俺もちょっと思った
カエルの爺ちゃんが言ってた役割分担の話があるじゃん?
マダラが動で胸柱間が静の役割なんだよ
というか何で生身なのに柱間くっついてんの?目は無くなったじゃん?
>>
ジジイマダラが自分の体に移植して輪廻に目覚めたから別に問題は無いのだ
>>
生前に柱間の肩だか食い千切った肉片を培養して作った柱間細胞を自分に移植してる
ただ生前は顔が出る程の量は用意出来ずに移植してなかった筈
戦友が自分の顔胸にくっ付けてるの見て柱間は何を思ったんだろう…
>>
なかなかイカした顔を付けとると思ったが俺のか(笑)くらい軽そう
>>
マダラ自身は仙術適正無いから柱間細胞を介して仙術チャクラを操ってるんや
だから仙人の隈取りも柱間細胞で浮かんだ顔に出て来てる
>>
簡単に扱ってる時点で適性高いだろ
アニメだと妙にその…エ○いというか…
>>
ぐっと強く掴んでおきながらそっと大事そうに離すのが最高にアレ
>>
そっと離す(膨張なし)
>>
直前に仙人モードナルトとサイを
二人まとめて壁に叩きつけた後にこれだよ!
仙術の適正って何で決まるんだろう
四代目が苦手でナルトが得意ってのもよくわからん
>>
仙術チャクラ練るのが苦手な上に長時間の維持が出来なかったんだよね
>>
ミナトは精度は自来也より上だけどチャクラ量が足らないせいで実践運用ができないだけ。
(少なくても蛙の仙人モードは)精度以前にチャクラ量がそれなりにないと無用の長物。
>>
一度流入すると割とホイホイ流れ込む自然エネルギーを抑えつつ
既存のチャクラ(肉体/精神エネルギー)に練り込む必要があるから
基礎チャクラが少ないとすぐ呑まれるし、仙術チャクラとして練る分すらも不足しがちというね
本人に見せつけんのイかれてるよ!
>>
眼が無いから仕方ないんだけど2人?揃って同じ表情してるとじわじわ来る
千手柱間さん、反応が冷静すぎる…
>>
よく見たら顔しかめてたり口開いたりしててキモイ
>>
もう慣れてる感がすごい
>>
その前に扉間に対して、大蛇丸はオレの細胞を取り込む事で縛る力をあげてるって笑いながら言ってて里創設前から他人の死体利用してどうこうってのたくさん見てるだろうからな
仙人化をその後も維持してるからマダラの適性は寧ろ高いと思うよ
低かったら石になる
>>
柱間の柱間細胞の柱間の顔に呼応してるんぞ
五影との戦いでも柱間見せつけてたし柱間好き過ぎる…
>>
綱手・オオノキ存命でよかったなほんと。後一世代下だったら駄々滑りしてた。
>>
情報は常に更新されるからね仕方ないね…
仙人の話になると大蛇丸の才能のなさが悲惨すぎるよな
>>
なんか蛇仙人はまた違うみたいなのよね。”体が耐えられなかった”から出来なかったみたいだし。
でも不完全なりに自来也・大蛇丸は使いこなしてるからアリだと思う。
>>
修行で自然エネルギーを取り込むのが蝦蟇式で白蛇仙人に噛まれて自然エネルギーを直接注入されて耐えられたら体得できるのが蛇式(耐えられなかったら石ではなく蛇になって白蛇仙人に喰われる)
ナルトとサイは蹴っ飛ばしたのに
柱間の扱いはこれよ…
>>
映像で見るとより顕著よな
ナルト、サイは蹴り飛ばし柱間はチャクラ奪ったあとソッ……って感じで手放すの。力奪ったら用済みだ~感ゼロで扱い丁寧
>>
何か慈しむような感じすらあるからな…
>>
これマダラという男を表すシーンだと思う。戦闘大好きで荒々しいのに慈愛を同時に持っててどうでもいい砂利には慈愛は向けず一部の者には深い愛を持ってるしかしその者にも同時に激しさを向けてる
>>
やはりうちはか…
マダラは適正が無いから仙術チャクラは練れないけど柱間から仙術チャクラ奪って柱間細胞に取り込んで擬似的に仙人モードになって御してるので適正は無いのに仙術チャクラを扱えてる天才なんや
サスケも自分では練れないけど呪印で掴んだ感覚の応用で取り込んだ仙術チャクラを使う事は出来る
普通はペインみたいに石になる
>>
だから適性なかったら石になるんだって
そもそも維持してる時点で外部から自然エネルギーは取り込み続けてる
>>
ナルト「初代の顔岩のおっちゃんだってばよー!!」

