尻尾の蛇君かわいい
つうか石田はキルゲのように変化もせず、純粋な戦闘能力に変換してるみたいなんだよな
マユリ戦で見せた力なんてハッキリ言って、キルゲと比較にならんレベルだし
>>
始解すらしていないマユリに手も足も出なかった石田が一瞬で瞬殺出来るレベルだからな…
思えば無月並に戦闘力が跳ね上がってるわ
>>
身体能力が低い方とはいえ、それでも隊長格の水準を満たしているマユリすら反応出来ない身体能力
3割の威力も出していない矢で片腕をもぎ取る
挙句に卍解を一撃で粉砕だからな
読み返すとイカレてるにも程があるわ…
>>
マユリの腕をぶっ飛ばした矢が3割も出してないってマジ?
>>
マジ
石田がマユリに「詫びなければ次は3倍の威力で打つ」と言っている
つまり最初の矢は多く見積もっても全力の3割がいいとこ
>>
直撃したら腕吹っ飛ぶとかはブリーチではそこまで強く聞こえないんだよな。始解もしてないヒサギが帰刃状態の東仙をぶち抜いたり、ルキアの白刀がアーロニーロのドタマぶち抜いたり、わりかし防御力低めのゲームバランスというか
もしかして、ウェコムンドて石田が これしてるだけで完勝できたんじゃ
>>
あの時の石田は最終形態を使えないからコレも出来ないんだけどな
多分使えたらウルキオラの第二形態も倒せたのでは?と思う程に強くはあるんだが
>>
流石に最終形態か完聖体じゃないと馬力が足んないんだと思う
まぁ、無機物分解して自身に還元できるから使い徳ではあるけど
一応生身の人間の筈のチャドの皮膚まで剥がれてたのは何故なんだぜ。腕の鎧はともかく、体は霊子じゃないよね?
>>
つまりスレ画の一部にチャドの霊圧が
>>
尸魂界や虚圏に踏み込むと体は霊子構造に変わる
だから原作のスンスンが言ってるが、これらの場所で使われるこの技は反則の極み
一護のように吸収される前に不意打ちするしかない(それでもダメージ受けてたけど)
>>
なるほど
>>
一応補足しとくと、勝手に変換されるわけではない。
奪還篇で尸魂界に踏み込んだ時は行きも帰りも穿界門+霊子変換器を使ってる。
黒腔だけ親切設計されてるとも思えないのでたぶん虚圏行く時もそうだろうけど、描写がないのでこっちはあくまで推測
石田はパッパが滅却師について教えてくれないから技とか技術が偏ってる印象
>>
つうか宗弦が教えてないのがオカシイんだけどね
特に血装とか
しかも今回のアニメで帝国の情報は全部手記に残してたと判明したし
>>
バレてたとはいえ竜弦から隠れてこっそり教えてたからまぁ…
真面目に滅却師教育してたら竜弦はマジギレしてきそうだし
>>
今回のアニメで石田が帝国の存在も母の死もここで知ったと明かされたな
しかも祖父が残した日誌で
竜弦は父から直接帝国のことも嫁の死の真相も静止の銀のことも知らされているから、文字通りの石田のために残した日誌なんだよな
竜弦は良く分かるんだが、宗弦は本当に石田をどうしたかったんだろうな
原作で示唆されているが竜弦は最終形態使っても力を失わないみたいなんだよな
幾ら何でもズルくない?
>>
多分才能ならクインシー最強クラスだから
>>
なお本人は滅却師なんてクソくらえの模様
まあ竜弦の過去を顧みれば至極尤もなんだが
というか石田も最終的に父と同じ医者になったあたり、滅却師をやる気はあまりなさそうなんだよな
まあ帝国が文字通りのクソだったから当然ではあるんだが
敵地に卍解平子投げ込んだら終わり!と同じくらいのぶっ壊れなんだよな
敵地に何人か投げ込んで聖隷して終わり!
>>
逆に言えば平子と全く同じ弱点がある
というのもマユリも言ってるが周囲の霊子を「強制的」に取り込んでいるから、同じ滅却師ですら対象になる可能性がある
だから周囲に味方がいると使えない(まあ騎士団はそんなことを気にする連中は、ほぼ皆無だけど…)
竜弦って未だに実力よくわからないよね
雨竜よりは強そうな雰囲気あるけどどうなんだろう
>>
>>
実際石田家のメンツが騎士団員より弱い訳がない
過去編の真咲を見れば分かるが、現世の純血は素の力で隊長格はある
しかも石田は滅却師の基本中の基本である血装も使わずに副隊長以上の実力がある(卍解した恋次と互角ぐらい)

