どうみても主人公とヒロイン逆じゃねーか!
>>
何回見てもキュン…ってしてる顔に見えるここのスレッタ
性格以外完璧な女
>>
むしろ中身こそ完璧な女だよ、度胸も勇敢さも賢さもある
今回で本当に守りたい人のためにくだらないプライドを捨てる柔軟さも手に入れた
部屋が残念なだけだ
>>
言葉遣いが荒いだけで性格はかなり良いよ
ヒーローのために自分を犠牲にしてでもそれを護ろうとするのはヒロインのお約束だろぉ!?
性格以外完璧な女
>>
むしろ中身こそ完璧な女だよ、度胸も勇敢さも賢さもある
今回で本当に守りたい人のためにくだらないプライドを捨てる柔軟さも手に入れた
部屋が残念なだけだ
>>
言葉遣いが荒いだけで性格はかなり良いよ
いくら呼んでも来ないママンと颯爽と駆けつけるミオリネの対比が全てよ
>>
ああ…今後の分岐点になるわけか…
ミオリネが助けてくれるなんて露ほども思わなかっただろうからなスレッタ
ヒロインとは女性のヒーローを指して使われる場合もある
つまりミオリネはそれ
>>
というかそれが本来の意味
何故か日本ではいつの間にか主人公の恋愛対象という意味になってしまっている
今の所登場キャラの中で一番ミオリネがヒーロー感ある
>>
の意見にもあるけど女主人公的な意味のヒロインって印象だミオリネは

呪縛から解き放たれるのがテーマなら現在真っ向から立ち向かってるのミオリネぐらいだし
どちらかというと母と娘
高慢で自分勝手な態度取るけど娘には甘いの父親そっくり
>>
母と娘って感じが強すぎて
百合感薄い
別にどうしても恋愛的な百合を求めてるというわけでは
ないからこの関係もありっちゃありだけど
サポートキャラ続けるんだろうなぁと思ってたらなんかどえらい責任背負い出したよこのお嬢さん!
「守るわよ 私が あんたを」

