その中に入れるならバーナー溶接は弱いかな
>>
後で復元するところまで含めるとこれ強いな
できるか! そんなこと!
>>
アーク溶接工の資格取ればいいだろ!
あと練習も熟練工に勝るとも劣らないくらいにやった!(犯人の事件簿感)
>>
絶対このネタはRでやる。
>>
>>
犯人は溶接工のバイトをやってた(アニメでの追加設定)
それでも無理?それはそう
>>
免許持ちだが、これえげつない程ムズいぞ
まず狙ったとこだけ溶かすのは
それだけで食ってけるレベルに難しいし
チャンスが1回しかないのがね…
>>
まあ難しくても不可能ではないんだったら多少はね? って言ってもそこまでの技術急に犯罪しようって思った時から学んでも身につけられないか…
>>
きっと成し遂げたい思い(殺人)があれば君にも出来るよ!
氷橋は火で氷を溶かしたんじゃなくて土台になってる飼葉を燃やしたんじゃ?
>>
試してみないと判らんけど、上に飼葉を乗せて火をつけた程度じゃ
氷橋の土台になって凍ってる飼葉は燃えないんじゃないか?
>>
たぶん灯油まいたんちゃうの?
描写はいろいろ引っかかるからカットした的な
>>
たしか原作の方ではきちんと灯油まいてたような気がする
>>
氷の上で灯油とか巻いて燃やしてもきつい
熱は上に逃げるから溶けないんよ
>>
原作読み返したらガソ.リン染み込ませてたわ、オイオイオイ死ぬわアイツ
凍らせる段階で端っこの方に楔みたいなのをあらかじめセットしておいて
そこに思い切りハンマーでも叩き込めば亀裂が入って、あとは勝手に自重で落ちそうではある。
+炎上効果もあれば割とイケそうな気はする。
>>
そんな状態の氷橋をワゴンで渡るとか本編以上のうおおおおおおおってテンションでもキツくない?
気絶したり昏睡している金田一をうまいこと立たせるやつはどっちも無理あるよなって思う
オマケに凶器を持たせる必要がある
決死行に至っては金田一がボーッとしたまま前に進むこと前提だし、明智さんを刺してから金田一が美雪達に見つかるまでに、先に握らせといたナイフと犯行に使ったナイフを入れ替えなきゃいけない
>>
「意外と簡単に立つんだなぁ金田一って」
無理かどうかは兎も角、久し振りにあった友達が自分がしばらく抜けてても誰も気付かなかったとか、陸に第2の傷与えてそうとは思う。
>>
どの道ろくなやつ(殺人鬼)じゃねーんだ
>>
自分にこう言い聞かせてそうでもあるのがきつい。

高遠がすぐにやってくる
>>
あまり気にしてなかったが
たしかにこいつなんでこんなすぐに来るんだ…
依頼受けてくるならまだしも
魔犬の森で、「あの人ならさっき歯磨いてたよ」
の一言で全員が萬屋が生きてると思うのかなり無理ないか?
