ほんといいやつだよなぁ…
>>
ここで離れたけどまた繋いでくれたのがお前だって一護に言ってるのほんとに好きなんだ…
もう二度と離さない恋次好き
>>
ここBLEACH全体で見ても5本の指に入るくらい好き
>>
名実共に離しませんでしたね
>>
師匠の嫁さんが一番好きなシーンたけはある
俺も大好き
マジにしてんじゃねえよ、朽木隊長が処刑撤回の嘆願してくれるから心配すんな
※本当に処刑になりました
兄様(今日の恋次はどうしたのだ…?)
>>
恋次が副隊長になったのはルキアが一話で現世に来たのと同じタイミングだから、朽木隊長視点だと割りと最近組み始めた副官がいきなりキャラブレしだした事になる…
>>
アップにするとそうでもないがサムネだと恋次をヒキ気味にガン見してるように見える…
恋次はこの独白が一番好き
恋次の巻頭ポエム見ると更に染み渡る
>>
ここからの卍解対決と白哉の「見事、貴様の牙 確かに私に届いていたぞ」が良い
尸魂界での対一護戦を得て自分を偽るのをやめた結果男気溢れまくる男になった。対白夜戦のラストの一護とのシンクロは名場面。
星と野良犬ってこの言葉が由来なのかな
破面篇でのコンビネーション好き
途中でハイタッチしてるのもいい
こう見えて勉強もできる男
学生時代にルキアより成績上だったのは驚いた
>>
ルキアは多分座学と鬼道は良かったけどってやつなんかな

一途な恋次いいよね
そもそもルキアに一目惚れっぽいんだよなぁ
破面編で先遣隊が退去する時に恋次がルキアの肩を抱いていた気がする
お前らいつからデキてた??
>>
救出の時で、一護はもう二度と離すなよと言ったりしてるしな
>>
そもそも告白?してるのはルキアの方なんだよな
あの「死神になろう」は「死別は耐えられない、死神になってずっとと共に生きよう」の意味でとらえていいだろう
恋愛感情かは分からんが家族として一生生きていくつもりはあった筈

そこに離別と白哉の存在がスーッと効いて…
>>
割りと早いうちからデキあがってたかもしれんな
サプライズのつもりの結婚報告会で周りからはバレバレだったし
>>
一人驚いてる人がいますね…
>>
恋ルキ現世出張の引率+お兄さんに挨拶した程度の絡みしかない日番谷にさえバレバレなのに檜佐木はさぁ…
>>
しかもこの男ジャーナリストである
>>
まあ瀞霊廷通信は文春みたいなやつじゃなくて学級だよりみたいなもんだから…
修兵本人もゴシップすっぱ抜くやり方は好きじゃないだろうし本人的にやりたいのはルポ的なやつっぽいし
>>
学級だより草
せめて町内会誌ぐらいにしてやれ
>>
だから恋次ルキアご成婚特集させてくれって頼みこんでるぞ
>>
二人だぞ
恋次に任せたことで諦めたがルキアが好きだったらしい花太郎は驚きのあまり気絶した
コミュ力クソ高いよね
友達多いし先輩とも上手くやってるし部下にも慕われてそう
6番隊も恋次いないと 白哉| 壁 |他隊士 状態になってギクシャクするらしいし
本当にいい奴だよ
>>
白哉とサシで長時間いて1番気まずくならなさそうだからな…
>>
石田の発言でも肩を並べる仲間なのほんと好き
>>
新アニメのキービジュアルもこの間の読み切りでも一貫して現世組ルキア恋次で1セットなんだよな
メインキャラとしての扱いがブレない
師匠のこういうこだわり好き
ニーサマ本人の思惑はわからんけどその辺の人事はタイミング含め藍染も噛んでるだろうし
少なくとも藍染は恋次とルキアの関係を知ってるから恋次が副官候補に挙がった時に
恋次はルキアの幼馴染でルキアに好意的な男だよってのを白哉に人伝か直接か伝えてそう
この表紙好き
>>
最終回一個前が恋次ってのが良い
そこから最終決戦前の一護への語りも
ここの場面いいよね
恋→ルキはともかくルキ→恋は恋愛感情じゃなくて究極の家族愛みたいなもんだからくっつかないと思ってたからあんまり檜佐木のこと笑えないんだよな俺…
>>
同じく
というか明確に十年後とか結婚エンドとか出してくると思ってなかった
将来的にくっつくんじゃね?と匂わせつつ濁して終わるもんかと