カッコ良すぎんだろ
>>
これは最高にカッコ良いい倒置法
>>
自分にとって一番都合のいいホルダーだから守るってんじゃないのカッコよすぎる
スレッタにとってエアリアルが大事な家族だから、そういう「スレッタ」を守るの、損得勘定だけじゃありえないもんな
報われないって言ってる人もいるけど
スレッタだって友人だとは思ってるし感謝もするだろう
恋愛的な意味なら双方まだその段階じゃないと思う
>>
友人としてもちょっと献身の量がミオリネ側に多すぎてバランス危ういなって…
>>
つまり今後スレッタのターンがあるってことだろ
>>
今回でミオリネが友人としては度が越したことしたからな…会社作るってお前…地球にも生きづらくなってるし…
もう地球目指して脱走するまでのうわべだけ・形式だけの関係でいいとは思ってないよね
義理立てというにはあまりに肩入れしすぎている ミオミオの責任がドンドン重くなっていく
>>
友人?親友?どっちもしっくりこなかったんだけど母親からの無償の愛っぽいって言われたらしっくり来たわ。めちゃくちゃ重いけど。
思ったより矢印が大きかった
>>
お母さん(プロスペラ)があの通りだからミオリネに母親成分を出してるのも意図的なキャラ造形だよね
4話の演技指導でそのまんま「公園のお母さん」指定されてるし
お母さんとミオリネさん会ったことあるの?ってセリフ差し込んでたしスレッタがミオリネの献身を知らないって描写は意図的に描いてると思う
>>
スレッタが常にいっぱいいっぱいのせいもあるけど、意図的にミオリネのサポートの恩恵を自覚させてないよね
>>
他の方も書かれているけど、本当にお母さんみたいだよね。ミオリネ
ミオリネはスレッタの母になってくれる存在だ
>>
何度もやり直した再試験の時の叱咤といい、スレッタの真実の母親ってミオリネになっていくんでは…?
>>
ミオリネさんは、私の本当のお母さんになってくれる人です!
強いて言うならOP映像はヒロインやってる
ガンダム製造業に手を出すのは控えめに言って破滅フラグ過ぎる
>>
魔女として火炙りがスレッタだけでは済まなくなったな
>>
本当にエアリアルが呪いを克服したとかじゃない限りお先真っ暗よね
>>
つまりそこをスレッタが救えばうおおおおおお!!
正直どうしてスレッタにそこまでしてあげるの?って違和感が常にある
確かに一話で助けてもらったけどそれにしたってそこまでしてあげる程の相手なのか?って思ってしまう
>>
ミオリネ自体が義理堅い性格だから?
協力関係である以上こっちに協力してもらうが
スレッタのピンチは絶対助ける
みたいな?
>>
いくら義理堅いお人好しな性格でも人生賭けて地球行きを諦めるほどまで?ってなってしまう
>>
じゃあミオリネがスレッタのことを好きってのが理由じゃダメか?
>>
その地球行きも父親から逃げるためでそこまで重要視してなかったのか?
それとも今回の件で逃げるために地球に行くのではなく
認めさせた上で堂々と地球に行くことを選んだのか
>>
基本的に見捨てられない性格なのと、なまじ実力がありすぎて無理な状況を打開できてしまうのもあると思う
要はリスクはあるけどできるからどんどん突き進んでる
普通は諦めるところを、諦めない精神力と諦めずに解決できる力があるのがいけない
>>
そこに進めば2つの精神が入っちゃったからね…
この時「守って」くれたこと、表面には全く出ないけどミオリネさんは嬉しかったのかな
>>
このときまで「もの」扱いを受けてるからね
グエルの派閥じゃない人間がミオリネと真っ当に仲良くしようもんなら一話までのグエルなら何するかわかったもんじゃないし
そんなときに自分のために怒ってくれたのがスレッタなんだ
スレッタが助けてくれた1話目が人生で一番嬉しかった回想来るかもね
>>
ボディーガード?すら
グエルが暴れていても知らん顔だったものね
これまでもミオリネが助けて欲しいとおもう場面でも誰も助けてくれなかったんだろう
そりゃ自分でなんとかする!って性格にもなる
そんな状況で震えながらも助けてくれたのがスレッタだったんだ
恋愛じゃなくても矢印でかくなる
自分から契約を持ちかけたからには絶対に裏切らない、困っていたら助けるって信念があるんじゃないかな?いろいろ危うい事やってはいるけど、スレッタ自身の過失でホルダーを失った事は1度もないからね
スレッタにとっての契約と、ミオリネにとっての契約はおそらく重さが違う。
>>
スレッタとしては契約なんて堅苦しい言葉使われると打算なのかな?って距離を感じるので、ミオリネの献身に気づかない
逆にミオリネは契約って言葉を使わずに献身的になれるほど打算のない交友関係を気付けてなかった
って感じだと思われる。要は価値観の相違よ
確かに重いんだけどミオリネ→スレッタが恋愛には見えん
>>
ミオリネ→スレッタってお母さんの愛情っぽい
>>
恋愛じゃなくてもいいよ
主ヒロの関係が恋愛である必要はない
そのうえで現状ミオリネが自分の夢よりもスレッタを優先して献身してるって話
ミオリネが重いっていうか、スレッタの周りが厄ネタすぎて助けようとすると必然重いレベルの行動力を要されるというか
>>
これだわ

