イオと比較して明らかにヤバい方向に突き進んじまった
まぁでもそうでもしないとやってらんなかったというのもわかるからなぁ
>>
ヤバいやつがなぜヤバくなったのか無視して切り捨てようとしても切り捨て返されるだけだからな
なんとかしようと思うなら相応労力がいる
やっぱ怖いっスね宗教は

コメノ=トギジ@Mahershalal_3

#ガンダム三昧地上降りてからのサンダーボルトはハード過ぎるぜ……

2020/05/06 17:46:09

>>
地獄のトライアングルやめてくれ……
>>
イオって戦争狂いのイカレ野郎と最初は思ってたが今振り返ってみると強い人間だったんだな
>>
学徒兵に使い捨てだと言い切ったりと、罪悪感を自分で背負おうとしてるところは今見返してもお辛いが、変な宗教に逃げるより遥かにまともだったな
>>
割と初期の頃からお坊ちゃんというか育ちの良さを見せるところはあって
自衛とか処世術とかで必要以上に露悪的に振る舞ってる部分が見えるから
真っ直ぐ育った親友2人は宗教堕ちした
>>
イオは戦前の士官学校卒業式あたりは育ちのいい陽キャの兄ちゃんて感じでマジで健全だったから、ジオンのサイド4侵攻と親父の自殺で幼馴染たちより一足先にメンタル保つための自己防衛的な姿勢身につけたのが結果的に宗教堕ちしなかった要因な気がする
>>
コーネリアスも言ってたけどイオなりに戦争の狂気に飲まれないようにああいう風に振舞ってたからね…
あそこで完全に力に魅入られて抜け出せなくなったのがダリル
いつのまにかジオンの奴らが皆カルトに取り込まれてたからな……
四肢切断して死兵になるパイロットが30人以上集まるの頭おかしいよ
>>
あれジオンだけじゃなくて元連邦の傷痍軍人も混じってるんだ…
思えばサイコザクに、圧倒的な暴力に魅せられてしまってから段々おかしくなり始めてたなダリル
>>
サンダーボルト宙域でイオと決着付けられなかったのデカいと思ってる
捕虜になったイオとの会話でトドメ刺された感じ
>>
失った手足よりも自由な身体を手に入れちゃったからな
マジでサイコ坊主と共に死んでくれとしか思えなくなっちまった……
アニメ見始めた時はサイコザク共々大好きだったのに……
>>
サンボルアニメ続編作って欲しいしパフェガンパオングのキットも出して欲しいけど例のアレに動きと声がつくのは見たくないという気持ちが二つある……
ダリルと比べて表情と感情豊かで良い人生を歩んでるんだろうなぁ…
>>
あーだめだめえっちすぎます
>>
そんな君にもっとえっちなの上げちゃう
>>
ふぅ…
>>
ホント最高だよねこのアオリ
単行本にないのが悔やまれるレベル
こんな姿など見たくなかった…
連邦サイドから南洋に流れる連中の数見てると、戦勝国の連邦サイドですら復員兵のケアなんてまともに行われてないんだろうなってのがサンダーボルトの末法感を強めてる
>>
サイコ坊主の唯一褒めても良い点は本当に食うに困ってる一般民衆の受け皿になった所だわ
>>
南洋はサイコ坊主が乗っ取る前から連邦を構成する自治体で、宗教団体が政治の基盤にもなってるから弱者救済は元からの方針なんじゃない?

サイコ坊主がサイコ坊主になったのもサンダーボルト宙域以降で、それまでは不治の病由来の終活目的で出家した若い僧侶に過ぎなくて、教団の立場を転換させるくらいのカリスマ性も立場もなかったろうし。

連邦の一部として宗教共同体築いてた南洋にとってはサイコ坊主は何一つ益する事も無かった外から来たガン細胞だと思う。
ぶっちゃけコーネリアスって1巻の時点で入信済みだったのか?
>>
演技で人殺した時の博士の叫びが忘れられないとか言ってたしその時点では人間だったはず
>>
サイコ坊主がアナハイムに一発かましてやろうと決意したのサイコザクと言う手段が手に入ったからでその為の手駒を集めるために行動開始してたから1~3巻時点では真人間
>>
ジオンの船に乗り込んだ時に会話でわかりあおうとしてたジオン兵が味方のサーベルで消し飛んだのがトラウマでそこから入信してるっぽいからあの時点では入ってないと思われる
>>
多分地球に降りてからイオがスパルタンに配属されるまでの間だな
時系列的にはあのへんからサイコ坊主覚醒だろうから、それ以前はあいつもニュータイプ能力で洗脳とかする必然性が無いし
改めて読み返すとMS戦闘狂に見えて序盤からイオは一貫して自分のスタイルを貫いてただけなんだよな

