームあたりか

扱ってるテーマがマンネリなんやろ
少女漫画誌で世界の存亡とか賭けろよ

>>
ギャグっぽいのやったら見たことあるわ

>>
昔のなら結構あるが

少年誌その他に食われとるからな
漫画家も読者も
少女マンガ誌の部数とか酷いことになってんで

>>
才能のある人はどんどん少年誌とか青年誌に流出して欲しいわ

日常系というかJKが趣味やるだけモノが許されるようなったのってけいおんの功績だろ
その後なってキャラ豚が大量に騒ぎまくってた頃が日常系の全盛期

>>
あずまんが大王の功績ちゃう?
けいおんは日常系の歴史の中だと後の方やろ

>>
JKがおっさん趣味やるものの元祖ではあるやろ

でも、きららは結構容赦なく打ち切るだろ?

>>
つーか、単行本の売れる売れないの差がすごく激しいイメージ
ぼざろは売れまくってウハウハだろうね

>>
内容が似てるからこそ激戦区なんかもなぁ
なのに求められているのは百合に近い女の子達の日常系だし
なろうに近いな

そういや最近少女漫画のアニメ化って無いな

>>
需要がなくなっただけやね
原因は分からんけど少子化最先端の国やしおかしいことやないわ

>>
フルーツバスケットのアニメは去年までやってたぞ
20年前の漫画だが

>>
君に届けとかあったやんと思ったけどあれワイが大学生ぐらいのときか

少年漫画は女に人気がないとダメ
少女漫画は男に人気がないからダメ
変な時代だわ

>>
それもちょっと違うで
女向けはアプリやと好調やねん
ま、売上の最大値は低いが

>>
これがジェンダーレスの時代ってやつなのか

硬派なきらら




>>
課長出世してて草

>>
植田まさしは毎回平均点を超えてくる

>>
結構侵食されとるやん

きららはなんや感や2年に一度アニメで当ててるから偉い

>>
2年前なんか当たったっけ
まぞくは3年前だぞ

>>
お、おちフル…