さすが尾田っち


僕が子どものころに読んでいた週刊少年連載漫画というのは、たいていストーリーのつじつまが合っていなかった。
僕が大好きだったのは『キン肉マン』ですね。当時の漫画って、先週「新キャラ登場!」といってたくさん登場したキャラクターが、
次週には平然といなくなっていたりするんですよ。漫画家さんたちも、面白さを優先したいからつじつまに関係なく描くし、
子どもはそれを全然気にせず受け入れるんですね。それが昔の連載漫画だったんです。
だから、僕は漫画家になったとき、きちんとつじつまを合わせた物語を作ってみたいと思ったんです。
過去と未来をつなげて作ることを個性にしたのが、僕が描いている『ONE PIECE』という漫画です。

現代ではみんな口うるさくなったというか、矛盾をより細かく指摘する人が偉い、みたいな風潮になってしまった。
かつて『少年ジャンプ』は少年だけのものだったけど、いまは大人も読むようになったからかな。
作り手も、大人を納得させるためには、つじつまを整理しなきゃならなくなるんじゃないですか。僕もその一因という気もするんですが。
でも、物語を作るのに、話がつながっていなきゃいけないとか、伏線をちゃんと張らなきゃいけないとか、そんなルールはそもそもないはずなんです。

エースに覇気がつかえない矛盾だけは解決しとけよおだ

>>
使えるに決まってるだろ
>>
一回も作品でつかわなかった
能力のみ
>>
使ってるに決まってるだろ
使ってる描写がないからとか言い出したら頂上戦争のレベルで海軍も白ひげ海賊団も誰も使ってない事になるだろ
あれは実際には使ってるけどルフィが認識できてないから読者には見えてなかったと考えるべきだろ
キン肉マンはギャグ漫画じゃん
ストーリー重視の漫画描くなら辻褄合わせしてドウゾ