オサカイのカイより
カイオサのカイの方が
受けっぽいヨネッ
>>
なるほどね?
オサムに助け呼ぼうとして徹夜だったらしいし……って考えて自分で対応しようとしたり、大家さんや近所の人に気ィ使わせるの悪いって思っちゃうギャルがあまりにも光過ぎる
>>
ドラえもんに休日をを思い出したわ
やはりリバ…!リバは全てを解決する…!!
>>
ぶちのめすぞ
>>
>>
>>
オサムちゃんは自分の範疇じゃない萌えを何でもかんでも否定してるわけじゃないぞ!
(今回の話でもそうだったし)
1話も怨霊さんが先にめちゃくちゃ否定してきたから殴り合いでスッキリさせただけだ
>>
画像忘れ
>>
映画のポスターにいたツインテヒロインちゃんと眼鏡の仲間キャラのぬいぐるみをちゃんと買ってるところに原作愛を感じる
>>
並べてある本誌は表紙飾ったやつなんだろうな
初めて聞いた…攻めの方が受けっぽい理論
>>
界隈によるのかな?自分の周りだとよく言ってる人いる
「カイカのおかげでオサムは救われた」わけだが
救われた系のカップリングって攻め受けどーなんの?なんかもうリバしまくりそうに見えてきた
>>
完全に個人の解釈だけど
救った側が救われた側にアガペーを与え続けるならカイオサ
救われた側が救った側に「お礼させてください!!!」ってするならオサカイ
なるほどね
非存在ギャルが存在しているという矛盾が何らかの何らかに作用して発生される光のオーラにオタク系悪霊が惹かれ集まるってことだな!
昔からの言い伝えなら仕方ねえや
>>
まさか古事記にも書いてあるレベルの存在だったとは…
ギャルの優しさに漬け込む怨霊、最悪すぎる…
>>
救われたいから光に集まる哀れな存在なんだよきっと
攻めに回る方が受けみが強くなる…わからん
攻めと言うロールを与えられるからこそキャラ自身が内包する受け成分が際立つという事か?
>>
童貞が感極まって押し倒してしまうみたいな感じ
攻めてはいるんだけど余裕とか懐の大きさを感じられず「弱い=受け」って感じ
地味に朝の描写でちゃんと別々に寝てそう感が出てきた
一緒に寝てる派の俺は撃沈した
普段一緒じゃないからいつか同衾する瞬間が特別なものになる派の俺が誕生した
>>
いずれ離れ離れになるんだから一緒に寝ると後々辛くなるので自制してただけだと脳内変換するんだ
何度でも言うぞ。復権もするぞ

やっっぱりカイオサよりオサカイなんだよなぁ(尊い火種)
>>
百合に左右の概念を持ち込むな定期
リバの何が悪い!
>>
キノコタケノコ戦争してる時に混ざってくるアルフォートとかスギノコ枠だから
“非実在性ギャル”は実在する!!

ド ン ! !
>>
後々不死鳥とかも出てくるんじゃないかと思ってる
"リバ"って何?ガチでわからん…
>>
リバーシブルの略、意味としてはチンコ突っ込む側と突っ込まれる側が固定じゃないこと
>>
リバーシブルの略だよ
チンコ入れたり入れられたりする
>>
>>
あ、あざま〜す…
全然知らなかったわそんな概念…世界って広いんだなぁ…
いいおっ○○で最高
これはマッチポンプなのでは?
>>
オサムが幽霊引き寄せてるならそうだけど引き寄せてるのはカイカちゃんの方だからセーフ
百合の文化だとABもBAもリバも全部まとめて語呂が良い方で呼んでるだけだったりする
ジャンルにもよるけどね
>>
私がいる百合界隈は語呂で決まるし受け攻め気にならないなあ
でもそういう人が多数だから固定派の人は生きづらそうだった

それにしてもオサカイは良いわね…。今回の話は尊い百合が供給されてありがたいけどコメ欄見ると百合嫌な人もいるのね
>>
百合は普通は苦手になりにくいからこそ、ファンが無自覚な傲慢になりやすくそこから嫌われるってパターンがかなり多いので自覚は持っといた方が無難
たぶん1話のマイナーカプ怨霊も王道に呪詛吐かずに悲しんでるだけだったらオサムからのアプローチも違っただろうしな
>>
別ジャンルのマイナーCPなら殴り合いにはならなかった(確信)
ハァ~!?勢いあまって脳内とはいえカイカちゃん呼びになっちゃってるの最高だが!?ハァ~~~~!???
気色悪い!とまで先に罵倒されても「オタクはグッズ配置に意味込めるよね〜」ってとこは分かるよ…してるしな
リバ絶許だけど「攻めという概念がもう受け」という概念がなんか理解できてしまって複雑
単体で見ると受けっぽい攻めばっかりにハマるんや……!
>>
攻めっぽい受けが好きなので分かる
オメガバースとかはα受けが好き
「龍」「不死鳥」「一角獣」と並んで「非実在ギャル」が伝承されてる古の絵巻物は一体なんなんだよ
>>
もうとっくに始まってる定期

つーか話逸れるけど5話目にして顔作画変わった?
>>
だが待ってほしい
これまでは春山さんの光を受け取るだけだったオサムが、心からの本音と決意をぶちまけて自ら一緒にいたいと熱弁した結果、仕方なくではなくお互い望んで共にいることを選んだんだぜ
春山さんは非実在ギャルの宿命から、オタ怨霊に悩まされる日々を送り続けることになるし、その解決にはオタ除霊ができるオサムが必要
そしてオサムの自己肯定感獲得にはオタ除霊が必要
つまり春山さんにはオサムが必要であり、オサムには春山さんが必要で、どちらも他の誰かでは代えがきかない唯一無二の関係になったんだ
そしてこの関係はオサムが除霊においても対人関係においても本音でぶつかれる人柄だったからこそであり、かつ春山さんが怨霊に対してもオタクに対しても気遣いできる人だったからであり、その描写を5話まで積み上げてきたからこそこの二人ならではの関係という説得力が
感想スレが怨霊同士の語り合いになるのはこの作品の宿命なんじゃねえかな
>>
今まで、霊の話をしていると本当に霊が寄ってくるって怪談話を結構馬鹿にしてたんだけど

来るね

しかも割りとお前の話はしてないってレベルの奴が勝手に来るね
どういう事だ?
攻める方には惚れた弱味があるみたいな話か?
>>
受け攻めが違うとフィーチャーされやすいキャラの属性が変わってくるってことだと自分は解釈した
『攻めの方が受け』ってのを具体例を辿って考えてみたけどいまいちスッキリした例が思い当たらないな……
『Sが尽くす側』みたいな意味合いなのかな?
>>
攻め側の反応が見たいって言う意見もあると思う
>>
そのジャンルの二次創作ではツンデレキャラが受けだとデレの方が強調される風潮あるけど、攻め描写の方がツン多くて自分は受としてそっちの方が好みだわくらいの話?
あくまで個人の主観と嗜好というか…
>>
攻めにも種類があって
ヘタレ攻め系は受け感ある
>>
メチャメチャ厳しい人達がふいに見せたやさしさにキュンと来るみたいな話