エ○いしグロいし下品だけど面白いぞ
ちなみに主人公をはじめ
周りの奴らやクズしかいないから
良いやつと可愛い娘は大体死ぬぞ
確か金瓶梅って四大奇書だっけか。奇妙って意味じゃなくて良くできてるとかそんな意味の方の。名前だけは知ってるけど読んだことないな。
>>
三国志とギリギリ水滸伝しか息してないからね…
>>
どう考えても西遊記の方が息してるだろ!?
>>
cvが保志になったり作者が小西になったり……
>>
奇書とされた理由も色んな人の講話をまとめた物が娯楽の主流だった時期に一人の作者が書いたってのが大きいみたいだしね。
エ○寄り、執筆当時の市井生活感が強くて日本だと理解しにくい部分が多い、登場人物が大抵少し遠回しな因果応報で結末を迎える暗さとあまり大っぴらに読まれ続けないだろうなって内容ではある。
>>
封神演義ェ…
>>
『三国志演義』、『水滸伝』、『西遊記』、『金瓶梅』の四つで
この内『金瓶梅』は『水滸伝』のスピンオフやね

ただ現地中国では『紅楼夢』の方が評価が高く、専らこちらの方を含めた四大名著とし、文学賞の名前にもなっている
主人公ドクズだし性格も悪いけど妙に情に厚くて動物好きなのがいい
ああいう悪女に翻弄されて破滅したい
>>
アナグマ殺された回は瓶氏がクズ過ぎてもう……
かなり息の長い漫画だけど、どこまで進んでるんだろ
元の元は水滸伝のスピンオフだけどそんなに長編だつたのか?
>>
水滸伝が100回~120回構成。三国志演義が120回構成。金瓶梅が100回構成らしい。
それぞれの回の長さの違いは確実にあるだろうからあくまで指標だけど、まあ大長編なんじゃない?
金蓮は悪女だけど、情が深くて面倒見が良いから憎めないよね
故に裏切られたときは容赦ないけど
>>
このバランスが絶妙すぎてもはや好き。
あと旦那への愛情が本物なの好き…。読む前はただの金づるで財産目当てだけだと思って、読んでて見直したわ…。
>>
今と倫理観違うことも意識してるのかそもそも西門慶が気の多い人物だからバランス取るためか、主人公含め割と他と寝たりとかあるんだけど、結局6人とも西門慶への愛情だけは本物だからなんかさらっと流しちゃうしちょこちょこ挟まる日常がいがみ合いつつもこいつら楽しそうだな…ってなるの上手いよね。
>>
>結局6人とも西門慶への愛情だけは本物
瓶児のは本物か?本物なのかな?
>>
性悪なのは間違いないけど、誰か悪いのが来て旦那と第一夫人毒殺してこの家の財産奪いましょうって提案しても断るタイプには見える。
武松を利用しようとした際に旦那も殺すと言われてそんなことだけはさせないと思いつつ利用する事は決めたからやらかす危険性はめっちゃあるけどなw
20巻から先買うか迷ってんだよね
>>
瓶児周りで一悶着(定期)あったり、春梅が【ネタバレ】したりするから個人的に買って損はないと思う
妄想或いは夢の中の各夫人との子供の話好き
>>
あの回の夢独特のカオステンポが笑う
夢ってこんな感じだよねみたいな
夢の中の娘たちは普通に可愛くてこのほのぼのルートも見たいなって思った
読んでないから内容については置いといて金瓶梅とグリム関係ある???
>>
一時期流行った本当は怖い~をもじった題名じゃない?巻数的に連載開始時期がその頃なのかな。

調べてみたら結構不幸な作品だよな。奇書と呼ばれるくらいしっかり書かれてるのに海を渡った日本では恋愛物だと源氏物語が既にあったのとちょっと人間模様の描写が濃すぎて難解と言われ、中国では後々よりプラトニックな紅楼夢の方が評価されるに至って存在感薄まっちゃうという。
>>
キャラクターは金瓶梅だけど、グリム童話を下敷きにした短編も入ってるよ
スレ画の話はグリム童話の屠殺ごっこが元ネタ
>>
まんがグリム童話って名前の雑誌で連載してて他の漫画でもまんがグリム童話ってタイトルついてるやつあるから多分そこの編集の方針
ついてないのもあるみたいだからよくわからないな
このスレのおかげで面白い漫画に出会えた。ありがとう