2巻への学徒兵への出撃前の台詞とかメチャクチャマトモなこと言ってるし
>>
「我々MS部隊はサンダーボルト宙域奪還の先鋒として、24:00に作戦行動を開始する。
宙域の最深部には敵スナイパー部隊が残存兵力で薄い防衛ラインを引いているだろう…これを突破し、敵艦隊中央へFAガンダムを無キズで導くことがおまえ達の任務だ。
おまえ達は俺の盾になれ。…俺は途中の散発的な戦闘には加わらない。雑魚の相手はおまえ達に任せる。
FAガンダムの任務は温存した火力で敵艦隊を全て沈めることと…敵エーススナイパーの排除だ。」

「ここは…人を多く殺した奴が英雄と讃えられる異常な世界だ。
平和な日常とのギャップに悩む奴も多いが…志願して、望んで戦争をやりに来るバカもいる…
モビルスーツって巨大兵器を自在に操る快感に魅せられ、戦場にしかない鈍い輝きが見たくて極限まで死の淵へ近づく…そんなロクデナシの集まりなのさ。」

「どいつもこいつも…巨大な力を持つことを望み、巨大な破壊を見たいと望む。
戦争を終わらせるための作戦を立てては戦い続ける…そんな無限ループはきっと永遠に終わりゃしない。
プレイヤーは入れ替わっても戦争って名のセッションは永遠に続くのさ。
どんなに耳を塞いでも逃げられやしない……」

「俺はモビルスーツが好きだ! 戦闘も…宇宙を駆け巡るのも!
どうしようもなく好きで全身が沸騰する程好きだ!! こいつがどれ程業が深く罪深くても知ったことか!!
俺を縛る柵の全てにケリ入れて…地獄に落ちる最後の瞬間まで自分の命を賭けて戦い尽くしてやる!!」

「あばよ同じ消耗品の弟妹達!!
未成年だろうと関係ねえ! 生き残ったら…共に乾杯だ!!」

序盤からしてイオは全然クレイジーじゃないんだよ。むしろモビルスーツに乗ることに魅せられている自分を客観視して、ずっと戦争の狂気に飲まれまいとしてる。
逆に自ら進んで戦争の狂気に飲み込まれていったのがダリルって感じだからやっぱり真逆なんだよなこの二人は。
>>
学徒兵達を盾にしたと言われるけどこれはむしろ変に隠し立てせずに全員生き残れるわけではないと伝えた上で生き残れと言っているんだよね。それが戦後になって変に曲解されてマイナスイメージになっているのはおつらい…。
もう今のサンダーボルトは、イオとリリーが生き残って幸せになってくれることだけを願って読んでるところはある
ダリルはもうなんか救えないところに行ってしまった感がヤバい。色んな意味で無敵の人というか、失うものがないゆえの強さというか
>>
今のダリルがもしカーラかサイコ・ザク、レヴァンフウで天秤にかけられたらどっち取るんだろうな…
>>
ちなみにサンダーボルトの最終回は
全ての因縁に決着をつけた後にイオがこのセリフを言って連載終了
最初はダリル好きやったんやけどなぁ
サイコ坊主が出てきてからは無理や
>>
読み返すと地上に降りてからのダリルはサイコ坊主に出会う前からサイコ・ザクに取り憑かれたマジキチだからな

サンダーボルト宙域での出撃前にカーラ教授の身の上とか心情聞いてサイコ・ザク復活の為にカーラ教授を治して再度サイコ・ザクを作らせようとするくらいにはあの時点でクソ野郎だよ
>>
ダリルを誑かす事が目的でサイコザクの幻影見せたら第一声が「俺にサイコザクをくれるのか?」だったからな
完全に暴力に憑りつかれてんよ。そこに正義の為だと吹き込めばご覧のあり様よ
パーフェクトガンダムとブラウ・ブロに乗って更におかしくなっている感じがする
>>
初期型サイコミュなんて触れたら精神的な感覚弄られてるようなもんだから、そら頭狂うよ
NTの負担やストレスに二人で支え合って、互いの肯定出来てるイオとリリーはともかく
一人で戦ってるダリルは早々潰れるんじゃね?

