ほんと
めっちゃ面白い
名言製造マシーンでもある
>>
同時に迷言製造男でもある
弟が大事っていう軸が一切ぶれないから見てて気持ちいい
>>
悠仁に無理には押し付けないのも良い
のりとしもそうだけど術式が滅茶苦茶映えるんだよね、流石は御三家相伝の一角
>>
ちょっと禍々しさがあるのも「呪術」って感じでいいよね
既知の手札の組み合わせで勝つの見てて気持ちいい
良い意味で裏切ってくれる
>>
翅王も赤血操術の延長戦の技術だろうしね、覚醒無しでここまで闘るか!!
単純にお兄ちゃんの好感度向上したことでバトルの再評価されてる側面もある
当時の感想見直してみると地味だのまたゴリラかよだの兄弟揃って散々な言われようで笑うよ
>>
当時は赤血散々しょぼいと言われてたね
後で毒付与とか強さが判明した面もある
つーか、サムネの強者感が凄いんだよね
“ビジュアルが映える”のただ1点が成功要素の大部分だと思う
>>
作者が成功した術式で例にあげてたけどシンプルなわかりやすい術式というのもあると思う
格闘と組み合わせても映えるのと手数の多さから頭脳バトルのやりがいがある
最近見ないけどスレ画みたいな鼻の紋様浮いてるの中二心を擽られて好き
>>
あそこから血液流してるんだよね?