>>
ここで告白できたの
今後の展開考えると割とマジでファインプレーだと思うよ
>>
淫乱ピンクがいなければ多分死んでた
>>
文字通り死んでたんだよな…
>>
やっぱあの神様邪神すぎん?
>>
何なら淫乱ピンクの方も死んでたかもしれない
あと初めての彼女が二人同時ってのは恋太郎にとってもデカいと思う
>>
あそこで彼女(2人)に誠実に生きようと思ったからこそ今のハーレム状態があるわけだしな
もし彼女1人でスタートしたら2人目以降は断る…とは思わんけど、隠れてこっそり付き合ってたような気がする
>>
羽香里と唐音がいれば最低限「恋太郎ファミリー」の構図ができるもんね、最初にこの布陣を構えられたのは大きい。
あと彼氏が恋太郎なのが最高のヘイトコントロールだよね
暴力られても傷つかない
彼氏が暴力をご褒美としてるまであるからな
>>
Mなん?
>>
Mと言うかモンスター
>>
なるほどMonster…
>>
心優しきモンスター……
>>
L(ove)だよ
>>
Mではないよ
彼女が自分を想ってすること全てが恋太郎にとっての幸せに直結してるだけで
何だかんだ恋太郎以外の他人を本気で慮って、本気で怒れる女だからな
自己中というには他者への配慮が出来すぎる
>>
なんだかんだコント相手のどすけべピンク以外には優しいからな
いくら謝っててもカッとなって全身粉砕骨折は流石に…
>>
かすり傷だし…
>>
大丈夫。牛乳飲んでるから
>>
ブルック論やめろ
>>
中村せんせと野澤せんせがワンピ大好きだから割とマジで参考にしてる可能性はある
ツッコミ仲間兼ツンデレ仲間の胡桃とのやりとりもいい
このページの前の目線だけで語ってるのも可愛かった
>>
いいよね、ツッコミ担当&素直になりにくい同士のシンパシー。
この2人だと「静先輩撫でたいっ」「いや撫でればいいじゃない怒らないでしょ」「失礼じゃん後輩なのに」とかも好き
ツッコミ役として唐音自身が普段から結構大変そうというのもヘイトコントロールの一環になってると思う
>>
ファミリー随一のアタッカーだからバトル展開のときも重要だしね
恋太郎と運命繋がってなかったらどう生きたのかすら分かんない
>>
はかりは多分あのままははりさんに結婚させてもらえなくて生涯を絶望して過ごす
からねは暴力女と蔑まれながら生きていくことになる
他の彼女もみんな個性強いから恋太郎ファミリーがいないと割と孤独に過ごしたりしそうなんだよね、ファミリーのおかげでその個性がいい方向に向いてるけど
静ちゃんとか付き合わなきゃそのうち自殺しそうだわ
>>
羽香里が絶望して死を選ぶ
それによってママも自死しメイド→妹と死の連鎖が続くのは想像できるから今考えると花園家編はかなりギリギリだったんだよな