親子そろってめんどうな。
居間に嫁のどデカいポスター貼ってそうな竜弦
>>
KANAE FOREVER♡♡♡
>>
本編でも気の迷いで作ったクソデカ遺影がある説

雨竜が父の死後に部屋を整理してたら母親を模した変なグッズが山ほど出てくるんだよね…
>>
「これはっ…!」
「きょ…許可なきゅ入るなと言っただろう!?」
>>
本編でそんなグッズ出てきたら母を解剖してたの含め更に余計な誤解しそうだな…
>>
人形の髪の毛が本人のだったりするの?
>>
原作で言ったお前(一心)よりはマシがまだ俺の方が節度を持って嫁と接してるという意味かよ…
>>
原作の竜弦はデスクトップの写真が嫁さんだと思ってる
>>
仕事机に叶絵の写真立て置いてます…(原作)
親戚の幼馴染に振られてメイドさんに堕とされたやつは違うぜ
>>
あれ中途半端に滅却師と真咲を天秤に掛けた竜弦にとっては失恋かもしれんが、振ったのは真咲じゃなくて竜弦の方だぞ
メイドさんに堕とされたのは紛れもない事実だが
そしてその最愛の嫁も始祖とかいうクソ野郎のせいで亡くして、仇を討つためにその体を泣く泣く解剖(当然子供には言えない)
心底から滅却師がクソだと認識したことだろう
それでも石田の意思を尊重して滅却師の力を取り戻したり、帝国の秘事を遠回しに伝える親バカである
>>
真咲や奥さんの件で何も出来ない無力感を知ってるからな
大事な息子には無力感を与えたくないんだなって分かる
黒崎、私はお前のように嫁の写真を引き伸ばして壁に貼ったりはしない。
私は画家に妻の肖像画を描かせて自室に飾っているぞ。
>>
自然体の方が良くない?
でも竜弦の生立ち考えればこうなっても仕方ねえけどな
学生時分は父は家庭も顧みず修行一筋、母は拗らせて自身に少し変わった愛情を抱く
妙な事故で幼馴染の許嫁と訣別
それでも自身を支えてくれた幼馴染の使用人を妻にするが、その妻も滅却師の始祖のせいで亡くす
幼馴染二人を亡くしたことで滅却師は心底クソだと思っただろう(まあその前から愛想が尽きてるかもしれないが)
それでも奇跡的に生存した息子がいたが、自身を顧みなかった父は人の良さそうな顔で、孫を滅却師に仕立てようとする
そのせいで只でさえ嫁を解剖したことで出来た確執がさらに広がる

マジで踏んだり蹴ったりだな、竜弦……
>>
これに対する宗弦さんは優しい顔で孫にこう言う
「あいつにも色々あった。今日び滅却師一本じゃ食うていけん。家庭のあるあいつには金が重大問題。あいつの言うことはなにも間違っていない」
息子が父を助けなかったのも至極当然の物言いである…
そして死後も(色んな意味で)手癖の悪い父と罵倒するのも全くである………
>>
あいつにも色々あった(あいつを苦しめていたのはワシ)
このジジイ…
>>
次に続く言葉はこうだ
「守りたいものが違えば自ずと正義も違ってくる」
「父さんが守りたいものってなに?お金?」
石田の頭に手を置いて「いずれ分かる時が来る」
宗弦テメエ、この話の流れだと竜弦の守りたい正義は息子で、アンタの守りたい正義は違うという意味じゃねえか!
>>
クソジジイ過ぎる…
てかマジでこんなクソジジイだったっけ?
>>
作中での出番が石田フィルターを通した回想でしかないから…

言っていたことと起きていたことを照らし合わせると「あれ??このじーさん……」ってなってくる
>>
>>
最初はまだ滅却師の道を志す孫の意思を尊重する優しいお祖父さんに見えた
それこそ竜弦とは違う形で孫を愛して、死神と共闘を結ぼうとする出来た人なんだと
だが帝国が出てきたことで一気に変わった
初期の石田に対する言葉も死神との共闘も全部帝国打倒のためにしか思えなくなった
しかも宗弦の経歴が原作初期の優しい祖父の印象と真逆