なんだよスレッタは!!セカイ系ヒロインかよ!!!
>>
あーそれだー!!
>>
・母親がこの世界(企業)のトップに復讐を考えている
・本人の生まれがどう考えても厄ネタ
・乗ってる愛機も世界の敵認定レベルの厄ネタ
もうセカイ系ヒロインでいいんじゃね
なんかもう
どっちが花嫁でどっちが花婿だっけ?
ってなってきた
>>
そもそも花嫁ってのはミオリネの性別が基準であって、花婿はその相手って意味でしかないからなぁ
2話で地球行き蹴った時もカッコよかったけどまたチャンス伺うのかな、って思ってた
今回会社設立して地球行きが遠い未来になってしまってそれでもスレッタとその家族を守りたかったのイケメンすぎる
尽くしたい人にはとことん尽くすタイプだこの子…
>>
そう言えばミオリネの地球行き3回ともスレッタに阻止されてるな
水星の重力に惹かれてるのか
>>
完全に魔女じゃんスレッタ…
ミオリネは遠坂系の例えあったけどスレッタは桜系……?
>>
士郎(自身の厄ネタに無自覚)と桜(環境が最悪)のハイブリッドかなぁ
>>
なんで一番悪いところが組み合わさってるの…
経営戦略科トップ成績設定の使い所がすごい
>>
バケモノで草
1人で何とかできるラインが高すぎる
ミオリネってプレゼンとかしてたわけだけどいつ動画編集とかしてたの?
あんな短時間だと無理じゃない?
>>
いかにも手書きだったからあの場で急遽作ったものだと思う
>>
事前にこんなことが起こるなんてわかるわけないから多分本当に即興でやってる
これ
これが全て
>>
強い
スレッタバトル以外だと主人公としてはあんま良いところがないっうか
男主人公だったらアホほど叩かれてたんだろうなって思いながら見てる
>>
お母さんからの扱われ方も含めてシンプルな主人公の生い立ちって感じしてないよね

ある種の幼さを意図的に残されているというか
>>
でもスレッタは女主人公として作られてるからなあ
4号関連とかわかりやすくそうだし
>>
それでも現状では「結局世界の闇には勝てなかったよ……空回っちゃってるよこの子」で止まってしまってるから
そろそろスレッタの戦闘以外での主人公らしいところ見せてほしい
>>
結果としてエラン4号が死んだだけで、あのまま仲間入りしてたら無茶苦茶主人公ムーブだぞ
主人公ムーブをおそらく意図的にシナリオに殺されてるんだわ
本人が気付いて無いだけで、実は囚われのお姫様はスレッタだった……?
>>
実はも何もずっと囚われてるよ色んなしがらみに
正直OPの歌詞のおかげでここまで視聴出来てるところあるよ
>>
4号みたいに失ってしまうものもあるだろうけど、それ以上に掴めるものもある、っていう応援歌だからね
>>
あの歌詞でビターエンドにはならないという確信があるからな
エアリアルとのお別れは不可避な気もするが
つまり逃げれば一つ、進めば二つ。のお母さんの言葉を、ミオリネの言葉としてスレッタの中で書き換えて、プロスペラに反逆すると
>>
反逆ってか、独立?

逃げたら〜に代わる言葉が出てくるかもね。
それこそ7話で「背筋を伸ばす!」で前に進んだのはそういうことかも。
たまたまかもしれないけど、今までなら逃げたら〜を唱えてたような気もする
>>
たまたま拾った支える味方(ミオリネ)がSSSレアすぎません?
>>
それをいったらエアリアルとスレッタもミオリネにとってはSSSだよ
実際スレッタの強さの上に成り立ってる
だから一旦親の枠組みで作られた花嫁と花婿の関係を清算して二人の関係を作っていく必要があると思うんですよね
>>
これはマジで必要
それとミオリネの誕生日に結婚っていうイベントとんでもないこと起きそうで怖い
一緒に寝た時にスレッタの夢聞いて「偉いね、あんた」って言ってたけどあそこが実はクリティカルだったのかなミオリネさん
>>
「他人のために」ってのが眩しくうつったとか?

7話で「あれ、このお母さん本当にいいお母さんか?」って疑念は抱いてたし、
「この子が水星のために頑張ったところでじゃない!」ってまたダメージくらいそうなのが……いいよね