ほんこれ
誰やこの人
代表作なんや
>>
暗殺教室
脳噛ネウロ
お前は自分の作品の心配をしろ
>>
暗殺教室だけでお釣りが来るのにネウロを20巻以上売ってるんやから十分レジェンドやろ
若君やっておもろいし
もっと売れたワニや芥見真似た方がええ気がするけど作る側に影響与えてるのはタツキやね
>>
影響という名の同調圧力に感じるわ
流行のファッション身にしてないとダサいと思われちゃう、みたいな。
>>
BUMP OF CHICKENみたいな漫画やな
>>
作る側にめちゃくちゃ刺さったんだろうけど読む側には刺さってないんだよなぁ
>>
これは?



>>
はえ~よく似てる
>>
絵が鬼滅やな
これいつのやつ?
>>
ごめんちゃんと追ってなかったわ
でも鬼滅っぽいかと言われると違うと思う
売れる漫画は鬼滅だけど
真似したい漫画はチェーンソーマン言われててマジでそうなってるんやな
>>
鬼滅は作者のセンスが独特すぎてマネできない
表面上マネしやすいのがチェンソーってことやろ
鳥山明とか知名度考えたらフォロワー大量発生しそうやけどそうでもないよな
「~のパクリ」みたいのが生まれやすい作家としにくい作家があるんやろか
>>
鳥山明は上手すぎて真似できない
ほなマガジン持ってくわ…
>>
今のマガジンはラブコメ以外お断りやからタツキのパクリ持っていっても無駄やで
進撃がブームだった時は進撃もどきが大量に送られてきたらしい
新人賞なんて送られてくる大部分が流行り物のモノマネなんだろうな
>>
なんせジャンプが悔しくて進撃もどきやりまくって全部滑ったからな
>>
魔女の守り人連載させてる定期
昔の偉い人が言ってたしな

>>
こいつは新人時代から絵がうまいからこんなこといえる
>>
冨樫もほとんど同じこと言ってたな
村田の漫画研究所で


独創性のある漫画かあ…パクったろ!
>>
なんやったんやろあの吸血鬼漫画
>>
血盟のあとでこれはもうやる気ないやろ
>>
完全に蟲師
移り変わる時代

>>
漫画はすぐパクリ言われるのに
なろうだと何番煎じかもわからん作品がポンポンアニメ化されてんの理不尽だよね
>>
好きで見るやつが多いんとちゃうか
ワイ嫌いだが
>>
なろうはもう悪い意味で開き直ってるからなぁ








新世代の才能置いとくぞ
タツキはもう過去の人だから…
>>
一ノ瀬家一話はガチでおもろかったけど二話はあかんかったな
>>
こいつ常に顔が左右違ってて絵が苦手
尾田栄一郎「面白い漫画を描きたいなら舞台を見たり漫画以外のものを学びましょう」

手塚治虫「映画には漫画の全てが詰まってます!とにかく映画をたくさん見てください!」

今の新人に足りないのってこれやろな
>>
これはみんな言うよねぇ
>>
言うてタツキ見てたら映画の影響も受けてそうだけどなぁ
>>
今の新人が実践したら映画からパクって終わりやろ
>>
そんなことしなくていいぞ

>>
留美子にはかなわないな…
>>
サンキュー留美子
>>
つよい(確信)
>>
留美子に煽られたら何も言えねえわ
>>
たけし「おいら映画なんて全然見てないよ」
まっちゃん「はえー」

これに通ずるものを感じる
>>
藤子・F・不二雄『よく「漫画家になりたいなら漫画以外の遊びや恋愛に興じろ」だとか
「人並の人生経験に乏しい人は物書きには向いていない」だとか言われますが、
私の持っている漫画観は全く逆です。
人はゼロからストーリーを作ろうとする時に「思い出の冷蔵庫」を開けてしまう。
自分が人生で経験して、「冷蔵保存」しているものを漫画として消化しようとするのです。
それを由(よし)とする人もいますが、私はそれを創造行為の終着駅だと考えています。
家の冷蔵庫を開けてご覧なさい。ロブスターがありますか?多種多様なハーブ類がありますか?
近所のスーパーで買ってきた肉、野菜、チーズ、牛乳・・・
どの家の冷蔵庫も然して変わりません。
多くの『人並に人生を送った漫画家達』は
「でも、折角あるんだし勿体無い・・・」とそれらの食材で賄おうします。
思い出を引っ張り出して出来上がった料理は大抵がありふれた学校生活を舞台にした料理です。
しかし、退屈で鬱積した人生を送ってきた漫画家は違う。
人生経験自体が希薄で記憶を掘り出してもネタが無い。思い出の冷蔵庫に何も入ってない。
必然的に他所から食材を仕入れてくる羽目になる。
漫画制作でいうなら「資料収集/取材」ですね。
全てはそこから始まる。
その気になればロブスターどころじゃなく、世界各国を回って食材を仕入れる事も出来る。
つまり、漫画を体験ではなく緻密な取材に基づいて描こうとする。
ここから可能性は無限に広がるのです。私はそういう人が描いた漫画を支持したい。
卒なくこなす「人間優等生」よりも、殻に閉じこもってる落ちこぼれの漫画を読みたい。』
>>
Fはそりゃー文学からパクってるからな~
構図は映画
物語は文学
これが最強
>>
藤子不二雄はSFとか読みまくってるやろ
松井はやんわり注意するブラクロの作者を見習えよ

>>
既存作品(直球)
>>
こういう指摘のほうが苦しそう
>>
ブラクロの作者性格良さそうなところ垣間見えてるよな
>>
本当にタツキ1色で嫌気がさしたんやろな
>>
既存作品は草
>>
オブラートに包みすぎて講評がながやまこはるやんけ
>>
ペンネームまで影響受けてて草
>>
「君にしかできないもの」
>>
名前もタツキの影響受けてて草
>>
編集部評も同じようなこと言ってて草




>>
こんなんあったなw
>>
まんまで草
>>
二枚目はまんまチェンソーマンにありそう
>>
タツキさんこんなの描いてたんか!
ルリドラゴンの作者は尾田くんフォロワー









>>
尾田の真似してる内に
ふらいんぐうぃっちに至るのか…
>>
一周回って真島ヒロに似てて草
>>
凄いな










これ同じ作者なんよね
>>
色々混ざってる
>>
見にくいとこまで真似してるやん
>>
最後のページデクおるやん
>>
なんか色んな漫画を合体したような感じ
無個性

というかとりあえず刀持たせるのもうやめません?


尾田っちを見習え
>>
おだっちすごいね
>>
なるほど
>>
ホンマに自覚しとるんやな
>>
今は変わった性癖だねーですか…
さすが尾田っち


>>
原作も作画も違うのにここまで似るの草
>>
これくらいはっちゃけられると笑うわ