うらら師匠もまゆらちゃんもどストライクすぎる
うらら師匠おいくつで…?
>>
志ぐま師匠に君付けとか本当に何歳なんだって感じ
>>
考えられるパターン
1.志ぐま師匠よりキャリアのある美魔女
2.真打昇進が志ぐま師匠と同時昇進の為、同期扱いしてくる
3.フリーダムなので誰でも君付けしてくるキャラ

3は流石に無いとして…1が無難なんですかねぇ
エッロ
これは麻薬
まあ落語家の年次序列とは年齢ではなく入門順や昇格順なので、年上に君・ちゃん付け年下に兄さん姉さん付けはあることではある
>>
もしかしたら志ぐまさんが脱サラしてから落語界に入ってきてて、うららさんが10代くらいから落語界にいるのであればあり得るかも
すまん落語にわかなんだが
現実で黙って座ったまま終えると言うことがあるのか
>>
絶ッッッ対にうらら師匠の元ネタでは無いだろうけど、二日酔いで高座に上がったら居眠りしだして、弟子が起こすために近づいたら客席から「寝かしといてやれ!」と言われて、そのまま寝っぱなしで客席からクスクスゲラゲラ笑い声が絶えなかった伝説の落語家は確かに居た
>>
いるのかよ!
>>
ちゃんと居る事は居るのが凄いところだな、それを笑って流せる観客も凄いと思う
>>
剣術の無刀や弓術の不射之射のような名人の域に達した、と言っていいのだろうかw
>>
4分33秒みたいなものか
>>
現代の大看板の一人がこうも言うお方だからな

https://www.1101.com/rakugonohanashi/
志の輔 でも一番の究極は「そこにいる」ことをよろこんでもらえる、そういう落語家だったら最高なわけなんですけど‥‥。

糸井 「そこにいる」。

志の輔 いや、究極の芸人論で言えばですよ。
かの古今亭志ん生の逸話にある、
寄席の高座で登場してお辞儀はしたけど、
酔ってて頭を下げたまま、寝ちゃった。
でも起こそうと舞台袖から出てきた前座さんに、
「寝かせといてやれ」とお客が言って、
寝ている志ん生師匠を、
クスクス笑いながら見ていたという‥‥
ここまでいったら、芸人冥利ですよね。
どんな演目をやるかじゃなくて、
「そこにいてくれる」だけで
観てる人が幸せになる。最高でしょう。
>>
これ志ん生師匠だから笑い話になってるんだよ
これが歌丸師匠だったら大騒ぎだよ
ただでさえお客さんに扮した看護師さんやお医者さんが眼の前でもしもの時に備えてるってのに
山田君!>>の座布団全部持っていきなさい!
>>
あの松本人志すらも、ワイドナショーで東野からこの志ん生の逸話を教えられたときは目を見開いて感銘を受けていたのはよく覚えてる
>>
方正に落語勧めたのも確か東野だし東野落語好きなんかな。というか松本も聞いてるって話だし当たり前だけど結構ファン多いよな
>>
松本なんて毎晩床に着くときは落語を聴きながら寝てるらしいからなぁ、聴くのは上方落語ばっかりだから江戸の志ん生には詳しくなかったようだが
>>
ああ、数年前のオリンピック大河ドラマでやってた逸話か…
>>
落語家ってロックなんだな…
ふぅーん…
>>
これは麻薬
>>
怖いなぁーおっ○○怖いなぁー
怖いものなんて何もないけど、おっ○○だけは本当に怖いわぁー
高座から降りる時にここに注目するお客さん多そうだなって
うらら師匠(51歳)
驚異的な若さの秘訣:無駄にエ○い事
>>
なんか既視感あると思ったらそうだよジェニュインだよ!
やっぱり阿良川は嫌われてるんだね
潰されてしまえって思ってる師匠も大分居るだろうね
>>
生意気な新人よりはまだ新人潰しの方がマシという判断だろう
>>
現実の立川流も協会脱退の後、よその師匠から「お前らに礼儀なんてわかんのか?」とずいぶん言われたらしいな
ひょっとしたらいまでもそうかも
弟子入りすると、うらら師匠のとっても重そうな荷物を持ってあげなきゃいけないのマジ!?
>>
ご褒美だろ!
逆にうららさんから迫られて目が泳ぐ師匠とか見たいなー
>>
そう言えば志ぐま師匠の所、おかみさんいないってことは独身なんですかねぇ…
うらら師匠が元妻だったりしたら、君呼びも分かる気がしますがw
>>
おお…そういえばおかみさん居ないね
昔いい仲だったりしたら良いね
実際芸能人だとその人に心酔してお付きやマネージャーになる人もいるんだってね
推しの衣装運ぶの幸せ何枚でも持って歩きますみたいな
宝塚の娘役だった人で熱烈なファンがいて卒業したあと付き人してるいるよね
>>
経緯はだいぶ違うけどジミー大西も付き人やろうとして吉本入ったしな