月刊に移ったのってこの話からだっけ?
俺が人生で初めて買ったコロコロがこの話だったわ
ウソを摂取しないと禁断症状が出るくらいなら地獄に戻って仕事をした方がよいのでは?
>>
地獄に堕ちてまで嘘をつくような奴はほんま極稀だし……
なんか夏休み特別まんが小冊子みたいなのに載ってたよねこれ
確かじーさんの大長編(イライランドかな?)も一緒に載ってた
>>
この前、ハナコ書店って番組で曽山先生がおすすめ漫画にゴクオーくん挙げて、じーさんの大長編と一緒に掲載されたこと触れてたね
>>
あの回の曽山先生めっちゃゴクオーくんの事についてダイマしてたな……先生同士も仲良くて何よりだわ
>>
そんな事があるわけ……あるわけ……
やはりガチャは悪い文明…
爆死した時用にどうぞ
>>
まるで地獄の閻魔様が爆死したみたいなフィット感
店員が商品を抜き取ってオークションに出すのは現実でもあるよね
>>
ガチャ以外もデータカードダスとかでもあるらしいね
バテるとウソのキレもなくなるんだな
UFOのウソとかもはや悲しくなってくるレベル
>>
UFOに焼きそばて聞くとなんだか某商品食べたくなって来たな……こういうさり気なく気付けたらニヤれる箇所すき
番崎くん何気に作中初の暴力では?
短気ではあるけど良いヤツなシーンが多いからかあんまり嫌われ者感少なめな感じする
>>
ちゃんと自分のお小遣いで回してたし、今回は店員がマジのクズだからな
ちゃんとペンを持ってる、お金を崩してたと読者に提示してるのいいよね
>>
ウソつき消しゴムで嘘を摂取する描写や「こまかいのないんスけど」で笑わせてから
それが伏線になってるの上手いよね
このコマガチャガチャも知らないゴクオーくんの浮世離れ感の演出かと思ったら上の一コマでネコカラスに仕込みさせてたのか⁉気づかんよこんなの
というかネコカラスがただのマスコットじゃなく優秀で毎回いい仕事してるなぁ
>>
1話の教員机の引き出し開けるところもそうだけど、『ネコカラスだからできるアクション』があるのがいいよね
バシィッって動くシーンも迫力あるし
こういう主人のご乱心にあわててるネコカラスこまかくてすき
今回の悪漢べー、エンターテイメントに富んでるね
>>
前回のといい話によって色んな変化球してくるからそこも見所あって好きだ
>>
ゴクオーの魅力の一つだからね、これ
ついた嘘にまつわる処刑方法を相手に与えるのよね
何気に今回は物証無しだったけどゴクオー君は閻魔様だし嘘をつけなくしてるだけだからあんま無理矢理感ないな。いい設定
>>
まぁもっと追い詰めるなら、電話で友達集めたり、通行人の人に頼んで代わりに引いてもらう、とかはあるかもしれんな
もっと楽な方法とるなら、店長さんに事情を話して確かめて貰えばいいだけだし
皆でこういうのやる描写微笑ましい小学生してて好き
>>
今気づいたけどバンザキくんだけ遠慮がちだ
パワー送ってくれるよう求めるけど自分でやるのは微妙に恥ずかしい感じ解像度たかくてすき
天子ちゃんやっぱイイわぁ……今後プール回とかもあるのかな
コロコロヒロインってこんなに可愛い子いっぱいいたんだなぁ
>>
結構先(13巻)だが水泳授業の回あるぞ!その回も内容中々面白くってすきだ
>>
あれは嘘のつきかたも暴きかたも凝ってて好き
好きな回だわ
>>
今話の扉絵後ろの天子ちゃんのプロフィール欄に「好きな給食 あげパン」てあるの微笑ましくて可愛い
天子ちゃん夏は短パンなのかわいい
ここの2人すき(頭乗ってるネコカラスも可愛い)
天子ちゃん推しになります
ガチャに当たり仕込まないってボン・ビー太でもやってたけど(あっちは福引)、よりによってお小遣いあんまり無い小学生を狙って騙すっていうのが最高にタチ悪くて最悪すぎる
上でも言われてるけどガチモンの犯罪だしぶっちゃけ警察沙汰では?
