宣伝は認識してたけどハガレンってもう公開してたのか…
しかも完結編って2本だったのか…
ちなみにるろ剣のthe final二部作が25億と43億です
>>
これも2作で製作費50億かけてるから赤字なんよね
興行収入の半分は映画館に行くらしいから

ハガレンは1作目が9億で今回も同じくらいかけたと考えるともちろん赤字
>>
それどこ情報?
邦画はどんなに大作でも興収10億で黒字になるような製作費に留めるって聞いたことあるんだが
>>
るろ剣 製作費
とでも調べりゃええやん
>>
はい公式
というかその10億云々こそどこ情報よ
一作目がまあまあ見られてたせいでみんな心折られたんやろハガレンの場合
>>
牛先生書き下ろしの漫画ついてたからなんだかんだ行ったんだよな
今回はイラストカードだからもう見捨てられた
漫画の実写化邦画からしか得られない栄養素は確かにある
>>
大体の人間には毒素である事が大半だがな
>>
ユーカリしか食えないコアラみたいな……
>>
毒素のない実写化もあるんだわ
サンデーと銘打つ書籍は
週刊少年サンデー(小学館)
漫画サンデー(実業之日本社)
サンデーコミックス(秋田書店)
がある(あった)という
>>
少年サンデー増刊っていう月刊誌もあったぞ
優しい
そうか、最近ハガレンの記事や広告をよく見かけると思ったのはそのためだったのね……
映画公開していることに気づかないようじゃ全く意味ねえけどな!もう公開していたことに驚きだよ!
>>
それはどっちかというとソシャゲの影響
静かなるドンを知らない子も増えてきてるのか?
>>
ウェブ発除いた三大少年誌+チャンピオンとヤンジャン以外の漫画掲載誌は一気に読者層が狭まるからなあ
単行本や特定の作品は見たり買ったりするのもいるだろうが雑誌買ってその連載陣まで覚えているのはかなり減る
>>
マンガBANGってアプリだと期間限定で読めた時期あったし、逆に今だからこそ触れる機会が作られてる子もいるんじゃないかな
>>
無料期間だからとわざわざ静ドン読む人ってどれだけいるかな
>>
名前は聞いたことあるけどサンデーなのは今知った
>>
このスレで知ったと言うなら、一応言っとくと「漫画サンデー」は「週刊少年サンデー」ではないし小学館ですらないからな
>>
昔の子供は誰でも知ってたみたいな言い方やめーや
二億いったのならすごいと思ったけど赤字なのか
子供のとき好きだったアニメ映画が二億いってすごいと思ったけどあれも赤字だったのかな
>>
アニメと実写じゃかかってる金が違うから単純比較は出来ないと思う
横山やすしってそんなに凄い人なの
>>
破滅型天才芸人の代表といわれる程度にはいろんな意味で凄い
>>
立川談志と同じタイプの人間だよね。