言っちゃあなんだが、滅却師全体の黒幕が陛下なら、石田家の(陛下打倒という意味の)黒幕はこの人としか思えないんだよ…
>>
そもそも石田の婆ちゃんが爺から放置されるようになったのって
虚から負わされた傷が原因で純血が産めなくなったから説がありまして…

真咲が負った怪我を治療しなきゃってわーわーやってて竜弦が家から真咲連れ出す時に
石田の婆ちゃんの足の怪我の跡が意味深に映るコマがあるのよ…
>>
この後がこれだ
「竜弦が守りたいものが分かる時は、お前が守りたいものもわかる。その時のために(帝国からパクった)散霊手套を渡そう」
「お前が父の真意を知りその時に守りたいものを見つけたなら、その時にお前がまだ滅却師なら避けられぬ戦い、自分の力が到底及ばない戦いに身を投じる時もあるだろう、その時にコレを使え」

役満過ぎて言葉も出ねえよ……
この時からもう全部仕込んでんじゃねえか、クソジジイよぉ…
こんなこと言ってたら、そりゃあ竜弦も息子になにも言えねえよ
竜弦の真意(嫁の仇を取って息子を守る)を知ったら強制的に石田も帝国と決戦不可避だもんなあ……
本当に宗弦はさあ……!
あれ?帝国なマジでクソだけど石田家は別だと思っていたが、石田家も割とクソなのか…?
>>
宗弦は竜弦に対しては毒親だと思う
雨竜は過去やこれからなんか知らないから宗弦に懐いて竜弦恨んでたけど
よくよく考えたら宗弦は石田を滅却師にさせるべく修行させてただけなんだよな
優しさからとかじゃなく
竜弦は滅却師から離れて幸せになってほしかったのに
アニメのクインシー大全は完全に親バカ同士のコントになってた
>>
アニメ最終章もあるかと思ったが無かったな
まあ最終章はマジで死人のオンパレードで雰囲気違うし、竜弦も仇敵の紹介なんてしたくないか
襲われてるのが見えてるのに見捨てるなんて嫌だっていう雨竜の気持ちを汲んでやってるって面もあるんだけどね。
腹黒狸ジジイなんでは?は否定できんぐらいに黒いと解釈できてしまう過去編なわけだが。
>>
ドン観音寺という特大ノイズのせいで、死神に襲われそうな技術教えなくてもよくね?とならなかったのか
でも読者にとってはクソジジイでも雨竜からみたら良いお爺ちゃんだよ
というか利用する気100%で演技し続けるとかあの石田家の男には無理だろ多分
どんなにツンツンでもなんとなくデレが見えるのが石田家の男だぞ
>>
石田家の男で草
>>
割と三代に渡って似たもの同士なとこあるから
>>
秘匿主義はマジで血筋だからな
宗弦は竜弦には全部明かしてたみたいだけど、当然石田にはあまり言わない
竜弦は当然息子になにも言えない
全部知った石田は母の仇を討ち、友と世界を守るため一護たちに何も言わず、一人で帝国と刺し違えようとする

