>>
いい武器でしょう、余裕で妖怪を殺せる、馬力が違いますよ
>>
マジで違いすぎるんだよなあ……
怨みの力って凄いね(小並感)
でもこいつなかったら使い手が持っても一瞬で魂削りきられて終わるから、デバフはデバフだけどリミッター兼調整ユニットみたいなもんだ
>>
こいつなかったら使い手無しで勝手に飛んでいくんですよ……
普通の人間がそこら辺にあった材料で作った槍じゃん
>>
間違ってはないけども!!
>>
そこら辺にあった材料
(少女が自ら微笑んで人身御供となって飛び込んだ鉄と、その兄である打ち手の途轍もない自分と白面への憎悪)

こんなもんがそこら辺にあってたまるか。たまるものか
もしかして獣の槍ってヤベェ武器なんじゃねえか?
>>
👺
>>
× ヤベェ武器
○ ヤベェ
獣の槍作り方わかってるんなら簡単に(簡単とは言ってない)作れそうだから100本くらい用意したら良さそうなのに
>>
獣の槍の真の使い手であるうしおが一人しかいないんすよ…
>>
最低でも200人の命は捧げることになるがよろしいか?
>>
軽いもんだ人の二百人くらい
槍が量産できて良かった(良くない)
>>
まず、現代日本に100人も槍を打てる奴がいるのか?
>>
しかも、その100人全員が白面滅ぼすために自分の身を槍の柄にするぐらい憎しみの心を持っていないといけないというおまけつき。
>>
現代日本に限らないのであれば白面のやってきた事考えると複数人そのレベルの憎悪を持ってる人間がいてもおかしくはないんだけど
王室レベルの槍を鍛えられる人間もいなきゃいけないと考えると…
>>
それだけいたら得意な武器も違うだろし無理に槍にするより各々好きに作ってもらった方が良さそう
>>
妖怪滅ぼしたあと人類も滅ぼしそう
>>
できたよ!エレザールの鎌!
…こっちで性能おかしいの1本だけだったけど
>>
最愛の家族を無惨に殺されただけじゃなく生き残った妹は自分から犠牲になってしまい
その悲憤と憎悪を熱にして己ごと槍に変える覚悟を持った鍛冶師とかいないでしょ。
獣の槍は図らずもそういった条件が『揃ってしまった』が故の合体事故性能だと思うので
無理矢理に同じようなことやらせてもしょうもない劣化品が出来るだけ。
むしろそういうことをやらせた奴等に襲いかかると思う。
>>
ジエメイとギリョウが一人しかいないのでムリです。
白面関係に色々された人は多そうだし作り方紙に書いてから獣の槍打てよ、無理なら無理で二人心中で馬鹿にされるだろうけど後々のこと考えればま~悪くはない(悪魔)
槍で地面に方法直接書いてもいいけど
使い手が一人しかいないだって?一人しかいないならな、一人で持てばいいのさ!字伏とか知らん、秒で殺せばそれでいい!別にやりじゃなくてもいいなら獣の馬とか獣の使い魔とか獣の狙撃銃とか獣の鎧とか獣のデイモンコアとか色々作り方はあるだろうし流石に100本も集まれば合体するやろ(適当)
>>
うしおとうしおとうしお….ととら
>>
のけものの槍
>>
獣の戦闘機とか獣の巨人とか出す気か貴様ァー!
>>
みたいなことしようとすると
どこからか女がやってきてサークラ的なことしたり
関係者がTATARIで死にまくるんだろうな
白面への憎しみが篭ったアイテムってもっとあっても良さそうだけどな
>>
そういう札とかありそう
街人全員殺されてる中その恨みと師匠の生首から出る血で書いた的なやつが
槍レベルまでいってないやつは白面に壊されてるんじゃないかね
槍の性能には大陸妖怪たちの犠牲(赤い布)も追加しなきゃだめだろ。それがないとろくに使えないって上にあるじゃん
>>+、そのレベルに達していてもまた別の犠牲がないと武器として使えない
一個で限界だよ
>>
というか本来対化け物で打たれたっぽい霊刀が白面に奪われて紅煉のウェポンというか虐殺用の便利なオモチャにされてるんだよな…
あれひどい尊厳破壊だよね
白面の者がいやらしいところは、直接自分が手にかけるだけでなく、謀略を好むところだからね
実際、作中でも、
組織的に強力な武器を作ろうとする→内部工作や部下を派遣して阻止
天才が作ろうとする→協力者の振りして研究の主導権を奪い乗っ取る
とかやってるし

恐らく過去にも似たような事例が多く存在したと思われる(斗和子がやたら錬金術だの魔道学だのの知識が豊富なのはその為と考えると面白い)
>>
襲われたり壊されたりした組織メンバー生き残り含めて全員供物+第三者が白面に成りすまして鍛冶屋とか武器、呪具作る職人の家族惨殺してとすれば獣以上のスペックの武器作れそうな気もしなくはない
>>
「第三者が白面に成りすまして」
これがまず無理なんじゃないか?
武器できるとこまではいけそうだけど呪具という超常の存在になった相手にバレそうだ
自分達がこんなことになってしまったのも全て白面という存在のせいだ…!という方向にいける?
>>
白面に成りすましバレた途端白面側に就きそう
白面誘導すれば行けるか?
例えば白面に潰される覚悟を組織全員が秘密裏にしてる上で計画の準備として鍛冶屋(など)の職人の娘か何かをその組織のボス、幹部がその美しさに惚れたと歓迎&接待して職人たちと組織の中を近づけた状態で組織を職人たちの最愛の人ごと潰してもらう。ここまですれば流石に劣化獣武器10本20本は一気に作れるでしょ
文字で書くとぐちゃぐちゃするな。
獣の槍が赤い布に封じられた経緯忘れてない?
万が一獣の槍のような「白面への恨み」を原動力にしたものが人為的に作れたとして、時代によっては封印されている白面を探し回って人妖問わずあちこちに被害を齎し、最後には列島の要を壊すぞ
封印前の時代で自由に動ける白面相手に、そこまで組織的な隠蔽工作が可能とも思えないし
>>
発想を逆にするんだ、バレちゃう前にやり100本で倒せばいいと!
100本で足りるのかな?
>>
尻尾の一振りで100本まとめてバッキャーンッ!!される未来しか見えない…
>>
下手すれば命中したけど「他愛なし」でぶっ壊れてそう
そもそも作る前に、婢妖によって全部忘れてそうだが……
こんなに羨ましくない主人公専用武器が果たしてあっただろうか
>>
ないな
>>
主人公専用機(死んだら別の人に所有権移る)という意味であればジアース(ぼくらの)とかが憎い
一番恐ろしいのは元々石食いまでの短期連載だったのが通常連載に決まったので
あれそれすべてライブ感で後付けという
>>
広げた風呂敷回収能力が高すぎる
穿心角レベルの武器なら白面にも多少はダメージ通ったりするのだろうか
>>
本性を暴かれて弱体化し始めた白面なら少しは効きそう
その前の白面に恐怖を抱いている状態でやったら全く効かなそう
字伏のほぼ全員が白面憎しの一念になっちまってるのがヤベーわ

紅蓮?知らん
>>
何で染まってないんですかねアイツ
外道としての自我強すぎやろ
>>
悪い意味での例外来たな…
本来赤布だけでもエレザールの鎌や穿心角と同様にバトルアイテム足り得るんよなぁ。並の妖怪ならあれ巻いただけでヤバイだろ
>>
サンピタラカムイ様が布の切れ端を魔除け?にもらってたもんな
人間にはつくれない強力な封印呪具って感じだ