念獣の性質から性格が察せられて悲しくなる
何やってんだハンゾーちゃんと守ってやってくれよ…
下位王子の中では唯一王になるって意識してるからカキン王族の中では教育に成功してるのか
>>
たしかに王目線の考え方だった
あの母親が教育したのだろうか
>>
母親が弟ばかりに構い本人は実質教育係に育てられてたなら哀しいな
>>
愛してもらえないけど自分は王になるために仕方ないんだみたいに思い込んでただけなんじゃねえかな…
>>
>>
切ない……
>>
哀しいなぁ…
いやマジでかなしい…
>>
この護衛二人ご飯の心配してくれるの優しい
優しい…
>>
殺したのこの二人の片方だっけ?
>>
犯人はこいつ
>>
しかし警護全員から殺意持たれてた悲しさ
>>
モモゼに救いはないんか…?
オイトが泣いてくれたのだけが救い
逆に言えばそこしか救いがない…
>>
ハゲも悲しんでくれたし…
>>
本気で後悔したから仇を打ったのは分かるけど、そもそも後悔する前に頑張って欲しかったんだよなぁ…
お前にはセンリツみたいな活躍を期待してたんだ…
>>
センリツが護衛してた王子はどうなりましたかね……
>>
あれはぶっちゃけ不慮の事故だし念獣が生きているのでセーフ
こんな可愛いのに
一応女でも男でも王子よびだけど弟ばかり可愛がる母親からしたらやっぱり男の方が王位継承権有利と思ってたのかね
>>
純粋に息子のが可愛いんだと思う
初見は穏健派だと思ってたけど結構好戦的?だった娘
>>
上目線というか見下ろす立場の心の声でちょっとびっくりした
王位継承とか関係なく娘より息子を可愛がるタイプの母親だったんだろう
優先順位は息子>>>娘だけど、娘を嫌ってるわけじゃないからモモゼの死には取り乱したのでは
>>
手のかからない子だったのもあったのかな
コネも力も無いのに自分は王の器と思い込んでた小娘でしかなかった
>>
というかそう思ってた方が気が楽だったってのはあると思う。上で言われてる通り親から…ね
手のかからない子を冷遇してるんだけど、
その実ちゃんと愛情もあるから
冷遇してることに気づけないタイプの親よね
>>
王族と言えどわりとよくいるタイプの親か
>>
モモゼが姉である以上はマラヤームが存在しない母一人子一人の時期もあったはずだからな
なまじ物分りがいいから手の掛かる幼児が下にできてからは放置されてきたんだろうなって
モモゼ王子に拙いながらも料理を作って「ありがとう、とても美味しいわ」って微笑まれて「ああ、この人は絶対に俺が守ろう」と決意したいだけの人生だった
その後死ぬのも込みでお願いします
>>
>>
うっかりヒマと言ってしまいそうな可愛さが怖い
ハンゾーを責めすぎるのも酷だが、担当がクラピカやセンリツだったのならもうちょっと長く生きられたんじゃないかなって思っちゃうんだよな
>>
ハンゾーは良くも悪くも仕事の比率の方が高いからな…
センリツクラピカは情を優先してくれるってだけでどっちが良い悪いじゃないけどモモゼのこと考えるたびに悲しくなる
読み返してみるとおかしくね?となったコマ
>>
母に手を繋がれて周りにはたくさん人がいるマラヤーム
ひとりできちんと手を降って王族っぽく振る舞うモモゼ
うわぁ…
>>
うぉぉ……何度も読んでるはずなのに初めて気付いた……。
マジで……ほんま……マジかよ……。
この子の念獣のせいで第14王子の護衛の小動物を操る能力者や長距離移動ができる能力者が退場したのよね…

そしてその能力使用に伴う疲労(上の画像にある、今日はなんだか疲れたわ。がソレ)で睡眠中に亡くなる
無常にもほどがある
>>
サイールドはもし殺人の罪で極刑になっちゃったらあの世でモモゼに怒ってもいいとは思う。
あんまりヒマヒマしつこいから霊獣の話に付き合ってあげようとしたら仲間殺しさせられたとか可哀相すぎる。
>>
カチョウ死亡時の描写から継承戦に敗北した王子達の魂は壺に封印されてるという考察がある
それが本当ならモモゼとあの世で会うことはなさそう
体格差めっちゃあるのがエグい
>>
念能力が犯人なら苦しまず即死できたよね
>>
こんなの見てしまったらそりゃオイト王妃も声出すよ、なエグい光景
後悔
>>
手のかからない子だから大丈夫と思ってたら護衛に暗殺されました
こんなんトラウマになるわ
弟の念獣が姉の死でパワーアップしてるあたり弟自身は姉を思ってたりしたのかな
>>
怖がってるだけだと思われ
>>
母親からも亡くなったことを悲しまれてるし3人の間で無意識に家族の情を抱いてたのは間違いないと思う
それを自覚する前に一人死んじゃったけど
>>
母親のストレスを感じてるだけじゃないかな

これならワプル君と同室にする方がよかったね。
暗殺者の方が多いことになってしまうけど……
>>
むしろハンターもいるから抑止力としてはいいんじゃないか?
モモゼの死因って警護兵でも敵対派閥の6人の警護だけ残したことだし
結果的に敵派閥の警護を取り除けてるから戦略的には成功だな…
>>
こっわ…
その上守護霊獣で引き籠もり生活+ビスケハンゾーと優秀なボディーガード付き+安全地帯で修行中だから、現状一番安定してるよね
これでハンゾーゴミみたいに言ってる人見たけどあの時点でハンゾーにできることなかったろ…
>>
残す6人の中に俺も入れてもらっていースか? するぐらいかなあ
>>
そもそもクラピカと違って上位の王子から派遣されてるなんて知らないししゃあないよね
>>
ハンゾーなら6人来てもまとめて太刀打ち出来そうだしな。王女と忍びの身分差コンビ見たかったな
結果的にスパイは排除出来て弟は安全になってるな
>>
狙ってやったらな大したもんだ
普通なら遠ざけられない上位王子からのスパイ全部排除できてる
モモゼママの性格がイヤ~なリアリティなんだよな…
子供の扱いに差をつけてかまってない方の子に問題が起きたら、こんなことする子だと思わなかったあんな事故起きると思わなかったって言う感じ
まぁ弟まだ小さいからある程度は仕方ないし、まだ何か背景があるかもだけど
>>
でも愛してなかったわけじゃないってのがまた現実臭い
単純に育児って凄く大変なのでしっかり者は放置しがちになるのは仕方ない面もあるから余計にね

王族なんだから○母とかおらんかったんですか?
>>
子育ては自分でしたいと考える庶民派の母だったのかも
娘の趣味が編み物で息子はハムスターの飼育だし
この一家は普通に慎ましい暮らししてる方が似合いそうなイメージ
>>
弟小さいからママがつきっきりなのは分かる
娘の護衛奪っていくのは殺す気としか思えない
>>
子供が一番先に狙われて本当に殺されると思ってなかったんじゃない?
>>
継承戦が必死のサバイバルとは思ってなかった人らもそれなりにいたみたいなんで……