寝てすらねぇだろ!
>>
4号なら行っても許す(号泣)
ぶっちゃけエラン様スレッタにそこまで興味無さそうでは…?
>>
現時点ではスパイファミリーのアーニャのダミアンに対するレベルの本人自体はどうでも良い感じだろう
NTRでもBSSでもないよな……
推しカプの片方が知らないうちに別キャラに置き換えられたのってどう表現すればいいんだ?
>>
言葉はないけど稀によくあるパターンよね
>>
藍染された
わりとガチで自分で思ってた以上に辛いんだが
>>
予想していた展開のひとつではあるんだけど
実際にやられると本当にきつい
座り方で別人だって認識できちゃうの辛い好き
>>
そういえばスレッタはエラン4号が座ってるの見た事ないんだよね
スレッタが自分の知ってるエランじゃないと気づくと謎の確信してたから
まるで気づくことなく偽物に頬染めて4号の死に誰も気づかないまま終わるなんて思わなかった
だからダメージ受けてる
>>
まぁ早々に気づいた方がお互いにとってためになるからな
適当にチャランムーブすればいけるやろ
…駄目だ…こいつ全然気づかない…

そりゃ子供が自分以外いなかったからね仕方ないね
>>
そもそも顔も声も同じ人なのにちょっと態度違うだけで別人?って気づくのはかなり難しいことなんだよなぁ…
本物エランくんはスレッタにも気づかれないような演技してたわけだしスレッタと四号エランくんは何回も会ってたわけじゃないし四号エランくんはかなり情緒不安定なところ見せてたからスレッタが気づくはずない
>>
後々言動の違和感で気づく可能性もあるから……
現段階のスレッタだと決闘直後の浄化エランを見てしまっている分、「これが本当のエランさんの優しい性格なんだ」としか思えんわな。
本物も軽いとは言え憎めるクズじゃないどころか4号に気を使って尻拭いもきっちりして上っ面は優しく接することのできるいいやつだから余計恨みづらい
>>
茶番劇でまってくれ!(棒)とかやってるの見てなんか結構頑張ってんなこいつって気にはなった。
もっと色々いい加減なやつかと。
>>
あそこノリノリで笑った
>>
真エラン「これで四回目だぞ!慣れるわ!」
この可能性……?
エランさんが笑ってくれるようになってうれしい…!ってスレッタに心が痛くなった
どうすんのこれ…
>>
ここスレッタも4号も両方不憫すぎてリアルに吐くところだった
>>
マジでここ辛すぎた。スレッタは「エランさん」が自分に心許してくれて笑顔になってくれたと思ってるんでしょ
初対面の2話からずーっとスレッタのことをまっすぐに見つめていた彼と違ってエラン様は自然と顔をスレッタから逸らす場面が多い
彼はいつだってころころと表情を変えるスレッタの姿を一つ残らず見逃さないように見守っていたのに
まさかここまでスレッタへの態度に差が出るとは…

今になって気づいたよ、君の一途さといじらしさに
>>
後になってじわじわくる4号くんのスレッタへのわりとストレートな感情がまた辛いんじゃが
今のままだと
スレッタとミオリネが結婚しても真エラン様がスレッタ誑かせば公認愛人ポジで裏から掌握できるな
>>
そういう意味だと結果的に4号はめちゃくちゃ貢献してるよね
ていうか次の替え玉を用意できないうちに4号を処分してしまうなんてペイルCEOたちも結構行き当たりばったりすぎん?それとも本物エランを利用するためにそういう状況を作り出したのか?
>>
いや、4号君、過去の記憶思い出しちゃって、ハッピーバースデーを繰り返し歌うだけの精神状態になっちゃってたじゃん…
ただの繋ぎとしても人前になんか出せないし、学生のホルダーが株主募るパーティに出てくるとかベイル社にとっても予想外で、それなら逆手に取るまでっていう手段かと
>>
いや普通に決闘終了後にスレッタと話してる時は普通の精神状態だったから…
処刑寸前でそれしかやれないというか、せめて誕生日の記憶を思い出しながら死にたかったとかそういうやつでしょ…
>>
どの道ババア達にとっては外に出せる状況じゃないのは変わらん
>>
休養終わったらまた戻ってくるって建前だし
ペイル社にとっては心配しまくったスレッタが御三家目当てにパーティ乗り込むほどエランに入れ込むのが予想外だったんだろう
人付き合いは避けてたみたいだしこれまでの入れ替えも多少期間おいても誰も気にしなかったんじゃないか