スレッタ「無理があるよお母さん!?私25なんだけど!?」
プロスペラ「大丈夫よエリ……スレッタ。美魔女の娘である自分を信じなさい」
「17歳のフリして学生服着てキャピキャピはできないって!」
「逃げたら自尊心一つ、進めば羞恥とコスプレの二つ手に入るわよ」
「そこは復讐って言おうよ!?せめて記憶に蓋して!?」
「わかったわよ……その前にそのコスプ……制服姿写真に撮らせてね」
「コスプレって言いかけたでしょお母さん!?」

エアリアル(うわキッツ……❤︎ 娘にあんなコスプレさせるなら復讐は僕達だけでやろうよ……)
「私も変なヘッドギア被るからおあいこということにしましょう」
「お母さんも4歳の子持ちでこれだったからいけるいける!」
この顔は結構25歳の色気を感じるかもしれん
ちなみに中の人は25歳です
>>
中の人はエリクトだった?
何で(25歳の)娘さんを(学生コスプレさせて)乗せてるんですか
年の差も10歳くらいまでなら許容範囲よ
年下にいじめられて「卒業できない…」って泣いちゃう25歳…
ゆーて25才とかめちゃくちゃ若いからな
>>
中途半端に若いせいで逆に吹っ切れないやつ
25歳……?長生きで羨ましい……っ!!
>>
水星ってお堅いのね
こっちじゃ全然アリよ
>>
熱い風評被害

地球寮行った時「青春だぁ」とか思ってたのかな…
>>
別にスレッタの方からは恋愛感情ないだろ!
>>
OPEDを信じろ
エリクトの幻影は「まだまだ若いままでいたいなぁ!!もしろあの頃に戻りたいなぁ!!!!!」って割と切実な願いの表れだったりして
私を騙していたんですってね!罰として色々着てもらうわよ!とりあえず園児服ね!!
あっ(16も17も同じ子供だと思ってた!)
デート、とか(だってこの年になってもしたことないし……)
でも25ってロックオン兄よりも上だからね
>>
キシリア(24)やカクリコン(24)やシン・マツナガ(24)より歳上だぞ
>>
重厚感溢れる面子だなあ…

