漫画は今は23冊で止まってるからな。今からこつこつ読んでも最新には間に合うぞ
>>
まだ続いてるの!?
>>
長期休載中です…
>>
マジか…
まぁ読めるとこまで読むよ
アニメも面白いし
今13話見終わった
あのランタン良いな…かっこいいな…
>>
う…うん…そうだね……
>>
最高だったわ

>>
>>
俺も最初はスレ主と同じ事を思ったよ
ゲスがいたら大体その後ランタン点けた伍長がMINAGOROSIにするのでスッキリする。
>>
ゲスを殺すことでしか問題を解決できない奴もゲスだし、そんなやつは幸せになっちゃいけないんだよなぁ
>>
『どこの馬鹿だ。こんなヤツに人殺しをさせたのは』
カルッセル編だけでもアニメにしてくれないかと亡霊みたいに思って15年近く経ったな……
ヴィッター少尉が好きなんだよ
原作ちゃんと終わってくれるんだろうか……
>>
わかります…
動くヴィタフラを見たい…
15時くらいにアニメ全部見終わった
漫画全巻買おうかな
またアニメ化してくれてもええんやで
>>
是非とも…滅茶苦茶面白いので…
正義の味方という概念についてものすごく真剣に向き合ってる作品なので、そういうのが好きならおすすめです
Kindle版全巻買っちった
>>
行動力!
マジで今の世界的にタイムリーな漫画だよね…
>>
戦争終結すればもっとタイムリーな話しになるな
早く戦災復興に切り替わってくれ
>>
残念ながら我々はとうの昔に“復興”の最中のタイムリーな時代に生きている。

永い戦争はなかったが、数多の天災があった。
そこから立ち直るべく、今なお“もう一つの戦い”に身を投じる人々は確かに存在するのである
あれ火炎放射器より燃料が不思議液体過ぎるよね。粘着しながら燃え続けるって
>>
それはリアルの方もなんじゃないのか?
ヒャッハー!
アニメ色々言われてるけどop大好き
>>
かっこいいよね
高橋さんが原作読んで詞を書いたはずなので作品にマッチしてる
パンプキン音頭とか懐かしいなぁ
ほんと続きやってほしいけど……
23巻まで読み終わったわ
122以降の話はどこで見れるんですかね…
>>
マガポケで135話まで読めますよ
我々は!おっ○○だ!
>>
後々伍長の生まれ知ると恥ずかしげもなくおっ○○だ!って言うのも納得いくという
この作品のエ○はえっちというより生々しい
伍長の巨根ネタとか笑えるのもあるけどショタ趣味の科学者に性的関係を持たせる為だけの貢ぎ「者」を送り込んだり、装甲車の中で死ぬ間際の乗組員達が最期に女の身体を求めたり、娘に夜の主導権を完全に握られてる所為で傀儡になってる王様とかなんかこう…ね
>>
その辺も戦争の爪跡なんだろうね
>>
そしたら俺生々しいの好きなのかな
>>
>> 装甲車の中で死ぬ間際の乗組員達が最期に女の身体を求めたり
このページで…俺は…興奮した
>>
どんな感じだったっけと思って見直してきました





>>
ここだけ見ればまあわからんでもない
なお前後
>>
許さないでくれ…俺は…本当にどうしようもない…
>>
この後に敵兵を笑うなっ!って言ってくれるのが良いんだ
敵役に女キャラが居なければ…俺は…こんな半端なクソ野郎にならずに済んだのに…
これを見るとハサミを武器で戦う漫画を描けないの分かるな
残酷な描写にしかならない
>>
え?
>>
流子ちゃんは刀みたいな使い方だから健全なんだよ!
伍長を見ろ。少しずつバチンして相手の悲鳴が止んだり、突き刺して背骨バチンしたり、なんなら鈍器としてフルスイングするんだぞ
>>
これはハサミになってからは敵が人外だからなぁ
>>
ここの伍長ただのホラー漫画だと思う
>>
この辺の描写本当にエグかったな…
バチンって擬音が恐怖でしかない
人妻とさらっとベッドインする副長もいるしな!小さい頃読んで意味が分からなかったけど今はすごいえっちだと思う(隙自語)
>>
間男副長に恋する部下めちゃくちゃ可愛いと思う
>>
人妻の『ころされるかと思ったわ!』とか最高にエ○い。
お別れがこれなのも最高におしゃれ
>>
抱かれてえ…
セッティエームかわいい
>>
俺ののじゃロリの目覚め
昼行燈のオッサンかと思ったら元特務憲兵隊特佐というくっそカッコいい肩書持ってたハンクス大尉好き
八つ裂きの異名も粛清で付けられたと噂されてたのに、実は塹壕戦で敵を文字通り八つ裂きにしていたからというエピソードも大好き
「いずれ終わる物に価値が無いってんなら今お前殺したろか?」があまりにもパンチライン
>>
そこまで物騒なことは言ってねえよ!
「ならば今すぐ死にますか?」って聞いただけだよ!
>>
生きてて欲しかった…ッ!
>>
余りにも忌まわしい命名すぎる。
>>
形状が百足に似てるだけだよ?(すっとぼけ)
>>
立体機動装置(虫)
>>
断末魔とかな。・・・あの鋏、断末魔を断ち切ってねえか?
翼無き降下兵の名前からわかるロクでもない部隊感好き
>>
いいよね
名前以外何の情報も無いのに間違いなく死に向かっていることだけはわかるの
外伝もクッソ面白いよな
特にヴィッター少尉好きなら絶対買うべき
>>
本編で伍長の告白聞いて倒れてましたねペリオさん…
『ぶっちゃけ「弱いものいじめ」の部隊で「戦争」なんてやれる部隊じゃねえし!』って直談判してる上でのこのキメっぷりである
>>
これそのうち逆手にとってあえて穏当な要求した上で人質を無駄死にさせるやつとかでるんじゃないかなた思ってる
てか、国が反乱起こしたやつを関係ない家族ごと殺すのが前提とか本質的に山賊とたいして変わんないっていうかいっぺん滅んだほうがいいんじゃ
伍長が金カムの杉元を見たらどう思うんだろ
>>
自力でスイッチ入れる化け物
美しい…
>>
こんな脳みそ世界に必要ないよなッ
>>
ダメに決まってるだろ!
話の重量がアニメだとオリ回もあって程よい感じだったから気軽に漫画を読み始めた
オイ…なんで…俺の精神が…ぶっ潰れそうになってる…?
>>
アニメはちょうど話が重くなり始める直前で終わってるのが罠
放送当時どれだけのアニメ勢が騙されたんだろう…
>>
まさに俺の事なんだよね
マルヴィン少尉の歪み方も好き
>>
ここでどっちも助ける事が出来るようにならない限り戦災復興なんて無理なんだよね
>>
自身の傷跡が戦災になってる事を自覚出来てないのよね
戦災復興させようとしてる人が自分で人為戦災起こしてちゃ世話ねぇわな