こんなところ似られても困るんだよなあ……
>>
そんなところまで似るなよ!外見だけにしてくれよ!
>>
まあ多分宗弦のことクソジジイ呼びして一番怒るのは雨竜やろなって
>>
まあ若い時は帝国と確執持ったり、修行ばかりしてたこの人でも年老いて考え方も少しずつ変わっただろうしな(帝国打倒が変わらなかったみたいだが)
というか竜弦も叶絵を選んだ時点で石田家の純血は諦めただろうし、それこそ真咲を追放した時点で父親と滅却師に三下り半を降してそうだし
しかしこうなるとやっぱ聖別による叶絵の死と石田の生存は宗弦と竜弦には予想通りだと見るべきだよな
なんにせよ石田は医者になったようだし
親子関係改善したようで良かったよ
>>
親子揃って相変わらずわかりにくいツンデレしてるイメージ。
>>
父と同じ医者という忙しい仕事を選んだ時点でもうあまりクインシーをやる気も無さそうだしな
翻って一護は翻訳家だから割と余裕があるのか死神代行と兼業してるけど
>>
小説版だと石田の口から親子関係は改善されて医学部の学費も自身の医師を尊重した上で出してもらっているとの事。
本来死神がきちんと仕事してくれりゃ
滅却師が出る必要は無いからな
>>
そもそも一護が現れてからは芋山さんを派遣する位だぞ(ああ見えて芋山さんは優秀な部類だけど)
そして代行証の秘密を一護に明かしてからは、よりにもよって新人二人を派遣する位だ
血戦編第一話は滅却師の撒き餌で大型虚が複数相手だったから、まだ擁護のしようがあったが、後日談の小説で行木は水色たちと一緒に大型虚から逃げているのはマジでどうしようもない(班目妹は結構強い。あと行木自身も自分を派遣する位だから尸魂界は空座町を軽視してるなんて言い出す位だ)
もうちょっと戦力を投入してくれません?享楽さん…
>>
護廷十三隊自体が、藍染の反逆とユーハバッハの侵攻で戦力が大幅に減ってしまったからね。
尸魂界そのものの防衛の為にも、一つの街に対してだけに強力な死神なんてそう簡単には送れないし、何より四十六室が許可してくれないだろう。
>>
>>
銀城の一件と代行証の真実がバレた時点で総隊長が「空座町は一護たち死神代行御一行に全面的にお任せします」とバトンを渡して来たからな…(しかも代行どころか藍染のことも説明して、空座町は尸魂界を救ってくれた凄く強い死神代行がいると懇切丁寧に知らせた程だ)
次の享楽さんもそれに続いたと。
今は亡き浮竹なんて一護どころか井上たちすら死んだ後に皆死神になってくれないかなあと言ってた程だしな……
>>
裏切る心配はないし、隊長クラスには強いから、即戦力だしな………こちらが下手なことしたら、反逆者いっぱい出るし、仲良くやれたらそれでいいもんな
竜弦は叶絵さんと一回くらいはメイドさんプレイしたことありそうだなとかいう最悪の妄想が頭に浮かんできた
雨竜俺を殺してくれ
>>
クインシーメイド カナエの奉仕(ヴァンデンライヒソフト)
>>
カラオケコラボでの雨竜、アイテムにメイド服出してるから血筋の可能性もあるよ
>>
なんで親子して性癖が同じなんだよと思ったけど一護と一心も太陽みたいに明るくて優しくて周りを惹きつける巨○のかわいい子が好きなんだよな…業が深いな…
>>
というか竜弦が真咲をケジメとして追放したとは言われてるけど、その後も普通に石田家と黒崎家で親交があったんだよな
一心は竜弦と病院含めて親交があったし、真咲も普通に大学通ってるから、なにかしら竜弦が援助していた可能性もある
なんだかんだで一心と竜弦は腐れ縁だし、それこそ叶絵含めて親戚関係は良好だったんだろう
そんで両家ともあの陛下のせいで嫁を失ったと
やっぱ悲惨だな……
>>
チャドが大怪我した時に、一心はちゃんと石田の病院に俺の名前言えば病室開けてくれる!!って電話とかしてるからな。
>>
マジで一心と竜弦って腐れ縁の気安い仲だからな
アニメの死神図鑑は愚か、原作ですら一心が死神の力が戻った時に「似合うだろ」って竜弦に言うくらいだ
さすがにあの経緯で死神に戻った姿を自慢するのはどうなんだよ…って読者なら思うぞ
そして竜弦の「反吐が出る」も全く持ってその通りの感想である
>>
破面編で一心が死神に戻ってから竜弦に会いに行った時も、一心に対して憎々しい顔を向けずびっくりした顔をして「元に戻ったのか」っていうぐらいだからね。
善くも悪くも腐れ縁な感じなのがよく分かる。
お祖父さんって雨竜の回想にしか出てない?
>>
マユリが写真を出してる