その辺をサイコ坊主が支えてるのか…?
>>
サイコ坊主が宇宙に行ってからニュータイプ能力絶好調なのにも影響受けてそう
>>
翔べ、ガンダムじゃねえよな
>>
ひでえw
>>
アムロに叩っ切られろ
>>
刹那さんブチギレだぞこんなの
>>
もうこれガンダムへの尊厳破壊だろ
アライアンスだと鉄華団といい感じの絡みしていたなイオ
ダリルは阿頼耶識にびっくりしていたけど
>>
ミカが聞いたら流石に手足切り落とすのはないよとか言いそう
図に乗ってる感がどうにもね
>>
脅してるんだからカッコつけないと行けない場面ですし…
>>
ニュータイプに覚醒したのもサイコ坊主とカーラ教授の内面を覗いてしまう前フリにしかもう思えない
南洋同盟のベンソンファミリーとかマーメイド隊とかのモブキャラは結構好きなんだけどなぁ全員いい人っぽいのに宗教にどっぷりでなぁ
良い人だからこそサイコブッタに利用されたのかな
>>
フィッシャーの仲間の傷痍軍人系は家族抱えてるのに生活破綻したガチ底辺が多いんで、元から生活含めて宗派への依存度が高いのもあるだろうな
>>
障害補償用の技術が出るのもだいぶ先だしな
時代の狂気に飲み込まれてしまったのが…
まだ途中までしか読んでないけどサイコ坊主って内面についてカス描写ってされてんの?行動は置いといて
>>
作中ではっきりと本人が私怨からくる復讐だと認めた
>>
第三者介しない精神空間で相手の医師や技術者としての能力ごと必要で思想抜きに利害関係共通してそうなカーラ教授にだけは本心打ち明けてる
>>
ただカーラはカーラでダリルとは別方向だがイッチャってる感じなのがな
>>
彼氏も彼女も人としてもうダメだろう。まあお似合いな二人とは言えるかも知れないが
NTのダリルが戦いに呑まれて、OTのイオが仲間の力で復活するって構図よ……
>>
でも円陣組んでウィーアートラスト!してるところはこれからこの人たちが消えて曇りますって予告に見えてしまったんだ。
イオが失うものなくなったから補充されたのかなって。
ゲスの勘ぐりな杞憂であってほしい。
>>
1stへのリスペクトは忘れないと思うから、イオとトラスト隊でアバオアクー脱出のオマージュとかやって綺麗に締めてくれるんじゃないかと期待はしてる
サンダーボルトのNTはどうも思考の表層にしか触れられないっぽいんだよな
だからサイコ坊主はモニカの愛が信じられなかったし、南洋の信徒達はサイコ坊主を疑えない

にも拘わらず半人前の強化人間のリリーとOTのイオが心の底で繋がってるのは皮肉よね
>>
皮肉なことに便利さで言えばそっちのが上なのよね
>>
ババアの愛情自体がニュータイプ能力開発を前提にした研究者のエゴ含んだものだから何処まで真正面から受け止めていいんかわからんけどね

底まで覗いた結果が実験動物への憐憫含んだ愛情だったなら見限るには十分だし、サンダーボルト作中ではサイコ坊主の内面覗けるほど強力なニュータイプなんて他にいないからサイコ坊主の心情なんて本人が語らない限り基本誰もいない
>>
あんな描写されてるのに疑ってしまうのもなぁ
何よりニュータイプとしてかなり優秀っぽいダリルがレヴァンの裏(私怨)を読めない時点でサンボルNTは正史のそれと違うものか、外伝故にあれでも本家のニュータイプには及ばないって描写なのかなと
>>
ダリルの戦う理由は最早暴力(サイコザク)を振るいたいだけになってたから
サイコ坊主さんのお題目だけで十分、私怨なんてもうどうでもいいんじゃね?
>>
それなら勘づいてる風な描写が入る気はする
何のためのニュータイプ能力だって話にもなるしメタ的にはカーラの役回りと被ることにもなる
どんだけ飲んでも酔えなかったイオと一杯注がれて酔っぱらたままのダリルって対比なんじゃないかとは
必死に狂おうとしてたイオが周りのナチュラル狂人たちのせいでどんどんスンッってなってたのが草だった
>>
結局本物には勝てないんやなって…
実はダリルはNTじゃない説・・・流石に無いか
>>
ニュータイプとはなんぞやってのを踏まえれば有りだとは思う。
サイコミュを操れる超能力者であっても本来の意味のわかりあえるひととかではないという感じの。
なんというか天然の強化人間というか。
>>
天然の強化人間ってのはなんか自分敵にもなる程って思った
なんというかダリルは原作本来の意味でNTではないってのはイメージされてる気もする