作者は人の心とか無いんか?
>>
これ公平に見えて全く公平じゃないんだよね…
もういいって…罪悪感で頭がおかしくなっちまったんだろ…
>>
(血汗症を引き起こすレベル)
伍長ってやっぱり童貞だろうな
>>
サイズがね…
装甲車ブチころがしまくってるの完全にイカれた戦い方だったから、よく戻ってこれたよアレ
>>
戦争中ずっとあんな戦い方してもなお昔の心のまま保ってるあたりマジで頭のネジどっか外れてると思う
最初期の戦争狂の人達が好きだわ
戦争に苦しめられてる人もいれば戦争でしか救われない人もいるってのが
>>
その辺読んでて金カムと被ったわ
>>
戦争ごっこのお姉さん好きだわ…
最期を含めて綺麗にまとまってると思う
合同会議編がもう最終章並の長さなんよ
終わったら暫くは日常回やって♡
>>
終わるんですかね…
戦車兵の蒸し焼きはマジこの世の地獄みたいな悲惨な殺され方だわ。
>>
釣り合いは取れてるからな
人質交渉でキチガイ度数で圧倒する交渉初めて見た
「人質を殺す!お前のせいで人質が死ぬんだ!」
「こっちは人質に手を出すなと散々言ってるのに殺すと判断するのはお前だし手を下すのもお前なのに、なんで私のせいで死んだことになるんだ…?」

言われてみればめちゃくちゃにド正論なんだけど、そこから>>みたいになってくのはやべー奴なんよ…
ウルスラちゃん可愛いけど伍長を受け入れるには…ちょっと危険な気がする
>>
伍長の股間のドアノッカーは誰にでも危険だろう!
>>
尿瓶が割れるのが想像したくない痛みだ
>>
童貞であのサイズはヤバいよね
少尉大丈夫かな
21巻の表紙が凄い好きなんだ
普通に寄り添うだけでなく、得物を交換することで少尉が持ったドア・ノッカーの馬鹿でかさと伍長の持ったメーネが普通サイズに見えちゃうのがより体格差が強調されていいんだ・・・
>>
連載が良いペースで続いていれば伍長がメーネを振るうシーンが見れたかも知れない
>>
身長差スキーには劇薬だよなパンプキンシザーズは
読んでてずっと思ってたんだけど少尉って本当ギルガメッシュが好きなタイプだよな
>>
セイバーと対談させて満足げに眺めてそうだな
格好いいけどクソ武器しか写ってない20巻の表紙好き
>>
当然のように生身にぶちこんで地獄絵図作るのひどい。
火炎浴びせ続けて焼却の次がこれである。
>>
レバー握ってた手が一体化するレベルの熱量による蒸し焼きからの内部暴発によるミンチ、トドメに車内直火
全身串刺しからの付属ワイヤーが身体中に食い込んだ状態で戦車のパワーによるサイコロステーキ作成
こんな死に方だけは絶対嫌だ…
CJかわいいよね
俺は普通だったのにさCJのせいで大変なんだから
>>
本編読了後 → 芽生えた恋心に戸惑うスナイプスくん甘酸っぱいなぁ

外伝読了後 → あー、うん、そりゃ苦悩するよね・・・・・・
ここのあたり読んでからかわいそうってあんまり使わなくなったあたり影響受けてるなぁ