カメレオンデッキはまさかアニメで60枚デッキやるとは…ってめちゃくちゃビックリした
卒業デュエルのクロノス先生
やっぱ伊達に校長兼実技担当してねぇなって思った
>>
ごめん誤字った
恩返しデュエルだった
トリプルトラップ無限ループ
>>
>>
ルール説明把握からの初手時点でキートラップに目を落とすシーンがあるからルール聞いた時点でループを思いついていた相棒のエグさよ
プレイングかというと微妙なんだけど
遊矢以上にオッドアイズを使いこなせる自信がなくなった
↓主人公が敢えて攻撃しなかったせいでリソースが溜まらずプラン全部崩壊したラスボス
>>
実践経験豊富な主人公とほぼ一人回ししかやった事ない奴ではプレイングに差が出るのもやむなし
>>
戦略が面白そうと思ったんだけど何て作品?
>>
selector infected WIXOSS(ウィクロス)
>>
一切のルール説明がないから9割くらい何やってるかわからんアニメ来たな……
これで面白いから不思議だ
ヒロインが主人公の元最終エースとボスのエースを同時に踏み倒した時は驚いたわ
ラッシュはゲーム性がシンプルな故、展開の煮詰まった中盤以降はプレイングが光る試合が多かった
画像は好きな試合
>>
ルークのことのはソリティアとかゲーム性がシンプルなラッシュだからこそ映えていて好きセブンスは中盤のマグナムオーバーロード連打以外は総じてデュエルのレベル高いと思うわ
第六天魔王がブロック後フラッシュタイミングの絶甲氷盾コストでスピリットを消滅させて連刃を回避したとこ。まだバトスピ始めたてだったからはえ〜そうなんだって思った
>>
ミラージュの方でヴァルトも似たようなことしてたし、バトスピだと自壊はよくあるっちゃよくあるけどマジックの使用コストとかにして相手の効果を上手くすり抜けてると感心するよね。
ルーク対グルグル
ラッシュデュエルってソリティアが難しいルールで相手の墓地を戻すカードを使い回して勝つのはマジでプレイング上手かった
>>
あれ大半は実在するカードなんで現実でもほぼ再現できるところがポイント高いと思う
>>
ピンポイントカードの極地みたいなゼロインフィニティを使うの痺れたわ
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
>>
これだけでわかるのすき
1体目のタフロイドでいい感じにデッキボトム操作できたから予備の2体目の効果を使わず、次に瓦バーンで確定状態のデッキボトムでダメージを与えてデッキトップを固定、最後の疾風迅雷のデッキトップ参照効果と相手のデッキをフルにコントロールしたバクローのタクティクスには感心した
>>
最初の5枚をネタにして何度も使い回したりデッキの中身を暴くの記者って感じがしていいよね

バクローはラッシュデュエルを「僕でも簡単にルールを把握できる底の浅い内容」と批判してたが作中で初めて最上級を複数並べたりプレイングが兎も角上手いから視聴者から「底が浅いんじゃなくてお前が強いだけ」とかネタにされてた
敵のチート込みの回ならOCG時代の遊戯王からも2つ
・上振れ強カードを超能力で任意サーチできる敵(上の怪人)に対して、その上振れ札の発動条件を満たせない盤面を悟られずに作り上げて超能力を事故札サーチの自滅行為にさせる
・LP2000ペナルティを代償に無限に勝負を繰り返そうとする敵(下の男)に対して、ペナルティと合わせて開始時にLP尽きる盤面にする
>>
上はここまで見事にハメられた側が勝ってるのが凄い
2対1でこんな流れになったら完全に負ける流れだと思うじゃん
>>
悪役を自らの不正で自爆させる系のシチュは5Dsでも鼻毛所長の手札盗み見を逆手にとって伏せカード誤認させたのがあったな
プレイングとは違うが、バディファイト1期のシャッフル論は「アニメでこの話をするのか!」と当時感心したな。お互いの信頼の為にデッキをシャッフルするって話。
>>
パンドラもそう思います
ヘルカイザーの融合解除
今じゃ融合解除して素材で追加攻撃なんて当たり前だけど、当時はマジで衝撃的だった
>>
翔「融合…解除…」の絶望感いいよね
>>
一応先駆けはカイバーマンのエッジハンマー避けからの粉砕玉砕大喝采だっけ
>>
BCでは融合解除が敗因になった究極竜が勝因になる流れは美しい
グルグル戦のルークは他人のデッキでソリティアしてみせたのが凄い
どれだけ遊我のデッキへの理解度が高いんだ
>>
最終回とか100%理解して1000%の勝利を作ったからな……
>>
故に1%の逆転が生まれるんだよね…
勝太VS博士
シールドにクロックブロッカー三体というほぼ無敵の状態をドギラゴンの無限攻撃とダイハードの焼却能力で打ち破ったのは当時痺れた。
個人的ベストバイト試合。
プレイングじゃないけど
Q相手がアニメチートカードで盤面を固めたぞ、どうする?
A公式チート級カードで薙ぎ払う。
はとっても好き
>>
ジーク戦だと最後にか魂の解放→異次元からの埋葬で決める流れも好き
アニオリチートカードを極力OCGのカードで対処する展開が多いから面白いんだよなKCグランプリ編
>>
俺の魔法カードの宣言枚数は4枚!からの流れ狂おしいほどすき
ベクターVSメラグ・ドルベのディストーションクリスタル
正直自分も騙されかけたしそれを見破ったドン・サウザンドのラスボスとしての期待値を上げる見事な駆け引きだったと思う
プレイングというかメンタルだけど、ナッシュ戦で遊馬がダブルアップチャンスを使わなかった時
そういう奴だって分かっていたのにな……
>>
希望と絆を信じて勝ちを目指さないからこそ勝ててしまったのいいよね
あれほど皮肉で悲しい勝利は早々ない、しかも遊馬ならそうするよなっていう説得力がすごい
5D’sムクロの
ジ・エンド・オブ・ストームからのスピード・キング

単純だけど綺麗で強いコンボ
>>
もう見るのやめよっかなと思ってたところにいきなり超面白い決闘が来て思いとどまったんだよな俺
骸さんには心から感謝してる
攻撃力100000となると∞になるとかオネスト効果で上回るのが関の山と思ってたから攻撃力上昇を繰り返して無理矢理上回ったのにはまいったね