最後まで孫の名前を呼んでいたのは、孫への心配なのか孫へ託した使命なのか……
言うならば宗弦は、ハリー・ポッターシリーズのダンブルドアに近い人なんだと思う。
敵の打倒の為なら周到かつ非情にも思える策も躊躇わないけど、肉親や教え子に対する愛情や申し訳なさもそれ以上にある感じで。
>>
目的の為に非情にはなろうとするんだろうけど感情を捨てきれず、ってのはホント血筋だとは思うよ
机の上の写真がアニメでしれっと雨竜と叶絵さんのツーショットに変わってたら爆笑する自信ある
>>
何でや、微笑ましい家族写真やろ!
>>
いや、こいつとうとう隠さなくなったなって… 元から隠せてない?それは…はい…
石田だけ滅却師のメインウエポンである弓の「弦」って名前ついてないの竜弦にも思うところがあったのかなって勘ぐっちゃうよね
>>
でもジジイが雨竜を滅却師にさせようとしてくる!
>>
そんでもって竜弦の「竜」の字を受け継がせる辺り、推して知るべし。
>>
竜の前に雨をつけたのは竜弦か叶絵か……。どっちにしてもあの雨の日の出来事が二人にとってどれだけ大きいかがわかるよ……。
>>
個人的な妄想は
【弦】のつく名前は嫌だな→竜弦
竜のつく名前にしよう→叶絵さん
じゃあ【雨】も一緒にして【雨竜】は?
みたいな
>>
明らかに片桐を意図しているであろう「雨」を与えて滅却師の「弦」を取るあたり、雨竜は愛されてるよな

竜弦は割とがっつり神を喰らう的な記号で名付けてる気がしてならん、あのおじいちゃんどんだけ見えざる帝国嫌いだったんだろう
竜≒堕天使≒異教の怪物≒西梢局の虚だろうし
>>
とはいえ自分にとってすら天敵である虚を意味する竜の名を息子につけるのはやっぱあの爺さんファンキーすぎる
竜弦が息子に雨竜と付けたのは滅却師を表す弦を継がせず、妻と結ばれた雨の日のようにしがらみから解放されて生きていくことを息子に望んだからなんだろうけど、宗弦が竜弦と名付けたのはどういう理由からなんだろうな?
滅却師の天敵は虚だけど、リバースロンドンにおける虚と同じポジションってドラゴンだから、もし宗弦が西梢局について知っていたのなら帝国に反逆する者としてのモチーフとして竜の字を与えたとかも考えられるなあ
>>
ドラゴンには神との敵対者の意味もある
神話の竜は神やそれに縁ある英雄に討伐される、この辺からとある魔術の説明やと一部の堕天使と同一視されとるって話もあるらしい
それとユーハバッハはクインシーの神ね
主観的に見ると優しくて頼りになって聡明なおじいちゃんだけど、客観的に見れば狸ジジイなのは、確かにダンブルドア校長やジョセフジョースターと同じタイプなんだよな・・・