25才が羞恥心や年令バレを気にして制服を着るのは良いですね…そしてこの世界何気にママン復讐カミングアウトしてるんですがそれは
しかし明るい復讐の匂いがするんでヨシ!
1stアムロ「25歳?ブライトさんより歳上!?」
カミーユ「…エマさんやレコアさんより歳上なのか…」
ジュドー「ハマーンよりも歳上なの?へぇ~」
>>
ブライトさんは年齢知ったときほんとびっくりした
同級生には
ガンダムXのコルレルのパイロット、デマー・グライフ
スターダストメモリーのアナベル・ガトー
ビルドファイターズのガウェイン・オークリー(デビルガンダムでアイラのジェガンで負けた人)
がいます
>>
濃いですねやっぱり
失ったものを数えても仕方ないから全宇宙にガンダムの魅力を発信する「プロジェクト・刹那」を実行するわ
>>
乙女座が喜びそう
>>
これがガンダムの力ですよ全宇宙の女性のみなさん!!
>>
ペイル社「投資します」
>>
ガンダムアンチエイジングで一財産築いたプロスペラさん
>>
これがガンダムAGEですか
パーメットは情報を伝える力がある。
ガンドアームによってこれが体に入ることでパーメットが細胞のテロメアがすり減るのを防ぎ老化を予防するわ
この艶々の肌をみなさい
これがガンダムアンチエイジングよ
>>
わかってないねぇ…
お前たちが奪うのはガンダムアンチエイジングが救うだろう美容と健康だぞ!
>>
美容によくても健康に悪そうなんですがそれは
>>
マジな話、新人類を産み出すとかアンチエイジングとか
女性の嫌なところ煮詰めたような技術だよな…
これは25に見えなくもない
「最初から復讐のためだったんだ…」
「…はい」
「スレッタマーキュリーも偽名で、本当の名前はエリクトって言うのね」
「……はい」
「年齢も17じゃなくて25歳なんだ」
「……」
「8歳も誤魔化して学校に来た挙げ句やりたい事リストなんて作ってたのね」
「えっと……学生生活は…そのっ始めて…だったので…」
「8歳も下の子たちとデートしたかったと」
「いやっ…そのっ…」
「さらに8歳も年下の私のことをあだ名でミオミオと呼びたかったんだ」
「もう…やめて…ください」
>>
正座させられてそうなスレッタ
仁王立ちしてそうなミオミオ
>>
このあと理解ある花嫁だから許すと続けてスレッタが少し安堵した瞬間今後ミオミオと呼ぶことをミオリネが強要するところまで考えた
>>
「ミ…ミミミオリネさん!?」
「違うでしょスレッタ。ミオミオよ。あんたのやりたいことリストにあったあだ名で呼ぶ、でしょ? よかったじゃない」
「却下してましたよね!?」
「私は理解ある花嫁なの。あなたのダサ…センスも受け入れてあげるわ」
「ダサいっていいかけましたよね!? あ、あのときは年齢もバレてなかったし、ま、舞い上がってただけですから! い、今さら無理ですよ! は、恥ずかしいですから!」
「8歳サバ読んだ大人が何言ってんの? あと呼ばなかったらサバ読んでたこと校内放送でぶちまけるから」
「ミオリネさん!?」
「ミオミオ」
「……っ」
「スレッタ、返事は?」
「わかりました。ミ……ミオ、ミオ」
これは復讐を言い訳に娘にコスプレ羞恥プレイさせたいだけのプロスペラさん
授業参観とかあったら予定全部ぶっちぎって見に来そう
>>
見に来るし絶対撮るよ
そしてミオミオはプロスペラさんと取引して良いデータを融通して貰ってるよきっと
水星の限界集落に適齢期の娘いさせたままなのも悪いので外でいい旦那見つけてこいって学校いかせたやつ
そこで学校いかせるのか……
>>
あの学校裕福な子女と出会える可能性高いし…なんか決闘とかあるけどエアリアルは負けないし…なプロスペラさん
誰がアラサーですか…!!
アラサーっていうのは29からってお母さんが言っていました!!
さすがにおしりぺんぺんだけじゃ許せません!!!
※25歳喪女(乙女)です
↓本編のスレッタ(多分)と違って大人なので、あらゆる場面でR-18な可能性も想定に入っている水星の喪女
(えっ? いきなり求婚? 最近の学生ってどうなってるの?)
(ナシよりの無しかなぁ…… 意外とねちっこいえっちしてきそうだし……)
うっ……ぐすっ……ろくな男もいないんじゃ
>>
あぁ卒業ってそういう‥
ええ??25歳で経験なしって不味いんでしょうか?
(うぉおおすっごいイケメン…… でもぜんぜん笑わないなぁ。ベッドの上では表情出るタイプなのかな?
いやそもそもそういう欲求ない可能性もある? 期待しないほうがいい?)
水星の喪女と美魔女、ってところね
えっ年上…年上!?

逆にいいじゃないか、それがどうした!もっと自信持て水星女!!
>>
グエル「なあ流石に年上の女性には敬語でプロポーズした方がよかったのか?」
ラウダ「そういう問題じゃないよ兄さん…」
>>
「アンタさぁ、それいつやめるの?」
「やめっ…?」
「敬語」
「10歳も年上に敬語使われるのなんか気持ち悪いし、婚約者なんだしそろそろ止めにしない?」
「きゅ、9歳差です!」
「ほぼ同じじゃないのよ。ほら、話してみてくださいよ。『スレッタさん』?」
「えっ、あ、いやぁ〜〜」
「早く」

「きょ、今日もいい天気だね!『ミオリネちゃん』!!」
「…………………まぁ、良いんじゃないの」
>>
一緒に過ごすうちに慣れてきて「ミオリネちゃーん、早く起きなさーい」とか「朝ごはんの前に顔洗ってね」とか言うようになるスレッタ・マーキュリーさん(25)!?
あの……「お姉ちゃん」って呼んでも良いです、よ?
ペイル社の擁立したアンチエイジング人士ことエランさんじゅうはっさい
え? ラーメン食べても胃もたれしない? 君は僕と違う……!
>>
この年齢で今更戸籍手に入った所でどうにかなるんだろうか…
えっ! 何ですかこのイメージ! えっ! 私の初めてがこんな……こんなかんじに!?