デザインは好き
>>
脇腹からはえている足が怖い
この動画が分りやすかった
>>
漫画版は口が開くのか
>>
右はシャドームーンでいいのかな
>>
「シャドームーン」という概念は無いかな
右は未来で魔王と名乗っている存在
ちなみに、「主人公の南光太郎と親友の秋月信彦」の変身体と魔王は同じ姿です
>>
石ノ森章太郎って仮面ライダー以外も作ってんだな
春映画で出てくるヤツらは東映繋がりじゃなくて原作者繋がりだったのか
でもこれが石ノ森章太郎って感じはする
ビターエンドで終わってこそだろ?
ヒーローものにあんまりハッピーエンドも望まれないだろうし…
ホテルみたいな日常群像劇ならともかくさ
>>
wiki見たけどHOTELを連載しながらこれも描いてたんだろうか?
>>
当時の漫画家は複数作並列で連載するのが当たり前だったから
>>
ホテル描いててこういうのも描きたい!と思ったのかなと想像してしまう
>>
石ノ森先生はギネスに最も多作な漫画家として載ってるぐらいで元アシの人が月560ページ描いてた事もあるって言ってたから…
>>
例えば変身忍者嵐とかビターエンドで済むか、アレ
>>
それはバッドエンドそのものだろ…
石ノ森章太郎版スカルマンとかも間違いなくそっち意図してるだろうよ
>>
原作版の嵐の最終回ってどんな感じなの?
>>
その1
敵のボスは、記憶喪失になって自分をボスと思い込んでいた父親でした
ボスの取り巻きは、ボスの子供でした
嵐は親殺しと兄弟殺しの業を背負う事になりました

その2
化身忍者の一族は実は、異星人の子孫で、「人間の姿から本来の姿に戻っている」のが真実でした

地球に留まる事を諦め、宇宙に戻る事にした一族

嵐は一人、地球に取り残されるのでした
>>
あの・・・番組視た子供向けの漫画の筈ですよね
>>
石ノ森作品のヒーロー物では無いけどシャンゼリオンの最終回は愕然とした
それまでの脳天気主人公からなんで人類敗北エンドになるのか
>>
白倉は石ノ森フォロアーなんだ、知らなかったのか?
アギトなんか天使編だし、ジオウは言うまでも無くコレだし
>>
東大出て東映に入社したら石ノ森章太郎に作品論を直談判したような人だからな…
事の是非はともかく、それだけ熱心ならと先生も言い分は受け入れたらしい
原点回帰なのかバッタにより近いデザインだよね
これにかぎらず初代ライダー序盤の怪奇路線や漫画を拝んでるとつくづく御大は子供にウケる漫画を描く気がないと考えられる
>>
でも、島本和彦先生みたいなフォロワーは出て来るじゃん
追っかけて来る人がいるなら正解では?
>>
でもライダーをバッタモチーフにしたのは実子の意見を参考にしたからだし…
ちなみにその子供がダイナのナカジマ隊員役の人
オーマジオウ関係は割とこれが由来なんだろうな
>>
まあ、仮面ライダーやる時にはこの漫画版参考にしたりする場合もよくあるって言うし…
これが最後の石ノ森先生自身の仮面ライダー漫画なんだっけ?
>>
先生自身の描いた仮面ライダーのマンガって初代とアマゾンとこれくらいじゃなかったかな、あとはデザインだけで
>>
仮面ライダーといえば石ノ森章太郎って印象だけど漫画として描いたのは意外と少ないんだな
漫画としてはサイボーグ009のほうが印象強いのかな?
>>
サイボーグ009はファンが追っかけてて、ライフワーク化してた
作者自身も他はともかく、あれだけは終わらせる予定だった
そういう位置付け
>>
それ以外の子供の頃読んだ、テレビマガジンだかてれびくんだかの主人公の躰が縫合跡だらけの仮面ライダーコミカライズシリーズは、すがやみつるだったかな
>>
原作版の一号と二号は着替えてマスク被るだけだったんだが。ちなみにアマゾンは読んだこと無いから知らん
>>
変身後はやっぱり湯気が出るんだな
>>
漫画版のブラック普通に怖いしね
>>
原作版のイメージには合っているか
>>
監督インタビュー読んだけど、特撮なんて初めてだから色々試行錯誤した作品になったらしい
こっちに樋口真嗣氏も参加しているので、庵野秀明のシン・仮面ライダーは単独監督作品になってるのか?
>>
どちらかというと島本先生のブラックダミーに近いな
>>
一度魔王に敗れ、仲間達が勝てそうな時代に送ってくれて再挑戦して勝った結果がこれだからなぁ
かなり投げやりなラストが多い中1つ光るロボット刑事
キカイダーのあのオチは山田ゴロが考えたものらしいので人間になりたい機械がどうするかの結論はかなりキカイダーより明確にされている
>>
自分はロボットとしての誇りを持って生きると決めたK
だから破壊兵器を正しく使いこなすラストはカッコよかったね
仮面ライダーが元々は怪奇物だって話は聞いたことがあるな
>>
そもそもは骸骨モチーフのダークヒーローを求められて「スカルマン」を作ったけど、「これはちょっと…」みたいな事言われて「じゃあ骸骨に似たものを…」とバッタに修正したのが仮面ライダーの始まりだからな…
島本和彦の描いた読み切りのBlack外伝も暗いわ描写がえげつないわ偽Black孤高すぎるわでめっちゃハードなヒーローもので好きだった
>>
ガレキ握ってライダーパンチする偽仮面ライダーいいよね
自分を慕ってた舎弟が最期にかっこいいって呟いて無惨に死ぬのもおつらい
>>
炎の転校生とかのギャグの人ってイメージあったからあの読み切りは驚いた
イミテーションBlackすげぇかっこいいけど未来はないよねあれ…
>>
島本氏の描いたスカルマンはいいぞ
>>
ちょっと趣旨とは違うかも知れないが弟子達が続編として描いて完結させた幻魔大戦Rebirthのあの終わり方はハッピーエンドと言っていいのかな
>>
これまでの作品を統合してまとめて終わる形式だからな
有名な原作者の「伝道書」もパラレルで存在した宇宙の一つらしい
>>
番長惑星はなんかいい終わり方したような気がするうろ覚えだけど
>>
敵の生き残りが主人公の元いた世界に逃げ込んだから追いかけて狩り続けるぞって終わり方
これでRXを知った自分としては、テレビのBLACKもRXもめちゃんこシリアスで驚いた