子ども達のウソは更生させる意味でも許せる範囲内で留まってるけど大人はとことん悪人だなぁ
>>
舌抜かれて本音しゃべるフェイズでさえ反省の色の無さが現れてたな…
大人の犯人だと悪意による嘘の年月が熟成されてて大抵救いようが無いな(勿論今後の回の大人犯人にも例外の人達は居るけども)
キてる……
天子ちゃんもだけど何気に番崎くんの事も気に入ってるよねゴクオーくん
天子ちゃん、ウソつくたびにゴクオーくんに気に入られててヤバい…
意図せず好感度爆上げしていくムーヴ中々出来ないよ
>>
むしろ意図せず自然体のままだからこそ気に入られるというもんよ
嘘文字背景の演出めっちゃシビれるな
そしてそれを背負って嘘ついて不敵に笑うゴクオーくんも含めてカッコイイコマだ
>>
こういうのを見ると、やっぱり漫画描くの上手いなって実感する
>>
この背景の「嘘」よく見たら全部手書きなんだよね

アシスタント書くの大変だったろうなーとか思うと同時に、人の付く嘘は同じ文字でも千差万別という事を示すための作者の拘りを感じる
ところであれ張り紙しなくても、コンビニは両替所じゃねーんだ交換する筋合いはねぇ!!!
って言われたらどうするつもりだったんだろう
>>
どの道足掻き方が情けなさ過ぎるしひとりが両替可能な近くの店行って他が戻ってくるまで見張ってれば済む話よ
あの店員に「ガチャは1人3回まで」て貼り紙で足掻かれたのを逆手にとって
既に1回引いたゴクオーは「じゃああと2回ガチャガチャやらせてもらおうか…」て地獄で恐怖のお仕置ショーとして意表返しした所好きだな
こういうとこコワイがだからこそ格を感じる
(店員があの貼り紙貼って嘘決め込んだ時点で地獄行き決定下してる顔だわこれ)
これまで番崎って言動が粗暴だったら本心を隠したりする事はあっても嘘はついてないかな?ある意味一貫したキャラで好き
>>
記憶の限りだと番崎くんは舌抜かれたことなかった気がするんだよね
後半のゴクオーくん読んでないから間違ってるかもだけど
>>
後半のゴクオーくんもこの機会にぜひ買って読んで確かめてみてくれな!
レアカードのサーチとかも昔横行してたんだっけ…(レアカはホイル加工されてるからパックが少し反る)
レア抜きとか自分の近所じゃそんな店無かったけど東京では割とよくあるのかな
>>
レアカードは加工分若干重いから秤を持ち込んで調べる猛者がいたとか言われてるな
>>
実際あったよ昔コンビニバイトしてたとき重さ調べていいですか?って人
その時は何も知らなくてはいっていっちゃったけど店長にあれダメだよ気をつけてねって言われた
あの…わかってもらえるか少し不安なんだけど
「好きな給食:あげパン」で
平均的小学生…っ!普通の女の子…っ!ってなった
こんな普通の子がこんな清らかな心…っ!って尊さに若干涙ぐんで我ながらキモい
>>
わかるってばよ…
あと好きなお菓子は駄菓子屋にあるさくらんぼ餅らしい(先生のTwitter質問返し曰く)のでそれもイイ……
飾らない素ぼくな愛らしさがあるから孫見てる感覚になる
>>
健やかであれ…人生に幸あれ…ってなるよね…
>>
駄菓子のさくらんぼ餅って絶妙だな…
天子ちゃん可愛いな!と思うと同時に作者がそういうキャラをつくれる感性を持ってるのがすごい
天子ちゃんの嘘は相変わらずおもしれーな
>>
地獄王のレス
よくよく見ると絵は荒いけど漫画としてうまいな
コロコロ版ネウロって感じで面白い
>>
ミステリ要素の入った人外と人間モノとしてネウロはよく言われるけどゴクオーくんはまた違うタイプの面白さだな
犯人の感じもこっちはもっと我々に身近というか現実に結構居そうな奴が多い(子供も大人も含め)
ゴクオー天子の関係もネウロ弥子と違った距離感の良さがある
今までもこれからもだけど、こういう大なり小なりささやかな感謝の言葉がある描写が結構あるのがゴクオーくんは良い
この漫画は特にそういうありがとう(もしくはごめん)のやり取りが画面端レベルでも細やかで見てて好きだな
おもしれー嘘をつくたびにそのままで居てくれ…健やかであれ…って気持ちに天子ちゃんはさせてくれる
もう何か好きになるしかないキャラだわ
>>
天子くん良いよね……ずっとそのままの心でいて欲しい
>>
気ぶりやがって…
としか言えないのがもどかしいぜ…
>>
大天使のレス
そういえばコロコロオンラインって単行本や別コロ等の番外編は公開してくれるんだろうか?確か別冊最終回の後にギャグ番外編が掲載されてたはずだが
>>
そういう番外編や書き下ろしの特別編だったりは単行本買って確かめて見てねって事なんじゃないか?
こういう期間限定公開みたいなのは他のオンラインと同様撒き餌の役割だしね(電子購入でも紙購入でもいいぞ)
オンライン書籍でも分かるくらい漫画の魅せ方が上手い
ガチャで外れ引いてからの細々したコマと台詞からのページ捲って大ゴマで一言

物理書籍で捲ってたら、もっと衝撃だったろうなと思わずにはいられない