金蓮は悪女だけど情はあるところが良いよね
秋菊を庇って指はさみの刑を受けようとしたり偽母親とわかっていても優しくしてしまう話が特に好き
>>
偽母親の話いいよね
自分の母親とのアレコレがあったからこそ金蓮の言動が沁みる沁みる…
>>
×自分の母親
○実母
ブンブンハロー youtube
旦那様が使用人の子傷心ですって相談を受けてナチュラルに抱こうとするのでダメだった

倫理観が全体的にすごいことになってる……株が上がった直後に下がっておかしくなりそう
>>
倫理観がめちゃくちゃなのは時代が時代なので…
なお、不義は死刑なもよう
しかしいい漫画教えてもらえたわ。
ほんとやってることえげつないししょうもないんだけど、キャラ立て上手くてほぼ全員したたかで読み口悪くないんだよな。グリム童話モチーフも含んだためか、原作にはない強○が多いのがかなり大きな違いか。
このキャラ達があの末路に向かうっての考えるとちょっと哀れな気分になるくらいだ。
あと第二夫人影薄いよね…。
>>
せっかく貯めた金奪われたり
親族が色々目立ったり
美少年からのマイナスイオン(一名は実はタラシ)使って
アンチエイジングしているくらいにはキャラ立ってるだろ