>>
それ言い出したら、推理ものでよくある「誰が何を言ったか一言一句覚えている」の方がありえないからなあ。だから佐木がいるわけで。
>>
「俺は見てないが誰か会ったらしいし居たんだろ」ってなる心理はわかるぞ
>>
一応あの時点だと野犬の群れが第一犯人って思ってるから、その言葉をあえて疑うって発想がまず無いと思うよ。千家と萬屋は偶々あった無関係な人って体だから態々嘘つく意味がわからないし。
逆に無理がないトリックどれだよ
>>
ドア移動は実際にやってできたんじゃなかったっけ
トリックじゃないけど
沼からの生還って結局どうやったの
>>
不明
何回も言われていることで申し訳ないけど、オペラ座の三代目ファントムちゃんが剣持のオッサンを気絶させたあとどっかに閉じ込めてたのは無茶な奴だなぁ。仮に殴り倒すまでは不意を突いていけたとしても、ある程度の距離を運んでいくのが難易度高すぎて
>>
運ぶ系は特に無理だし、死なない程度に、だが気絶はする程度に殴るのもかなりきついしであの辺は物理学の問題みたいに設問に書いてなかったら基本無視されるものとした方がいい。
と言うか逆によくやってた犯人当てクイズの見方すると、態々本来無視されがちな要素に絡んだデータ出されると、自ずとその周辺使ったトリックだなってメタ読み出来ちゃうんだよね。
>>
五塔さん、美雪が女性とはいえよくあそこまで運んだよな。
車使ったし屋敷にもエレベーターあるかもしれないけど。
蝋人形は下準備が無理ゲーすぎて笑う
>>
話の中でも言ってたけど、頭だけでも作るのにそれなりの時間いるからね。
しかも一と美雪は高校生だからちょっと時間が経つと顔つきも変わりかねないという。
ミステリモノ、「生死問わず人を運ぶ」ってすげえ簡単にできる扱いされがち
>>
米俵運ぶ様なもんだからね……
>>
その米俵もぐにゃぐにゃ動くからね…
>>
しかも見られちゃいけない。
まぁこれクリアしちゃうと模倣犯とか気を付けなきゃ行けなくなっちゃうから誰でも想像つくところにガバ理論を置いとくのは犯罪ミステリーの必須事項だと思う。
>>
脱力した人体って、赤ちゃんでもなきゃ重たいよね
>>
だからバラす必要があったんですね(雪霊)
>>
そもそも「人を殺す」が簡単にできすぎる。
特に共通の目標がいる連続殺人なんて、3人目くらいになるとさっくり殺人なんてできるわけがない。相手だって警戒してるんだから。
>>
バラバラにしたのは単純に運びやすくするためという至極真っ当な理由の悲報島
>>
金田一読んでるとバラバラ死体は猟期演出に見せかけて収納スペースと運搬問題が大半の気がする
首だけなら五キロだからね、これなら普通に持てる範囲
>>
トリックに絡めようとするとどうしてもね
>>
黒死蝶殺人事件だと、紫紋だけ片腕ぶった斬られてたな。
理由は最後まで触れられなかったし、単なる犯人の腹いせだろう。
>>
なのでショルダーバッグに入れて警察の前でパカパカして遊ぶ
だからこの人もバラバラになったからなあ
容れ物使わず運ぶとなると四肢がかさばるしパーツごとの重さのバランスが悪いしで
単に重いってだけじゃないのがヤバい
風車に括り付けるのとか最低でも東大くらいは出てないと無理だよな
>>
どんな頭脳を駆使すれば風車に括り付けられるんです?
>>
東大行けばわかるよ
西村京太郎曰く、推理小説って現実でも実行出来そうな完全犯罪トリックは編集が止めるらしいからね
だから世に出されるものは現実でやろうとしたら穴があるトリックばかりだとか
>>
仮に模倣されちゃった場合、絶対問題になるしな。
>>
怒られたらしいコナンのFAX放火トリック
>>
犯人のクソさと浅慮っぷりが地味にヤバかったあれか
>>
未発表原稿とはいえ、作中の現実で再現できるトリックを書いた工藤優作とかいう世界的推理小説家
多少なりガバガバでも気にしないけど足のつかない外国人雇ったは流石にそれいいの!?ってなったわ
>>
個人的には溶接が作中内でも焦点になってるトリックなのにこれいいんか?って気持ちになったわ。
>>
犯人達の事件簿でやるなら確実に突っ込まれるよなそこ。
「足のつかない外国人」って、言葉を飾らずに言ってしまうなら「不法滞在者」という言語、能力、モラルのすべての面で底辺に属する人種だし。
>>
いるところにはいるもんだなぁって流されそう
上でも言われてるけどそうはならんやろ
>>
これに関してはもう「立ったから立った」としか言いようがないからな…
派手なトリックしなかった女教師が完遂寸前までいってたり
でかい仕掛けほどボロが出やすいよね
>>
真相当てクイズで正解者が3人しか居なかったという天草財宝殺人事件も
最初の殺人以外はトリック無しという潔さだったからな
バラバラにしたら無事な人間が生まれました