なんだこのクソ紙幣‼︎
殺す‼︎
>>
グレシャム 懲戒処分
グレシャムの裏切りは要らなくない……?
>>
グレシャムが裏切るつもりで用心棒雇ってなければ普通に負けてた可能性あるから……
仲良しか
>>
なんで御者まで息ピッタリなんだよ!!
>>
嬉しそうなルークの顔好き
レジャットも自分で分が悪いの分かってるだけにちょっとかわいそうに見えるな
>>
レジャットの勝利条件は「番号を暴く」ことだと思ってたけど、完全勝利の条件は「ルークの確保」or「ハイパーノートを複数手に入れる事」だったんだな。
レジャット自身もその条件は分かっていたけど、イレギュラーが多過ぎた。
>>
だからあの屋敷での決戦は真の勝者がいない戦いだったんだよね
なればこそタイトル回収の鬱射幣が虚しく響いた……
レジャットの処分を見て優秀な医者や警官の話を思い出したわ
事前対処できると評価されねぇんだ・・・見えねぇから・・・
>>
じゃあこの上層部も無能かって言われると別に無能ではなく差別意識こそあれどクッソ有能だからな
ヨゼンが思った以上にボロボロで痛々しい。
爆発喰らってるから無理もないか。
>>
普通車椅子とか必要ですよね
>>
ぶん殴るだけで命奪える巨人に鎧着た状態で殴られたり爆弾浴びせられたり鉄の義足で2回蹴られたり
むしろなぜ普通に話せるのだろう
これは効くぞ
>>
禁止級のレス画像
>>
まさかとは思いますが、この「ハイパーノート」とは、あなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか。
>>
ちょうど隣のページに「妄想のなァ!」ってあるから一種のネタ被せもあるんだろうなって思っちゃう
レジャットさんは天才です…妄想のなァ!
すぐ手のひら返す事に定評のあるフラペコだけどこんな盛り上がりムードの中でも冷静に客観視して率直な意見言えるってやっぱ有能だよね
どうやってがブール人に作らせるんだろうな
>>
奴隷主と交渉するんじゃないかな
証拠らしい証拠もないままただ費用と人員を喪失したのに停職六ヶ月って割りと穏便だよな
>>
ルークの拠点を破壊できた分は評価されたんじゃないかな
ルークが贋札犯ということは上層部も認識してるし
やはり教育テレビでアニメ化して流すべき漫画だな
>>
主人公がちょっとハレンチなんですけど?
レジャットさんが番号を突き止めた事は大きいが、逆に言えば番号さえ変えれば贋札という疑いを掛けられにくくなるという弱点にもなりうるよな
>>
そこまで疑い始めたら悪魔の証明というか手間が掛かるし
「番号じゃ見分けつかないけど造幣局が直々に刷って政府が価値を保証してる紙幣じゃないかもしれない」と
不安がよぎる時点で10000ベルク札への信頼が落ちるからな
ルークの丁寧な解説いいぞ
俺も忘れてた
使いやすそう
>>
ダウー「よくわかんないけどすごい!」
俺「よくわかんないけどすごい!」

どうして差が出るかなぁ…
番号自由に変えられたら手にした札を1枚1枚顕微鏡で見る奴なんかいないと思うんだ
>>
そもそもハイパーノートは番号どころか紙の繊維の並びまで同じなんてルーク側は現物で試行錯誤するから気付くけどレジャット側からしたら想像もつかないんだわ
>>
健全な上層部はともかくルークの射幣を見てる不健全なレジャットはハイパーノートの「実在する紙幣の完全な複製」っていう特性からその完全さのクオリティに見当を付けてそうではある
>>
印刷する必要から1枚1枚変更は無理だけど、見破る方はどのみち一枚ずつ見るしかない
手間がかかろうと、その手段の有無で効果は全然違うよ
偽札と分かれば、その番号を随時ブラックリスト化することで被害は減る
真ハイパーノートがばら撒かれると世界経済マジで崩壊するんだけどルーク的にはそれ良かったっけ?
>>
世界を壊す手段を握って脅すことでガブール人を差別から救済するのが主目的だからな
ハル姉を助けられないくらいなら世界は壊れてもいい、のスタイル
真ハイパーノートの計画の存在だけでゼニルストン自治領との交渉材料として使えるのが中々いいね
あちらにとっても帝国に打撃を与える手段として評価はしてくれるだろう
>>
ただ、ゼニルストンの連中も救世主の力を真っ当に使う気が無いのが恐いよな