説明文も出番も少ない第三夫人も目立たせてやってくれ
大量のズイキくらいしか印象無いわ
>>
同じ占い結果言って怒られたら金蓮さんには過去の悪い行いのせいで悪いことが起きるって言えば当たるでしょ?って返したところがいいw
旦那様は妻同士の確執にもほぼ気付かないのがなあ
仕事はできるけど家庭内の事情には疎いからこそ妻達に乗せられて一応上手くいってるのかもしれない
>>
ただ他の男が貧しい善人かクソしか出てこないのでイケメンで高収入で地位も高く鈍いが妻たち愛してる旦那様は偉いと思ってしまう
子供の問題も現在なら旦那様の種があれなのか?ってなるがこの当時の価値観で今の妻たちを庇うのはスゴい
夢の中で女の子しか産まれなくても婿を取ればいいって男児が産まれるまでとかは思ってなかったし
良いですよね
頭空っぽ系女子……
>>
(本人は)良いけど(周りの人間は)良くない
新キャラ出るたびにこいつ死ぬんか…ってなるの笑っちゃうんすよね
>>
性格良い奴みんな死ぬ……
金蓮が雪蛾に貸しを作ったときの要求が「水蜜桃をきらさないで」なのが微笑ましい
白桃の元になった品種なんだっけ?
>>
悪友感のあるやり取りいいよね。
嬌児が催眠術使う奴に付け入られた後に酒持って慰めに行くけど、その酒代以前に当人からちょろまかした分で出してるのとかも好き。
床下豚の落とし穴を開ける縄を旦那様に引っ張らせるやつで両方端が白いってどういう意味だったの?
あれ旦那様にはどっちが落ちるか分からなくて正妻もどっちが落ちても構わなかったってこと?
>>
いや正妻たる月と自分を同列視したのが許せないから確実に殺す
金は跳ね返りだけどまだ正妻的には許せる範疇なんだ
>>
どちらを引いても恵蓮が死ぬ仕組みだった
そもそも月娘は旦那様が金蓮を選ぶと確信してたと思う
怪しい薬ぶち込んで最愛の旦那殺しちゃうとかなかなかキツイ末路だよな…
>>
金蓮は原作よりかなり頭が良くなってるからその展開にはならない気がしてる
初めて読んだ回。いやぁ、まさか後にあんなことになるなんて……
>>
不吉な家から来たというか不吉の元凶というか…
>>
まともで有能な人かと思ったら全然まともじゃなかった
>>
この知恵袋手強い…
なお、瓶児の子守りで仕事が増える模様
この漫画の原作小説は読んだ事ないけど、旦那様のお父さんや馮さんは漫画オリジナルキャラなの?
>>
たしか父親関係と没落した陳家絡みはオリキャラのはず
長期連載で生やしたんだな
あの父親やばすぎ
>>
それでいて作風を壊してないの凄すぎ
第三夫人が原作者的には一番の美人で常識人ですって扱いらしいがこの漫画だと占い狂いのヤベーヤツになってる
>>
作者にとっての~ってのはあくまで後世の一部の解釈だからね。原作で悲惨な末路を迎えなかった代わりに基本影は薄く常識的な対応が主だったっぽいのでこの漫画のキャラ付けは英断かも。
>>
すごい
>>
この回すごい好き。若い男に夢中になる雪娥姐さんが可愛いのなんの。
瓶児の事ずっと嫌な奴だと思ってたけど穴熊のくだりは流石にタヒねと思った
>>
真面目に初登場の1コマ目くらいしか好意的に見られる場面無いからな。それも相対的に。
以降多少笑って済ませられる場面はあれど根本的にトラブルメーカーで金姐さんを邪魔するキャラだから金姐さんとは違った不快な悪女として確立しすぎている…。
客が来るたび犯されたり殺されたりする奥様および側女たちが可哀想
>>
おまけ漫画でもネタにされてたね
雪娥姐さんの同僚が「私たちも名前欲しい」って言って、姐さんが見事なカウンターするやつ
間違いなく作中一の美女だと思う
>>
ここが一番グッときた
>>
やっぱり旦那様この時代の男にしては優しいよなぁ…
>>
額の模様親にも子供(夢)にもあったけど代々付けてるのかなあれ
2〜4夫人の誰かが男に泣かされた時、「情けない事!」と叱咤したり、男に仕返しする際「勘違いしないで。あんな奴に私が侮辱されたのが我慢できないの」と言って退ける金蓮は見方によっては、高度なツンデレとも言える
>>
2.3.4助けることもあるけど憎まれ口叩くし相手を利用しつつ助けたりもするし善良では絶対ないけど憎めないっていう絶妙なラインよねこの主人公
月娘様が一番好き。
どの話だったか忘れたけど、お兄さんに(旦那様が)そんなに好きなのか?って聞かれてプイってそっぽ向くのすごいかわいいんだ。

