えっ…尊い…
強いやつの肉食べるのはそれなりにある風習だと思う
>>
後ろの反応ドン引きだし無さそう
>>
創作では良く見るけど現実にもあるの?
>>
部族とかにはある
それでクールー病流行ったりしたし
>>
ヴァイキングとかはぶっ倒した相手の一部を食らって力をもらって同じ時にヴァルハラ行こうぜ!って一派があった
>>
日本ですらあったのに…
>>
キリスト教の聖体拝領も疑似的とはいえそうだし
これで後ろもドン引きしてんじゃなくて普通に悲しんでるとかだったら笑うわ
>>
奴隷の身とはいえ国の発展に貢献した偉人だからな…
言われて気づいたけど右の娘王。を睨んでるんだね
>>
ユミルの記憶継承してこの両親マジか…ってなってる説笑う
王様とユミルが特殊性癖すぎる
皆ドン引きしてるじゃないですか
>>
引いてるのもあるだろうけどユミルの死を悼むようにも見えるからなあ
というか奴隷との娘を正式に娘扱いして亡くなる時に側に置いてるのも
まあそういうことでもあるんだろうね
>>
ただ単に巨人の戦力として考えるならそもそも子供なんて作らないし
>>
子種を褒美って言ってるし…
>>
王がツンデレである可能性
>>
いやそこは子供にも遺伝するかもと考えるよ
王スペルマが混じれば権力強化にもなるし
でも生まれた娘は普通に正式に娘にしてるからな
後ろめたい行為なら他の民を集める理由はないから葬儀の一環なのかな…
>>
ユミルの死への悲しみとこれからの不安に嘆く民に
ユミルの強さは引き継がれたとしたんだろうね
この時点で娘達しか継承先いないし食わなくてもなんとかなったんじゃない?
>>
この時点での当事者達にはその辺のルール把握できてないんだ…