シンプルに口が悪い
後で困ることがわかってるのに余計なことを言うのがスネ夫の悪い癖
ドラえもんのキャラはみんなそういうとこがある
>>
のび太とかそれが基本パターンだしな
本音!
>>
このジャイアン可愛いな
>>
これは『実物立体日光写真機』でつくったジャイアンの像
ジャイアンはかわいいよ
>>
>>
このジャイアンもかわいい
考えてみるとジャイアンにもきっちり自慢してるの凄いな
>>
「ジャイアンテレビにでる!」はスネ夫の自慢話が仇になったのが話のきっかけだったりする
こいつたいていドラえもんから10倍マウント返しされるのになんで自慢し続けられるんだ?
>>
のび太が凄いわけではないから
>>
だったらスネ夫の親がすごいパターンが大半じゃない?
>>
それが分からないのがスネ夫なんだ
>>
スネ夫が自分を客観視できるわけないだろ
>>
まあこんな感じだしね
>>
夜尿症を患って夜はおむつなのに自尊心が高いのはなかなか珍しい
>>
寝るときはおむつを
話の都合でのび太もたまにやる
互いに煽り煽られるような間柄だからこそ
ある意味で対等の付き合いを続けられているのかもしれない
恐れているガキ大将のジャイアンにさえ
皆結構煽るからな
>>
ジャイアン独裁敷いてるようで結構フランクだよな
>>
ジャイアンがブチギレたりしてもジャイアンの母ちゃん呼べばなんとかなるからな
それに本当に困ってるときに助けてくれるのがジャイアンだし
スネ夫は本当敵味方を作るのが上手いと言うか
ジャイアンを味方につけてのび太をはぶき
のび太が味方にいる時はジャイアンをはぶき
いざとなれば2人ともいじる
こう聞けば嫌味なのになんでこんな面白いんだろう
>>
割とあの町裏切りがうまいというか超いい方に乗っかる能力高いやつばっかよな
安雄はる夫を筆頭にクラスメート連中はジャイスネ側にものびドラ側にも行くし、しずかちゃんやジャイアンも平然と乗り換えるし
>>
全員が裏切りあうからヘイトが貯まらないというか
ドラえもんですらのび太裏切ってスネ夫・ジャイアン側に行った事なかったっけ?
「地球の上でめぼしいとこは見ちゃったし、ま、今回はのんびりスイスでスキーでも」
短くキレのいい優越感たっぷりの自慢
スネ夫のパパ、ケチって失敗する話もあるが、こうして見るとやはり凄い人脈の持ち主
>>
ここはのび太もスネ夫の自慢に対して慣れを感じる
>>
パターンの変化があって飽きさせない
報復とか怖くないんか……?
>>
ついさっきまでションボリしてて何も手につかなさそうだったし…
>>
ここの軽妙な会話はリアルな男同士の仲を感じるな・・・
>>
昔は弟がいたが……
>>
おじさんの養子になったという複雑な家庭環境
上流階級のしがらみだろうか
>>
昔は二人以上子供がいる家庭が子供のいない親戚に養子に出すことはよくあった
実はF先生もそう
>>
マ?
>>
まぁ1970年台初頭?から作成されてきたからねぇ
時代を感じる
>>
今サンデーうぇぶりで連載されているあだち猛物語という作品でもあだち充の家も長兄が本家筋の伯母の家に養子にもらわれたと説明されてたね。因みにその時は伯母が抜き打ちで生活態度を調査して一番しっかりしていたのが長兄だったからだとか。
>>
未来ではジャイアンがスーパーのチェーン店経営、スネ夫は貿易会社社長、出木杉くんは宇宙飛行士、のび太は会社社長(花火で全焼)だぞ
>>
出木杉くん、より詳しく言えば火星に行ったりしている
>>
ジャイ子と結婚した未来はドラやセワシが持ってきた写真しか根拠ないし二人の捏造かもしれないけどね
アニメだとのび太は環境省で働いてる
宇宙小戦争とかいうスネ夫の魅力が余すことなく描かれた映画
親子共々自慢好き
のび太のママが怒ってのび太のマンガを捨てることはよくあるが、スネ夫のママも勉強しないことに怒って捨てようとしたことがある
昔の読者投稿ページでもマンガを捨てられた話が載っているのを見るので、結構あったことなのかなぁ
才を鼻にかけたところがあるんだけど出来杉みたいな本物ではないんだよな
小利口者
>>
だからスネ夫は映画に出れる
スネ夫の親戚っぽくない珍しい人
パパのおばあちゃん、93歳
報復される方がマシ
手柄の実情はともかく成金ではなく由緒正しい家柄の骨川家
チンプイの小金山スネ美
凄く似てるけど親戚ではないようだ