それはそれとして、各奥様のお庭比べの話が好き。
各自の感想がらしいらしい
>>
本人以外からの認識が畑な庭(畑)笑った
>>
鶏も飼っておけばよかったって言ってるけどそれしたらもう完全に農家の景色
月娘は原作で最後は幸せに生きた描写がされるくらいしっかりした女性、って感じだからかこの漫画中でもおっかないけど強くて魅力的な様子に描かれてるよね。
原作とは全然違う結末になりそうだが、月娘は最後どうなるだろうな。金蓮は経緯はどうあれ結末は変わらなさそうだけども…。
>>
武松にやられるのかな?やっぱり
>>
最終的には原作通り武松に殺されるだろうね
でも漫画の金蓮が旦那様の死後に喜んで嫁ぐとは思えないからその辺の展開は変わりそう
>>
正直旦那様にも金蓮にも他の姐さん達も子供いる夢みたいに円満でいてほしい
>>
この世界だと娘たち仲良さそうでとても可愛い
玉楼の双子も可愛い
>>
武松は一向に出番がないからオリジナルで滝壺に落ちて死んだのかなと思った
こんなにかわいらしかった大奥様をあんな風にしちゃった旦那様はさぁ…
夢の中の娘たちの中では雪娥の娘が一番見た目好みだ
青琴のことがよく分からなかったな
周囲の女性や慶たち兄妹を守りたい気持ちはあったけど
それはそれとして瓶児みたいに性に流されやすい女性だったのか
ワンチャン大旦那を愛していたのか
>>
こういう言い方すると怒られるのかもだが、男だと結構いろんな視点から見ること意識して何度も読み直さないとピンと来ないのかもしれん。自分もその辺りはうーん…?だった。
話のまとめ的に父ちゃんの方を女として愛してて、ただ守るべき者として当時坊っちゃんな旦那様にも情があったのかなあと。20巻以降にまたなんかあるのかね?
>>
西門伯が屋敷に入り込んだときに幽霊になって春梅に助言をして事件を防ごうとしただけでなく満足してもう屋敷から出て行くところだった伯に襲いかかるくらいだから恨んでただろう
仕えてる奥様とその子供たちを守りたいけど身体を差し出すしか思いつかなくてその場しのぎしてたら誤魔化しようのないものがお腹にできちゃっただけじゃないかな?
慶を守るためと耐えてきたのに自分のせいで慶を傷つけたと理解したし、あのあと青琴が生きてたら西門伯はまた抱こうとするだろうから慶を傷つけないためには自分も赤ちゃんも消えるべきって思ったんじゃないかな
慶を傷つけたくない以上に自分の頑張りが無駄だった失望感と未来への絶望が大きかったかもしれない
読み終わったけど女の子が産まれてもまず喜んだ後にん、女の子?いや問題ない婿を取ればいいってなるのこの時代の男としては善良すぎない?
>>
現代でも一人っ子政策時は女を産むのは家を潰すことだと言われて存在を隠されたりしたのに凄い人だ
青琴が教育係だったからが1番だけど、お金と権力があるから育ったおおらかさなのかも
>>
この時代の男としては子供が出来ないのは女のせいだし男が産まれないのも女のせいなのに凄いよね
現在とはプレッシャーも桁違いだろうに悩んでても妻を責めないのは本当に善良
>>
あんな父親を見てたらそりゃね…
○母の教育も良かったろうし

それはそれとして浮気癖はどうしようもないけど
玉楼さん好き
多分6夫人の中でも最弱
でも幽霊騒ぎ利用したり男の怪我したあそこに毒塗って仕返してたり数珠の呪詛のこと黙ってたりする…本物の幽霊には怯えたり仕返しの前に泣き寝入りしそうになってたり臆病になって呪詛だって教えにくるしやっぱり弱いかも
>>
子宝運は一応当たったし降霊術は成功したし数珠見て即呪詛に気づいたし実は才能あるのでは
まさかこの漫画で苦痛の梨を見るとは思わなかった

はじめてが拷問器具とか秋菊が何をしたってんだ……
>>
犯人は尊厳破壊されて死亡したとはいえあまりにも秋菊が気の毒…
そんな目にあった秋菊が、優しい旦那様を好きになるのは致し方無いのだ…
>>
まあでも、その元凶を連れてきたのは旦那様なんだけどね…… いややっぱ悪いのは瓶児か
お前ら実は仲良いだろ
>>
2~5の和気あいあい感良いよね
月娘さん瓶児に隣の家使って浮気イメージプレイされて怒って隣の家更地にしてって言ったのに少しあとに子供ができた瓶児のためにその更地に離れ造られるの可哀想
>>
ウッキウキで梯子で戻ってたら冷たい顔した妻5人が待ってるの笑った
>>
旦那様が瓶児のところに行ってるって金蓮にバレただけでビクビクしてたのに金蓮が瓶児のところに殴り込みに行くかと思ったら賊を見つけて他の全夫人に知れ渡ったときの旦那様の召使いの心境やばそう
この2人の関係切なくて好き
>>
いいよね…この2人は余生を穏やかにすごして欲しい
瓶児は美しさ以外に長所が無い点がひどすぎる
>>
どんなプレイでも受け入れてくれる包容力(笑)とか
>>
基本やることなすことが誰の役にも立たねえしない
経済は敵なのか味方なのか…
>>
旦那様に対してのクソデカ感情で動いてる感じだよな
良くも悪くも旦那様の損になるようなことはしないという点では味方
ただ旦那様の感情は度外視する模様