小説版のリル曰く、石田親子は現世組の化け物の一角である
>>
陛下とキルゲさんは明らかになんか知ってるんだよな…
星十字騎士団で他の面子が使わなかったのはなんでだっけ
>>
なんで使わなかったというかアイツ等素で十分強いうえにビンチになった時に使うのは基本完聖体だからそれだけでも敵によっては大分圧倒出来ちまうのよね
んでそれすら超えてピンチのときは死ぬか死にかけか陛下にドレインされてるから純粋に使うタイミングがない
>>
>>
逆にキルゲが聖隷を使った一番の要因は、他の騎士団員と比べてキルゲの攻撃力が決定的に欠けていたからだと思う
完聖体の霊子攻撃ですらアヨンに一撃で粉砕され、アヨンを取り込んでも血装無しの状態では卍解状態の一護に太刀打ち出来なかった
だから「使いたくない」と言った聖隷を使って火力を底上げするしかなかった
他の騎士団員は攻撃力が充実した能力が多いから、相手を殺すなら聖隷よりも聖文字の方が効率が良いんだろう
やっぱ神聖滅矢がキルゲより弱いに「そんなわけがない」は
あの古臭い癖して化物じみたエリート家系の「矢」が自分より弱いわけないでしょう冗談ですか?
という意味合いオンリーなのかな
>>
ユーゴとキルゲは帝国に所属していた頃の宗弦を知ってるからな
しかもあの爺さん一見孫に優しかった(今では大分怪しいが)けど、昔は息子も嫁も顧みずに修行ばかりしてたし
まあ間違いなく石田家と帝国の確執を知ってるし、実力も熟知してただろう
小さい弓でこの火力って割とおかしくない?
>>
消失編と血戦編序盤の石田もこのタイプを使ってるんだよな
血戦編序盤だと石田もこれで大型虚を何匹も屠っているから威力はまあ打倒の範囲
ただ本気を出すと霊子で作られた大型弓を二人とも出してるけど
騎士団でキルゲ以外誰か使ってたっけ聖隷
>>
使ってない
>>
小説でリルが虚相手に使いたかったが完聖体に成れないから使えないと書かれている
ここで石田やキルゲしか使えないのか?と読者に思われていた聖隷が完聖体を使える騎士団なら出来ると名言された
当然、純血の竜弦と力を奪われなかった石田も使えると書かれている
ここでハッシュが使ってるのも聖隷なんじゃないかとは言われてた
>>
これは普通に霊子の収束の範疇だと思ってた
>>
>>
割と間違いやすいのは「霊子の収束」と「霊子の隷属」は似て非なる点
マユリとキルゲも言っているが周囲の霊子を取り込んで力にするのが滅却師の基本戦術「霊子の収束」で、これを極限まで高めたのが「霊子の隷属」
だからこれは「霊子の収束」の方だと思う
ただ他者の術式霊子を奪っているから普通の収束よりは難易度が高いと思うけど
>>
他人の体とか他の物体とかから霊子を奪うのは全部聖隷に分類されると考えてたがそんな感じなのか
>>
まあこの辺も本編で具体的に明かされた訳ではないから予想の範囲だが、隷属はマジで威力も範囲も桁違いで、発動すれば周りの物質全てを速攻で取り込むから、徐々に霊子を削いだユーゴが使った技は霊子の収束だと思う。
あともう一つ具体例を挙げるとチルッチ戦で見せた石田のゼーレシュナイダーという武器がある。
あれは他者の霊子をこの武器で削って取り込むという代物だが、この戦術を滅却師の基本戦術と石田は語っている。
ユーゴが使ったのもこの石田の戦術とほぼ同じ。
>>
見返すと弓しか使わないと言った石田も色んな武器を使ってるんだよな
ゼーレシュナイダーは矢と解釈してたけど、銀筒だったり陛下(偽物)のように聖唱も使っている
たまに疑問に思うんだけどさ
滅却師って人間の中で虚に対する免疫がない人間がなれる=免疫ゼロの人間なら誰でも滅却師の能力が使えるって意味?
それとも滅却師の血はそもそも人間とは異なるから霊子の収束ができて、それゆえに虚に免疫がないの?

なんかすべての滅却師は自称霊王の息子なユーハバッハの血筋って情報があるから「滅却師って人間しゃなくね?人間じゃないから虚の免疫がないんじゃないの?」って思う
>>
「滅却師には虚への抗体がない」以上のことは言われてない
>>
良く考えたらあの化け物陛下の祖先が虚の抗体がないというのもおかしな話だな
>>
霊王の持ってた能力から滅却師の側面だけ引き継いだから、どこかしら欠けてるのかね
>>
予想やけど基本的には能力の使い方の違いでしかないと思うぞ
周辺の霊子の操作は死神でも出来る、これをより特化させればクインシーの霊子の収束になる
逆にクインシーも死神のように内にある聖文字の力を使うことだって出来る
両方とも虚みたいに霊力を用いた身体強化は前提
銀筒とか斬魄刀みたいな物に込めた霊力を用いて戦うのは完現術の基本
虚も霊王の一部だったから霊王に近い滅却師は強制的に融合してしまうじゃないかなと思ってる
急に臓器とか腕が増えることになるから体が不具合起こして死ぬことになる
>>
虚の力は霊王にはなかったはず

原初の世界で人を食らう虚から守ってたのが霊王だから
霊王の要素は人間・死神・滅却師・完現術者だからなぁ
>>
ほぼ一護やな
虚の要素だけない
>>
人間の力って何なんだ?普通の霊力持ち?
>>
勇気とかだったりしてね
>>
神だの虚だのと違って器子で構成された生身の肉体持ってるってことでいいと思う
宗弦は石田がユーハバッハに後継者にされるって分かってたのかね?
>>
まあ帝国にぶつける予定だったのは間違いないかと