千手と戦って生還したヤツとか何仕込まれてるかわからないので追放
あまりにも任務内容が酷すぎて何か逆になんかやらかして死刑代わりに突っ込まれたのかなという気持ちになってくる
>>
金しか信用しなくて賞金稼ぎとか、ムカついたらタッグを殺してしまう悪癖とか
その辺関係してそうね
>>
あれは上層部から裏切られたせいで人を信じられなくなったとかじゃなくて元々なんだよな?
そうじゃないと納得できねぇよ俺…
暗殺に失敗しただと!?
角都くん…見損なったぞ
この任務が下った時点で仲間を見限って敵に土下座亡命するのが正解ってマジ?
少年漫画に出てくるキャラの生き方か?これが
>>
場合によっては任務出された瞬間に、そのまま里抜けして逃げる方が成功率と生存率は高いぞ
>>
掟が仲間より大事とかそう言う話じゃなくて掟も仲間も捨てるべきだったの草生える
扉間はほぼ間違いなく近くにいたと思うんだけど高レベル感知&飛雷神使いからマジでどうやって逃げたの?
>>
禁術無しだったし、当時の精鋭だから隠形系の一芸特化の暗殺者タイプだったのかもしれない
上層部「おめーの席ねぇから!」
柱間の化け物っぷりと扉間の能力が明らかになったことで本当にどうやって逃げ切れたのかわからなくなった人
>>
当時は土遁か風遁のスペシャリストで地脈とかを利用した時空間忍術使えましたくらいじゃないと逃げられない柱間がおかしいんだよ
木遁食らって死にかけた上で逃げ切っているからわざと逃がしたんじゃねーかな…
>>
扉間が兄者、あやつは逃そうとか言ってないなら柱間怖くね?
>>
扉間が何か兄者を暗殺しに来ている奴がいるけど帰した方が疑心暗鬼になりそうだから逃がそうぜって提案したのかも…
兄者「里に仇なす者を許す訳にはいかん、すまんな(スッ…🙏🌳)」
扉間「………いや、コイツの姿を見ればコイツに指示した者も二度と兄者と木ノ葉隠れを狙おう等と馬鹿げた事は考えないだろう。逃がしてやればいい」
角都「………!」(ダッシュ)
兄者「…なるほど良い考えだな、無駄に命を奪わず…」
扉間「これでアイツは穢土転生体かオレのマーキングが付いてるかと上層部に疑われる筈だ。上手く行けば反逆者扱いを受けて逆上したアイツが暴れてくれる。なかなか強かったから期待出来るぞ。これからドンドン刺客は放流していこう」
兄者「…………」
>>
こんな卑劣に誰がした?
環境……時代のせい……
>>
卑劣ポイントが高すぎる