白石とアシリパと谷垣とフチだけが味方や
>>
はや
君ゴールデンカムイプロやね……?
土方は最後に最初からアシリパの味方やったやんか
杉元はちょっと利用するか仲間にするか迷ってたけど
>>
土方敵っぽく描かれてたのに終盤ずっと味方やったな
損得無しで仲間なのってアシリパと谷垣くらいじゃね

出典:ゴールデンカムイ 野田サトル 集英社

土方と鶴見って戦う必要性あまりないよな
お互い協力できたやろ
>>
無理やろ
土方のやり方じゃ満州を日本の一部に保つことができない
北海道に別の多民族国家作って日本の防波堤にするって事は中国から手を引くってことや
>>
蝦夷をアイヌ達と支配するか、大和民族主導で支配するかだから分かり合えないぞ
鶴見→北海道に軍部主体の独立政権作りたい
鯉登→鶴見中尉LOVE勢だったけど利用されてること知って兵の為に戦う
月島→鶴見中尉信者
宇佐美→鶴見中尉信者
二階堂→造反組だけど杉元への恨みで鶴見に従う
谷垣→第7師団だったけど争いに興味持てなくなってマタギに戻りたい&フチの為にアシリパを守って連れ戻したい
尾形→中央からのスパイ
>>
鶴見ってウイルクに復讐したいだけちゃうん?
>>
それも含めてアシリパとソフィアに話した内容が真実やと思うで
基本鶴見は嘘つきではないと考えて読み直すと印象変わるやろうな
鶴見中尉の狂信者はホクロとか二階堂とか思われがちだけどガチなのは月島で一番怖い

出典:ゴールデンカムイ 野田サトル 集英社

>>
二階堂は信者ってより杉元狂いなだけやろ
離反計画に加わってたんだし
鯉登パパは死ぬ意味あった?
他の兵士普通に逃げ出しとるし
>>
艦長は最後まで逃げちゃいかんらしい
>>
鶴見の私戦に手を貸した以上艦と共に名誉の戦死以外道はないやろしなぁ
これ死んだやろって描写入ってもなんだかんだで生きてた奴多いのに
菊田さんとかソフィアとか普通にさくっと死ぬの悲しい
>>
最初期から居た兄弟しぶと過ぎや
あいつなんなんやマジで
海賊房太郎とかいう出るのが遅すぎた男
>>
もっと出るの早ければ五稜郭までは生きてただろうになあ
家永とか某太郎味方陣営でかいい人っぽく死んでるけどよく考えたらガチでやべー犯罪者だよな
どっちも好きになっちゃうんだけどさ

出典:ゴールデンカムイ 野田サトル 集英社

>>
囚人で善人寄りなの白石と二瓶と平太くらいやしな
>>
平太は大元の人格は善人よりだろうけどやったことは囚人のなかでも凶悪だしなんとも言えなくなるね
>>
脱獄犯の奴らはなんかいい人風でなあなあで終わらせるかと思ったらちゃんと死んでいったな
家永なんかいいキャラしてるけど特に邪悪な方やから生き残るわけないわな
門倉の入れ墨ってほんまに意味なかったんやっけ?
門倉の風が吹いてあれがなくなったから土方が理解した?

あそこだけ少しわからんかった
>>
馬だからある意味一番大事
>>
門倉の写しが風で並べた地図の上に飛んできたから土方が閃いた
それで金塊にたどり着いたんやろ
パーティーシャッフルあるおかげで敵も魅力的に描ける漫画になったんやろ
>>
鯉登がここまでいいキャラになったのもあの期間あってこそだよな
>>
徐々に鶴見に疑念抱いてくの良かったわ
酒臭いで我にかえるとこ好き
>>
中央サイドの勢力結局スパイだけしか出なかったな
尾形ほんまに敵か?

出典:ゴールデンカムイ 野田サトル 集英社

>>
ここは本当に尾形が楽しかった場所だからな
狙撃の腕を素直に褒めてもらえるとか最高やったろ
もっと早くチタタプしてればなぁ
まぁ母親殺した時点で自殺は避けられんか
第7師団組も二階堂の義足義手あたりの下りが面白すぎてこいつら味方じゃねって錯覚してた
>>
義手に入れたお箸が活躍するの草
>>
ちゃんと食べたらモルヒネやるぞのくだりもいいし「ダメっ二階堂ダメっ」ビシッとやってる鶴見面白い
誰が味方とかやないんや
結局みんな暗号解いて金塊手に入れたいという目的は一緒なんだから利害関係から利用しあってるだけ
だから立場や利害によっては簡単に裏切ったり敵とも仲良くやれる
杉元とアシリパの関係だけは別だけど
>>
あの白石ですら損得のが先にたつわけだしな
>>
海賊が突然スコップで殴ってきたり
ほんまに油断できない作風なの好きだわ