クソジジイなんだけど善の為に行動してるから否定はできないタイプのクソジジイだわ
>>
あとクソジジイと詰れるのは今やこの世に2人だけ(竜と雨竜)で特に呼ぶ資格があるのは雨竜なんだけど、雨竜自身は特に宗弦のことをクソとか思ってないのは大事よ
自分が滅却師になるのが仕組まれてたと知ったとしても多分宗弦への親愛が変わることはないだろう
>>
自分がある程度仕組まれてたと知っても「それでもこの道を選んだのは僕の意思だ」って答えるだろうな
読者が考察すると宗弦のアレな部分しか見えないけど、雨竜は宗弦のそうじゃない部分、慕うに値する祖父の部分もたくさん見てるんだから
前から思ってたけど竜弦、見た目がクソ若いよな
BLEACHを最初読んだ時は、ちょうど竜弦が石田を助けるところだったんだけど、石田が呼び捨てにした時は兄か親戚かと思ったら父親を呼び捨てかと言った時はこの見た目で父親とかマジかよって驚いたよ
元死神の一心が順調に老けてるのに人間の竜弦が若々しいのも不思議の気分
帝国の滅却師と違って石田家は普通?の人間だよね(宗弦は順当に老けてるし)
>>
一心と高校生の真咲が出会ってから20年後が破面篇だから、真咲と同じ学校で先輩だだった竜弦は多分千年血戦篇でも40歳くらいのはず
芸能人とかだと40でも若々しい人沢山いるし、そこまで現実離れした外見ってわけでもなさそう
多分、雨竜を仕込むのが凄く早かったんだろうな……(ゲス顔)
>>
年齢的に何をどう見積もっても医大生の最中にパパになってるんだよな…
>>
でもこれに関しては本当に謎だよな
叶絵との間に生まれる石田は間違いなく混血統なのに、それでも子供を作った
普通に考えれば聖別の対象になるんだから早期に死ぬ
叶絵の死は避けられないとしても石田は聖別の対象にならないことを知っていた、もしくはなにかしらの対処を宗弦と竜弦はしていたのは確定なんだよな
>>
それが血装の修行をしないってことなんじゃね
純血やと修行せんでも持っとるってことはバッハ由来の力があれなんかもしれん
石田フィルターを通した状態の優しいおじいちゃんかマユリフィルターを通した可哀想な被害者しかしらんかったから
改めて読み直すとこの爺さん只者じゃなくて草
>>
静止の銀の効果は宗弦が竜弦に伝えたものだけど
静止の銀打ち込まれた時にユーハバッハが何だこれは…!って狼狽えているっていう
ユーハバッハすら知らない事を知っているとか爺ちゃん本当に何者だよ
>>
これを元から知ってた以上は宗弦もバッハの聖別で大切な人死んどるんかもしれんな
バッハって力回収する時もそもそもあったっぽいし、雨竜の祖母はその時の使用人やったんかもしれん
爺さんの愛はガチだっただろうし
ユーハバッハ潰すという想いもガチだったんだろうな
結果潰せたしな
>>
絶対実験体なんかにしないで丁重にもてなしたほうが有意義な研究成果くれたぞあの爺さん
聞いてんのかマユリ?
なんで見えざる帝国嫌いなんだと思ったが、可愛い姪っ子や身の回りのことしてくれる元使用人の義娘を奪われたら、そりゃ恨むわな
息子の名付けでだいたい察しただろうし……ブリーチの登場人物の行動理由考察は本当に面倒だな!!
>>
要約したら
奥さん奪ったバッハぶっ〇すの息子、
母さん奪って友達傷つけたバッハぶっ〇すの孫と比べたら
分かり辛ぇなこの爺さん!
>>
仮に帝国と訣別した宗弦が現世で石田家を立ち上げたのだとしたら、陛下打倒は石田家の総意だったろうしな
まああの豪邸を見る限り石田家は宗弦が生まれる何代も前、古くからあった由緒ある名家だとは思うが
爺さんもしかしたらわざと捕まった疑惑もあるからな
マユリが解剖するまでは予想外でも死神にクインシーの情報与えるためにやりそうなんよな
>>
死神が到着したのが爺さんが倒されて数時間後じゃなかったっけ?
前世がどれだけ普通でも今世で滅却師に産まれたら虚耐性0とかクソすぎない?
>>
滅却師って突然変異で生まれる物なのか?
石田家見る限り、前世関係なくちゃんと血筋で生まれると思うけど
あと虚耐性ゼロでもそれを補って余りある力が手に入るぞ(聖別といういつ起爆するか分からない最悪の爆弾付きだが…)
滅却師だけで食ってこうと思うんだ…とかも言わず自分の職業である医者に息子がなりたい、なんて言ったらウッキウキで学費出しちゃうよ。竜弦はきっと顔に出さずウッキウキで支援してる
>>
まあ仲違いが治った本編後は全面援助をしてるからな…
答.お前!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
大人んなってから読み返して初めて気づいて>>みたいな声出した