となるとサスケも六道仙術使えてたから仙人適正あるって事?
>>
呪印に適合してる時点であるよ
>>
ボルトのアニメでだけどサスケが自分は仙人の適正無いって言ってたから六道仙術と仙術は違うのかも?
ここで仙術コントロールできないと十尾人柱力になった時にオビトみたいに暴走するんだよね
一瞬で仙術をコントロールしてみせたマダラも狂ってるけど、精神力のみで究極の仙人モードでもある十尾人柱力化をコントロールしてみせたオビトも大概狂ってる
>>
なんか敵ながら主人公の暴走コントロールシーンみたいなことしてて正直燃えた
(死ぬ直前になってようやく開眼した輪廻眼がなぜこの若い身体で使える?)

(あ、柱間)
>>
ほんとに「あ…俺の胸に柱間いる…」
って思ってそうでこわい
>>
生前はついてないからこの反応なのよな
なんで細胞追加したら顔が出るの…?
>>
なんか可愛い
>>
この回のマダラはめちゃくちゃイケメンに描かれてると思う
あとオビトにも似てる
>>
この頃のマダラの容姿は20代なのかな
>>
若マダラかっこいいな…
まあ若くなくても顔はめちゃくちゃいいが
>>
今更だが死んだ老人の肉体を若返らせるってカブトどうやったんだろう…
凄くない?
>>
イケメン!悔しい!
クレイジーなのにかっこいい!悔しい!
>>
四十年くらい柱間を摂取してない老人に柱間を摂取してもらいましょう。あら不思議!表情に生気が戻りまるで若返ったよう()
なんで生前から仙術使わなかったんだ?
>>
時間無かった説。柱間は自然そのものを生み出し操作できるから仙人に師事しなくても固有の仙人モードとかできそうだけど族長して毎日戦いながら仙人に教わるとか不可能
そういや原作だと肌色なのにアニメではなんで白くさせられたのかが不思議だ
>>
アニメマダラは色白美形だからな…
>>
放送時間を考えて化粧させたのかもしれない
この術なんだろうな
輪廻眼はこのとき無いから「餓鬼道によるチャクラ吸収」でも「口寄せ・外道魔像」でもないはず。

流れからすると「柱間の仙術チャクラを吸収する術」ということは推測できるけど…
なんのために前腕噛んだんだ?
>>
というかこの時のマダラ輪廻眼ない状態で外道使ってなかった?
>>
柱間のオレのチャクラに呼応して動きを縛る術と卑劣様の魂を留め置く禁術も謎のまま終わったなそういや、前者はサスケが持ったままだろうしBORUTOで拾われんかな
>>
憶測だけど柱間細胞を呼び水に柱間本体から仙人チャクラ抜き取ったんじゃないかな。だから自分の柱間細胞入りの血液を口寄せの呼び水みたいに使ったとか
>>
木遁にはチャクラ吸収効果あるからそれ系統のをやったのかも
読み返したら九尾チャクラを輪廻眼ない状態で吸収してた
でも餓鬼道なら天照も吸収してたはずだし…

>>が言う通り木遁のチャクラ吸収だろうか?
>>
大蛇丸の部下でチャクラを吸う技術は出てるからそれ位は理由特に無くても素でできそう。
戦国時代出身だし継戦考えれば必要な技術。
>>
ヨロイや次郎坊だったっけ
チャクラを吸収する技術は確かに存在するっぽいけど、明らかに有用っぽいのに全然流行ってない感じなのは何故なんだろうかね
吸収できるようになっても、チャクラの容量がデカくないとパンクする危険性があったとかで流行らなかったりしたんだろうか
印を結んだのは外道の棒の縛りじゃないか?
あと天照も平気だったから生身でも餓鬼道使える疑惑はある
>>鎧脱いでなかった?
>>
この時のマダラは普通の術が効く
輪廻眼の能力がないから
外道も使ってない

白ゼツが輪廻眼(右)を届けるまで
チャクラ吸収したら傷って治るもんだっけ?
>>
それこそこの時柱間細胞ついてるし、チャクラを奪ってそれを柱間細胞を通して再生に回したんじゃないかな
>>
ナルトが渡した九尾チャクラに回復効果があるのは確か
死にかけのシカマルを助けたときのアレ
(ついでにカロリーがある)

あとは八尾のチャクラを吸収した長門は白髪が赤髪に回復してたな
>>
秋道一族は「チャクラ」⇄「カロリー・体脂肪」ができる特異体質なのでは?
>>
ビーのラリアットから鮫肌介してチャクラ吸収で回復した鬼鮫とか